写真から 3D モデリング ~ PhotoModeler の使いかた (8) SmartMatch および高密度サーフェス モデリング (DSM)

PhotoModeler Premium は、写真データをもとに高確度の高密度サーフェス モデル (DSM) を構築し、測定できるフォトグラメトリ ツールです。その他にも、撮影データを使うことにより、本来ならば 3D レーザー スキャナーを必要とするモデルの作成や、体積測定、オルソ画像、コンターの測定などのドローン/UAV プロジェクト、Motion 機能を使った時間の経過に伴うデータの測定といった作業を容易にします。

今回日本語字幕付きで公開するチュートリアル動画では、PhotoModeler Premium に含まれる機能のうち、SmartMatch、および高密度サーフェス モデリング (DSM) 機能の使いかたを紹介しています。SmartMatch テクノロジは、自動フィーチャー検出とマッチング機能で低密度の点群を生成し、写真の向きを調整します。さらに、DSM 機能により、レーザー、投影ライト、またはターゲットを使用することなく、写真のテクスチャを適用した高密度の点群や細密な三角形サーフェスを生成できます。詳細は「SmartMatch および高密度サーフェス モデリング DSM)」をご覧ください。


PhotoModeler の製品概要、価格、およびライセンス体系などについては、こちらを参照してください。

30 日間の評価版ライセンスをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。


©Copyright 2019 PhotoModeler Technologies
SmartMatch and Dense Surface Modeling