マイクロ コンテンツ オーサリング機能を 追加したオーサリング ツールの最新バージョン MadCap Flare 2019 リリース

エクセルソフト株式会社(東京都港区)は、米国 MadCap Software 社のヘルプ オー
サリングツール「MadCap Flare 2019」を 2019 年 4 月 3 日に日本国内で販売を開始し
ました。MadCap Flare は、マルチ チャンネル パブリッシング用 XML ベースのシング
ルソース コンテンツの作成を可能にする、テクニカルライターおよびコンテンツ開発者
のための最先端のテクニカル オーサリング・パブリッシング ツールです。
MadCap Flare の最新リリースでは、業界に先駆けてチャットボットと AI のためのマ
イクロ コンテンツ オーサリング、検索のためのスニペット、Zendesk パブリッシン
グ、CSS 変数などの機能を搭載しました。
その他の主な新機能として、ユーザーインターフェースが新しくなり、新しいモダンな
UI テーマが追加されました。スタートページ、プロジェクト ライブラリ、テンプレ―
トが更新され、さらに使いやすくなりました。

製品概要

MadCap Flare
MadCap Flare は、さまざまな目的、言語、形式に対応したオーサリングとパブリッ
シュを可能にします。Flare の直感的なユーザー インターフェイスにより、シングル
ソース ドキュメントから多言語のコンテンツ作成と管理、既存のオーサリング プロ
ジェクトのインポートができ、Web 用、デスクトップ用、モバイル用、印刷文書など
幅広いパブリッシュ形式を簡単に出力できます。

MadCap Flare 2019 の主な新機能

マイクロ コンテンツ オーサリング

組み込みのマイクロ コンテンツ オーサリングによるトピックベースのオーサリ
ングを超えた機能を提供します。 新しいコンテンツや AI 対応のマイクロ コン
テンツをマイクロ コンテンツ エディターで直接作成したり、トピックやスニ
ペットなどの既存のコンテンツをマイクロ コンテンツとして使用するために再利
用することができます。

Flare コンテンツを Zendesk に直接パブリッシュ

MadCap Connect for Zendesk を使用すると、数回クリックするだけで Flare コ
ンテンツを Zendesk ヘルプセンター ダッシュボードに直接公開できます。

CSS 変数

CSS 変数 (CSS カスタム プロパティとも呼ばれます) を使用すると、スタイル
の値を 1 か所にまとめて、それをスタイルシート全体で再利用できます。 CSS
変数を使用すると、速度、使いやすさ、および一貫性を保つのに役立ちます。

更新されたスタートページ、プロジェクト ライブラリ、テンプレート

再設計されたスタートページにより、お気に入りまたは最も一般的にアクセスさ
れるプロジェクトをリストの先頭に固定する機能など、プロジェクトに簡単にア
クセスできます。また、Flare のプロジェクト テンプレートのライブラリは合理
化され、ほとんどのデザインが更新されました。

製品の詳細については、弊社 Web ページをご参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする