エアクオリティ データをより理解するための 6 つのポイント

エアクオリティ データはますます普及し、最近では「東京の大気質情報」などの検索ワードで検索されています。さまざまなエアクオリティ データの測定値を理解することは、初めは難しいかもしれませんが、BreezoMeter は、エアクオリティのエキスパートとして、皆さんにエアクオリティ データをわかりやすく提供し、理解していただくことを目指しています。

以下は、BreezoMeter が他と異なるポイントです。

  1. BreezoMeter のウェブサイトスマホ アプリでは、街頭レベルまで、ロケーションベースのリアルタイムエアクオリティ データを検索できます。これは、高解像度のグリッドに大気汚染をマッピングする BreezoMeter のアルゴリズムによって実現しています。
  2. リアルタイムのエアクオリティ データはどのように取得できるのですか?

    大気汚染監視局からのデータが更新されるには時間がかかりますが、機械学習とビッグデータ分析、空気拡散モデリングなどを使用して、BreezoMeter は現在の様子を正確に予測しています。

  3. 大気汚染監視局のデータだけでは、ロケーションベースのリアルタイムエアクオリティ データを提供することはできません。BreezoMeter は、監視局のデータを地域の気象情報、交通状況、衛星データ、CAMS (Copernicus Atmosphere Monitoring Service) などの大気拡散モデルなどと統合して、私たちが吸う空気中の情報を提供しています。
  4. すべての観測所で、すべての主要な大気汚染物質を測定していないので、例えば、1つの汚染物質のみ測定している監視局に基づいたエアクオリティ データは、一部分の大気質情報となってしまいます。BreezoMeter では、独自のアルゴリズムを適用し、上記で記載した他のレイヤーと監視局データを統合することにより、BreezoMeter の大気質指数には、すべての主要な大気汚染物質が含まれています。そのため、BreezoMeter のウェブサイト上で、オゾンのみ測定している監視局の隣の場所を検索した場合でも、近くの観測所からのデータと結合するため、完全なデータが表示される仕組みになっています。
  5. どの大気質指数 (AQI (Air Quality Index)) を使用していますか?

    各地域により異なる AQI が使用されており、地域によって、それぞれ異なる主要汚染物質、カテゴリー、しきい値を使用して、独自の大気質指数を定義しています。一方、BreezoMeter の BAQI (BreezoMeter Air Quality Index) は、世界的に統一した大気質指数で、0 (悪い) から100 (とても良い) までの範囲を使って、エアクオリティの状況を分かりやすく案内しています。

  6. BreezoMeter では、どのような汚染物質の情報を提供していますか?

    BAQI では、オゾン (O3)、一酸化炭素 (CO)、二酸化窒素 (NO2)、粒子状物質(PM10)、微粒子状物質 (PM2.5)、および二酸化硫黄 (SO2) を分析し、指数として提供しています。各地域の AQI は、その他の汚染物質が含まれていることもあり、多くの国では上記6つすべての物質が含まれていない場合もあります。

大気汚染の状況は常に変化しています。たった一日の間でも、時間や場所によって大きく変化します。北京やニューデリーなどの、大気汚染率が高い都市でさえ、毎日一日中大気汚染がひどいわけではありません。

さまざまな排出源 (車や工場など) からのさまざまな汚染物質は、エアクオリティにさまざまな影響を及ぼし、気温、相対湿度、風速と風向、大気の逆転、降水量、太陽光線などの気象要素にまで影響を与えます。

こちらから、あなたが今いる場所のエアクオリティ状況を確認することができます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 4 月 29 日

6 Steps to Understanding Air Quality Data