5 分でわかる Java アプリ開発高速化ツールの JRebel

まだ、Java アプリケーション開発時に再デプロイ、サーバーの再起動で作業を中断していますか?

JRebel を使えば、再デプロイ、サーバーの再起動の待ち時間を不要にし、Java アプリの開発サイクルを大幅に短縮することができます。

従来の開発工程

Java は、パワフルで多目的なプログラミング言語であり、ほとんどのデバイス上で開発が可能という利点を持っています。しかしその一方で、繰り返し作業が多いという難点があります。コードの変更を確認する度に、毎回アプリケーションをビルドし、再デプロイする必要があります。再デプロイの待ち時間は Java アプリ開発にとって当たり前だと思われがちですが、決してそんなことはありません。Java クラスファイルに加えた変更を即座にリロードし、その結果をリアルタイムに確認できたらどうでしょう。

画期的な Java アプリ開発支援ツール JRebel 

Rogue Wave 社が提供する JRebel を使えば、簡単に Java アプリの開発サイクルを大幅に短縮し、企業の生産性と ROI を高めることができます。

コード変更の即座な反映

JVM プラグインの JRebel を導入すると、多くの時間を要していたビルド、再デプロイのステップをスキップし、Java アプリケーション開発を高速化することができます。JRebel は、アプリケーションを再デプロイする代わりに、クラスやリソースを1つずつバージョン化し更新することで、即座にコードの変更を反映します。JRebel は使えば、コードを書き、ブラウザをリフレッシュ (再読み込み) するだけでコードの変更結果を確認することができます。

さらに、JRebel は、コード変更前のアプリ入力画面の状態を保持します。入力画面のあるアプリケーションに値を入力した状態でコード変更、ブラウザーのリフレッシュ (再読み込み) しても、変更前の入力状態を保持できるのでテスト データを最初から再入力する必要はありません。

アプリ開発の高速化

通常、コード変更してから変更を反映させるには、たいだい 8 分程かかります。この作業は、平均 1 時間に数回も繰り返されます。そのため、開発者は開発時間の約 20% を再デプロイを待つ時間だけに使用していることになります。再デプロイの待ち時間は、コーディング作業の中断、集中力の妨げにつながるため、生産性を低下させる主な要因として考えられます。しかし、JRebel は、再デプロイ時間を取り除き、より多くの時間をコーディングに費やすことを可能にします。

たとえば、$100,000 (1 千万円相当) の年間収入がある開発者 6 人から構成されているチームがあるとします。平均のビルドと再デプロイ時間は、8.7 分であり、開発者は 1 時間に 4 回再デプロイします。こちらのウェブサイトを使用して計算すると、JRebel を使用することにより、開発者の生産性を 138% 向上することがわかります。これは 14.3 人の開発者に相当する仕事を完了することになります。一方で JRebel なしで開発を行った場合は、8.3 人の開発者の増員が必要となり、毎年 $825,721 (8 千万円以上) の追加費用が発生します。つまり、JRebel を使用することで、この追加費用をそのまま削減することが可能になります。

バグ修正の高速化

デバッグに関して言えば、デバッグの 95% が問題箇所の特定に費やされ、たった 5% だけがそれらの問題の修正に費やされます。Java 開発者は問題を突き止めるためだけに何度もアプリケーションを停止し再起動する必要があります。しかし、JRebel は、再デプロイの作業を取り払い、変更を追加する前のアプリケーションの状態を維持することにより、フィードバックを即座に提供し、開発者がより効率的にまた簡単に特定の問題箇所をテストすることができます。

早期リリース

移り変わりが激しく、市場の拡大が期待されるアプリケーション開発。成長し続ける市場に対して、アプリ開発にますます高度で高速な対応が求められるようになってきました。そこで、JRebel は、ビルドと再デプロイ時間を不要にし、これまで再デプロイが終わるまで待っていなければいなかった時間をコーディングに費やすことができます。アプリ開発をスムーズに進めることにより、アプリケーションを期限内に焦ることなく余裕をもって完成させることができます。これは、加速するマーケットについていく上で非常に重要になります。

多くの開発環境をサポート

Ecplipse、IntelliJ IDEA、NetBeans などの IDE (統合開発環境)、Tomcat、Jelly、WebLogic、JBoss、WebSphere などのアプリケーション サーバー、VM、ビルドツールなど一般的なすべての Java 開発環境で使用できます。

アプリケーション開発の高速化が求められる中で、JRebel は Java アプリケーション開発者にとって必須のツールになります。

JRebel 製品の詳細は、今すぐここからチェックしていただけます。

JRebel のフル機能を 14 日間ご試用いただけます。お申込みはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする