オーディエンス別プロトタイプ生成機能 Axure RP

Axure が提供する無償ホスティングサービス Axure Share は、Axure RP で作成したプロトタイプを HTML アウトプットで共有するのにとても便利です。Axure RP 上の [Share][Publish] ボタンをクリックするだけで、プロトタイプを共有できるリンクを作成することができます。

例えば、、、

  • Axure Share に同じ RP ファイルを公開し、Axure Share プロジェクト ID を複数に割り当てることができます。これにより、異なるバージョンのプロトタイプを異なるオーディエンス (デザイン チーム、開発者、ステークホルダー) に向けて作成することができます。チームプロジェクトの作業をしている場合は、確認する度に Axure Share 上の HTML アウトプットは更新されます。ステークホルダーが作業途中の完成していないページなどを見れないようにするために、スケートホルダー用のプロトタイプを作成し、異なる Axure Share ID を割り当てることができます。
  • プロトタイプを新しい Axure Share ID に公開することができます。

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

複数の Axure Share ID 作成

複数の Axure Share ID を一つのプロトタイプに対して作成する作業は、Axure RP の [Create a new project] オプションを使用して RP ファイルを新たに公開するのと同じくらい簡単です。

  1. Axure RP 上でプロトタイプを開き、トップツールバーの [Share] アイコンをクリックします。
  2. [Publish to Axure Share] ダイアログの上部で、Axure Share が使用してほしい HTML 生成設定を選択します。これらの設定は、どのページを公開するかなどのオプションを含みます。
  3. [Name] フィールド内で、対象のオーディエンスが判別できるようなプロジェクト名を入力します。例えば、[Mobile App Redesign (Stakeholder Copy)] など。
  4. 必要な場合はパスワードを追加し、どの Axure Share ワークスペースを公開するかを選択します。
    メモ: 異なるプロジェクトまたはクライアントごとに異なるワークスペースを設定することをおすすめします。開発元ウェブサイトより Axure Share ワークスペースについて詳しくご覧いただけます。
    [Axure Share Basics reference guide (英語) を見る] 
  5. [Publish] をクリックし、プロジェクトを公開します。アップロードが完了すると、Project ID に対するノートを作成し、どのオーディエンスが関連するのかを明確にします。

特定のオーディエンスのプロトタイプバージョンを更新する準備ができれば、関連するプロジェクト ID を公開します。[Update and existing project] 以下に手動で ID を入力するか、プロジェクトを右にある省略されたメニューで名前から検索することができます。

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

HMTL アウトプットのカスタマイズ

公開したプロトタイプの各バージョンをカスタマイズするには、Axure RP の HTML Generator 設定を使用します。これらの設定を毎回使用する場合は、RP ファイルにそれぞれのオーディエンスに合わせた generator 設定を保存することをおすすめします。

Generator 設定方法:

  1. Axure RP で、[Publish][More Generators and Configurations] をクリックします。
  2. ダイアログの左上にある [Add] ドロップダウンをクリックし、[HTML] を選択します。
  3. 下にあるテーブル内の新しい generator に名前を付けます。
    メモ: ターゲットオーディエンスの後またはプロトタイプのオーディエンスバージョンの Axure Share ID のあとに generator に名前を付けるようにしましょう。例えば、[Stakeholder Copy ABC123][Publish to Axure Share] ダイアログ内で、正しい generator を見つけるのをより簡単にします。 (前のセクションのステップ 2 を参照してください。)
  4. 設定を構成するために generator の名前をダブルクリックします。

そうすると、[HTML generator] ダイアログが開かれた状態となり、カスタマイズを開始することができます。

Page

HTML generaetor 設定タブ内の page 上で、どのプロトタイプページを公開するかを決めます。例えば、顧客や外部のステークホルダーに対しては、完成したページのみを公開するように設定します。

Page and Widget Notes

このタブでは、Axure RP 内のどのノートを公開するか、プロトタイプのサイドバーに含めるかを決めます。例えば、開発者だけが必要な情報を持つノートがある場合は、顧客用のプロトタイプからチェックを外します。

The Console

プロトタイプサイドバーのコンソールタブは、インタラクティブなプロトタイプを作成している Axure RP ユーザーに対して使い易いです。他のオーディエンスに公開する際は、それらを外している方がいいかもしれません。この作業は、interaction タブ上で行うことができます。

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

Axure Share のプロジェクトの設定

一度、プロジェクトを公開すると、Axure Share のプロジェクトの設定を活かして、プロトタイプのそれぞれのバージョンをさらにカスタマイズすることができます。

Discussions

Axure Share Discussion は、プロトタイプのそれぞれのページにコメントを追加することができます(スクリーン上に直接コメントを追加することもできます)。それぞれのオーディエンスに対して、異なるプロジェクトを用意することにより、それぞれのオーディエンスにとって適切な discussion のみを提供することができます。

Plugins

Axure Share plugins は、プロトタイプのそれぞれのバージョンに対して異なる HTML、CSS、および JavaScript を作成できます。例えば、ユーザーテストで使用しているプロジェクトバージョン上にヒートマップ プラグインを含むことができます。

30 日間無償体験版を提供しております。是非、お試しください。

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

Axure 製品の詳細は、弊社ウェブサイトよりご覧ください。

[Axure 製品ウェブページを見る]

参照記事:「Publishing Prototypes for Multiple Audiences

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする