在庫管理や出荷管理以外のバーコード利用

バーコードやバーコードスキャンについて話すと、ほとんどの人は配送パッケージのスキャンや食料品店のレジでの精算を考えています。 おそらくバーコードの最も一般的な用途であるため、間違いではありません。私たちは日常生活の中でそれらを見かけます。 ほとんどの人が気づいていないのは、私たちの周りには他にも多くの用途があるということです。

医療業界

あなたが入院したとき、あるいは病院にいる​​人を訪ねたときは、バーコードに囲まれています。 医療業界では、さまざまなアプリケーションでバーコードを使用しています。患者には、患者の病歴と情報に直接リンクするバーコードが付いたリストバンドが発行されます。 バーコードの使用は、医療スタッフが重要な患者情報を正確に識別して格納することを可能にします。 医師および医療スタッフは、患者に投薬を施すときにそれらのリストバンドをスキャンします。 リストバンドがスキャンされると、バーコードが薬物治療に添付されます。 これにより、患者が間違った投薬や投薬を受けてしまうことを防ぎます。 それはアレルギーと既存の状態をスタッフに警告することができます。 これにより、人的ミスや重大な結果の可能性が減ります。 患者レコードに添付された同じバーコードは、迅速で正確な請求情報を可能にします。 医療施設はまた、バーコードを使用して、医療機器および記録を追跡、監視および維持します。

文書管理システム

文書管理システムでは、バーコードを使用して文書を体系的にスキャンして保存します。 特定のファイルにバーコードを割り当てることによって、ユーザは、要求された文書を迅速かつ容易に探し出し、情報を検索することができます。 バーコードを使用して、特定のドキュメントに異なるカテゴリとタグを割り当て、多数のカテゴリごとにセグメンテーションとグループ化を行うことができます。 例えば、建築会社は、クライアント、構造のタイプ、場所などのカテゴリを割り当てることができます。 特定のファイルのバーコードに 3 つすべてのカテゴリの情報が含まれている場合、ユーザーは特定の種類の構造のすべてのファイルを要求でき、管理システムはクライアントまたは場所に関係なくその基準を満たすすべての文書を取得します。 バーコードを利用した文書管理システムは、多様な情報を管理、維持、検索するための迅速かつ効率的な方法です。

健康関連モバイル アプリケーション

バーコードの一般的な利用が食料品店のレジ精算であることを話して、このブログを開始しました。 それは正しいですが、食品のバーコードの別の用途には、大きな健康上の利点があります。 アプリケーション開発者は、食品ラベル上の UPC コードをスキャンするモバイル アプリケーションを作成しています。 このアプリは、スキャンされたアイテムの栄養価に関する最新情報を糖尿病患者に提供します。 これは、糖尿病の管理とコントロールに必要な情報を個人に提供します。 ダイエット業界は、バーコード スキャニング技術を使用して、健康で低カロリーの食品を選ぶ際のダイエットを支援しています。 糖尿病患者向けのアプリケーションと同様に、ユーザーは UPC コードをスキャンし、カロリー、脂肪含有量、および炭水化物を即座に通知されます。 この瞬時に情報にアクセスすることは、業界にとって大きな価値があります。

これらは、バーコードが情報を迅速かつ効率的に取得するのに役立つアプリケーションのほんの一部です。 他のアプリケーションには、イベント、旅行、エンターテイメント、広告などがあり、利用方法を無数にあります。 アプリケーションを開発するときは、バーコード技術を追加することで次のレベルに進むことができるかどうか自問してください。 バーコードが必要だと判断したら、Accusoft の Barcode Xpress と Barcode Xpress Mobile をチェックしてください。 25 年以上の経験を持つ Accusoft は、優れたバーコード読み取り、書き込み、および 30 種類以上のバーコードの検出を提供しています。 SDK は、Java、Node.js、.NET などの複数の環境で使用できます。 詳細は、以下のサイトをご参照ください。

バーコード・QR コード の認識・検出/生成 開発ツールキット (.NET、ActiveX、C/C++、Java)

モバイル用バーコード認識ツールキット (Android / iOS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする