この記事は公開から 1 年以上経過しています。

Kudan AR SDK で AR Android アプリを作ってみよう〜マーカー上に 3D モデルを表示

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

弊社取り扱いの Kudan AR SDK のエントリーです。

SDK のダウンロードは こちら からお申込みください。SDK を使った開発と、個人開発者のリリースは無料でご利用いただけます。企業の方は有料になりますので、@ytabuchi までご連絡ください。

前回の Android のエントリーではマーカーの上に画像を表示させるところまでをやりました。

今回は 3D モデルを表示してみたいと思います。

現時点でのサンプルコードは ytabuchi の Github にアップしてあります。この後もコミット追加していくのでスナップショットです。

画面(activity_main.xml)の編集

前回は全画面でカメラを表示するだけでしたので、activity_main.xml はいじっていませんが、今回はマーカー上に表示するオブジェクトを変更できるようにボタンなどを配置していきます。

こんな感じになるように、XML を以下のように修正します。今回はボタンの OnClick のイベントをそれぞれ「showImageButtonClicked」、「showModelButtonClicked」、「clearAllButtonClicked」と指定しました。

これで、表示するオブジェクトを選択したり非表示にしたりできるようになりました。コードを書いていきましょう。

コード(MainActivity.kt)の編集

Setup の整理

最初に前回の Setup を分解して addImageTrackableaddImageNode メソッドに分け、addModelNode を追加しましょう。

コードを分けただけですが、ImageNode を追加した後で、ボタンで表示をしたいので imageNodevisible プロパティを false にしています。

続いて 3D モデルを表示するメソッドを作成します。最初に表示する 3D モデル(ben.jetbigBenTexture.png)に必要なファイルを Assets に追加します。(前回と同じく、Finder でコピーして Android Studio でペーストしました。)

その後、以下のメソッドを MainActivity に追加します。

これで画像と 3D モデルを呼び出す準備ができました。これらのメソッドの後に、全ての Node を非表示にするメソッドも追加しておきます。

分解した Setup は次のようになります。

ボタンのクリックイベントを記述

最初に配置した 3つのボタンのクリックイベントを作りましょう。world には追加した順番で children が作られていますので、決め打ちで表示、非表示をしています。

これで完成です。現時点での MainActivity は以下のようになっているはずです。

こんな感じでマーカー上に時計台が表示されていれば完成です!

この後は

次は 3D モデルを表示してみましょう。

Kudan AR SDK エントリー一覧

Kudan AR SDK チュートリアル記事まとめ | エクセルソフト ブログ

をご覧ください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする