1次元バーコードおよび 2次元バーコードを利用する 7つのヒント

バーコードを効率的に処理して保存することを計画している(またはすでに行っている)場合は、バーコード認識を可能な限り簡単に、高速に、正確に行う方法について考えてみましょう。 1D または 2D のバーコードを使用しているかどうかにかかわらず、バーコードを使用してドキュメントを自動インデックス化したり、伝票フォームを処理したり、在庫を追跡したりする場合は、バーコードのスキャンとデコードを最適化する方法がたくさんあります。

バーコードを最大限に活用するには、次の7つの方法があります。

1.要素あたりのピクセル数

最も読みやすい 1D バーコードを作成するには、最小バー幅として少なくとも 3 ピクセルのバーコードを作成します。2D バーコードの場合は、モジュールが 4 または 5 ピクセルになるようにします。

2.可変長データ

無制限の長さのデータでバーコードを自動的に生成させないようにします。 ますます多くの要素が固定領域に押し込まれると、正確な認識に必要なバーコード全体のサイズを保証することができなくなります。 可変長データが必要な場合は、必ず各フィールドの最大サイズに制限を設定してください。

3.傾いた入力を避ける

ほとんどの場合、傾き角度を大きくすると、バーコードの認識精度が低下します。 可能な限り、傾きを減らすための手順を実行してください。 これは、入力デバイスの定期的なメンテナンス、より良いシートフィードスキャナの使用、フォーム上の別の領域としてのバーコードを傾き補正する、またはオペレーターが手動でバーコードステッカーを整列させるのを助けるためにフォーム上にボックスを置きます。 しかし、傾いた画像が残っている場合は、電子的な傾き補正が精度を低下させ、改善しないことがあることに注意してください。

4.クリーンアップの指定

ドキュメントイメージに通常発生するダメージの種類に最適なクリーンアップ機能を判断するためのテストを行います。 これは、SmoothZoom、拡張、バーコード領域の傾き補正、またはそれぞれを試して解析の信頼性を比較するアルゴリズムなどです。

5.パフォーマンスを最適化する

たくさんのバーコードを処理している場合は、パフォーマンスを大幅に向上させるオプションがたくさんあります。 水平または垂直のいずれかにスキャンを制限する (一方向だけを期待している場合)、ドキュメントあたりの期待バーコード数を制限する、Barcode Xpressのマルチスレッド機能を利用する、バーコードが検出されたページまたはページ上の領域のみを検索することを試してください。

6.あなたのイメージを知る

バーコードが含まれている画像を予想できれば、認識をさらに最適化をすることができます。 バーコードの数、種類、解像度、回転、および配置を知っている場合は、上記のツールのいくつかを使用して認識をスピードアップすることができます。 これはまた、バリエーションを減らすためにビジネスプロセスを固定することを示唆するかもしれません。 イメージに関する手がかりを使用すると、クリーンアップを最適化し、認識の速度と精度を向上させることができます。

7.テスト、テスト、テスト

あなたのシステム上でドキュメント画像が受けると予想されるビジネスプロセスをシミュレートしてみてください。 書類を 2回 FAXする、いくつかのサンプルは 3〜4 回 FAXする、それから検証します。 それらが印刷、コピー、およびスキャンされる場合は、システム内の許容可能な最悪のハードウェアで、すべての手順を繰り返してください。

AccusoftのBarcode Xpressは、30種類以上の 1次元と 2次元バーコードタイプを識別することができ、最適化のためマルチスレッドが可能です。

Barcode Xpress 製品の詳細は、こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする