Kudan AR SDK のサンプルアプリを Visual Studio App Center でビルドしました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Kudan AR SDK チュートリアル記事まとめ | エクセルソフト ブログ で Kudan AR SDK のチュートリアル的なエントリーを公開しています。

今までは Mac でビルドしてスマホにインストールしていましたが、社内でしかインストールできないのと、興味ある方に手軽に試してもらいたい。ということで、Visual Studio App Center での自動ビルド、パブリックでの配信を行えるようにしました。

Kudan AR Sample Android アプリのダウンロード

現時点では Android のみですが、上記からダウンロード可能です。

こんな感じの画面が表示されるので、「Download」して、「提供元不明のアプリ」を許可したり色々許可は必要ですが、インストールして使っていただくことが可能です。

マーカーは こちら で共有しているファイルの lego.jpg です。印刷しておいてください。

Visual Studio App Center について

Visual Studio App Center | Microsoft Azure

Microsoft が提供しているクラウドのビルド環境です。

基本的には無料で使えます。(価格ページ

ビルドできるアプリは以下です。

  • Android(Kotlin/Java、Xamarin、React Native、Cordova(Preview))
  • iOS(Swift/Objective-C、Xamarin、React Native、Cordova(Preview))
  • Winsows(UWP)
  • macOS(Swift/Objective-C(Preview))

(いつの間にか macOS もできたし、Cordova も増えてる…!!!)

リポジトリは

  • Azure DevOps(旧 VSTS(Visual Studio Team Services))
  • GitHub
  • BitBucket

を使用でき、指定したブランチに更新があると、それをフックして自動ビルドしたりできます。

結構便利なので、これでビルドして公開しました。

アプリ作成、ビルドの流れ

スクリーンショットを撮るのを忘れたので、詳細はすみませんが検索してください。

今回行ったのは、

  1. アプリ作成
  2. GitHub に接続し、Develop と Master リポジトリを参照
  3. GitHub のリポジトリにアップしていない Kudan AR SDK 本体や大きめの動画ファイルなどを Build Script を使用してダウンロード
  4. ビルド
  5. Develop がビルドできたら、Master を Release ビルドして、Public の Distribution Group に公開

というシンプルなものです。ユニットテストを書けばテストを回したりもできます。

Build Script と Environment variables を組み合わせると、AR SDK のアップロード先もバレずにすみますねw

こんな感じ にしています。

私が主宰している JXUG(Japan Xamarin User Group) で App Center 祭りをやったり、Xamarin ではありますがハンズオンも公開されていますので、興味あれば触ってみてください。

少し余談となりましたが、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする