/n software: Xamarin エディション ツールキットの使用方法

はじめに

ここでは、Xamarin Studio で /n software の Xamarin エディション ツールキットを使用する方法について説明します。このツールキットは、Xamarin コンポーネント パッケージ (.xam) としてXamarin Component Store からインストールできます。

Android

Xamarin Studio でコンポーネントを使用するには、Xamarin Component Store からツールキットをインストールするか、Xamarin コンポーネント パッケージ (.xam) を手動でインストールします。手動でインストールするには、まず Xamarin の提供する xamarin-component tool をダウンロードし、次のコマンドを実行します。

xamarin-component.exe install nsoftware.IPWorks-9.0.xam

コンポーネントをプロジェクトに追加する

Xamarinコンポーネント パッケージをインストールすると、Xamarin Studio からツールキットにアクセスできます。プロジェクト内でコンポーネントを選択するには、[Components] を右クリックし、[Edit Components] を選択します。

[Add to Project] をクリックしてコンポーネントをパッケージに追加します。

新しく追加したコンポーネントが [Components] リストに表示され、コード内で使用できるようになります。

コンポーネントの使い方の詳細は、サンプル プロジェクトを参照してください。以下は、よく使われる非常にシンプルなコード スニペットの一例です。

using System;
using Android.App;
using Android.Content;
using Android.Runtime;
using Android.Views;
using Android.Widget;
using Android.OS;
using nsoftware.IPWorks;
 
namespace nsoftware.HttpurlDemo
{
    [Activity (Label = "HttpurlDemo", MainLauncher = true)]
    public class MainActivity : Activity
    {
 
        protected override void OnCreate (Bundle bundle)
        {
           base.OnCreate (bundle);
 
           // Set our view from the "main" layout resource
           SetContentView (Resource.Layout.Main);
 
           // Get our button from the layout resource,
           // and attach an event to it
           Button goButton = FindViewById<Button> (Resource.Id.GoButton);
           EditText txtResponse = FindViewById<EditText> (Resource.Id.txtResponse);
           EditText txtURL = FindViewById<EditText> (Resource.Id.urlField);
 
           goButton.Click += (object sender, EventArgs e) => {
               try{
                  Http http = new Http(this);
                  http.Get(txtURL.Text);
                  txtResponse.Text = http.TransferredData;
                }
                catch(Exception ex)
                {
                    txtResponse.Text = "ERROR: " + ex.Message;
                }
            };   
        }   
    }   
}   

iOS

Xamarin Studio でコンポーネントを使用するには、Xamarin Component Store からツールキットをインストールするか、Xamarin コンポーネント パッケージ (.xam) を手動でインストールします。手動でインストールするには、まずXamarin の提供する xamarin-component toolをダウンロードし、次のコマンドを実行します。

mono xamarin-component.exe install nsoftware.IPWorks-9.0.xam

コンポーネントをプロジェクトに追加する

Xamarinコンポーネント パッケージをインストールすると、Xamarin Studio からツールキットにアクセスできます。プロジェクト内でコンポーネントを選択するには、[Components] を右クリックし、[Edit Components] を選択します。

[Add to Project] をクリックしてコンポーネントをパッケージに追加します。

新しく追加したコンポーネントが [Components] リストに表示され、コード内で使用できるようになります。

コンポーネントの使い方の詳細は、サンプル プロジェクトを参照してください。以下は、よく使われる非常にシンプルなコード スニペットの一例です。

using System;
using System.Drawing;
using MonoTouch.Foundation;
using MonoTouch.UIKit;
using nsoftware.IPWorks;
 
namespace nsoftware.HttpurlDemo
{
    public partial class httpurlViewController : UIViewController
    {
        Http http;
 
        public httpurlViewController (IntPtr handle) : base (handle)
        {
            http = new Http (this);
        }
 
        public override void DidReceiveMemoryWarning ()
        {
           // Releases the view if it doesn't have a superview.
           base.DidReceiveMemoryWarning ();
 
           // Release any cached data, images, etc that aren't in use.
        }
 
        #region View lifecycle
 
        public override void ViewDidLoad ()
        {
            base.ViewDidLoad ();
 
           // Perform any additional setup after loading the view, typically from a nib.
           var g = new UITapGestureRecognizer(() => View.EndEditing(true));
           g.CancelsTouchesInView = false; //for iOS5
           View.AddGestureRecognizer(g);
        }
 
        public override void ViewWillAppear (bool animated)
        {
            base.ViewWillAppear (animated);
        }
 
        public override void ViewDidAppear (bool animated)
        {
            base.ViewDidAppear (animated);
        }
 
        public override void ViewWillDisappear (bool animated)
        {
            base.ViewWillDisappear (animated);
        }
 
        public override void ViewDidDisappear (bool animated)
        {
            base.ViewDidDisappear (animated);
        }
 
        #endregion
 
        partial void btnGetClick (UIButton sender)
        {
            try{
                http.Get(txtURL.Text);
                txtOutput.Text = http.TransferredData;
            }
            catch(Exception ex)
            {
                new UIAlertView("Error",ex.Message,null,"OK",null).Show();
 
            }
        }
    }
}

/n software 製品の詳細は、こちら をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする