今、話題の Java アプリ性能管理ツール XRebel と QRebel をご存知ですか?

Java アプリケーション開発時の度重なる修正による 製品納期の遅れ や コスト超過 などにお困りではありませんか? 弊社 XLsoft が正規販売代理店として先週 (10/4) から取り扱いを開始した Javaアプリケーション性能管理ツールXRebelQRebel はご存知でしょうか。 XRebelQRebel は Java 開発者が抱えるこれらの悩みをすべて解消するだけでなく、多くの利益をビジネスにもたらします。また、これらの 2 製品に加え、今年 6月に販売開始した Java アプリケーション開発ツールの JRebel を導入することで Java アプリケーション開発プロジェクトの高品質かつ高速化を実現し、他製品との差別化を図れること間違いなしです。

ローカル開発環境でリアルタイムにアプリ性能を測定

XRebel は、開発者のことを第一に考えた Java アプリケーション性能管理ツールです。ローカル環境での開発時に Java アプリケーションの性能を監視し、素早いバグの特定やボトルネックの解消を支援します。

具体的な分析機能としては、アプリケーションの格子柄や実行内容のレイヤー化、すべてのリクエストで一番時間を費やしているメソッドの絞り込み、リクエスト処理時間を追跡、遅いメソッドの特定、ブラウザー上に表示される XRebel ツール バーからログのオブジェクトの確認などアプリケーションの性能を隅々まで監視します。詳しい内容は、エクセルソフトの web サイトをご確認ください。

そして、使い方も非常にシンプルです。ややこしく面倒な設定は一切ありません。ファイルをダウンロードし、サーバーや Eclipse、IntelliJ、Netbeans、JDeveloper などの総合開発環境 (IDE) に XRebel のパラメーターを設定するだけです。XRebel の 14 日間無償体験版今すぐこちらからタウンロードいただけます。

総合テスト環境における Java アプリの稼働状況を可視化

QRebel は、早期段階で Java アプリケーションの性能問題を検出、診断、修正を行います。ビルド毎にテスト実行時のパフォーマンスのリグレッションを確認し、安定したアプリケーション運用による顧客満足度の向上、修正コストの削減を実現します。

QRebel は継続的にビルドやバージョンを監視し、リグレッションを引き起こしているメソッドを検出します。複数の JVM、未処理のデータベース クエリ、要求パラメーター間のエンド ツー エンドのスタック トレースを特定し問題の早期解決を手助けします。

さらに、検証や開発環境で既存の手動または自動のテストを実行中にアプリケーション性能を監視することができるため、新しいテストをわざわざ書く必要はありません。リグレッションが検出されたビルドはテスト段階で自動的に停止され、製品導入段階に劣悪なビルドが届かないようにします。

Java プログラム コードの変更を即座にサーバーに反映

JRebel は、Java アプリ開発中のアプリケーション サーバーの再起動の時間を大幅に短縮し、効率の良いアプリ開発を支援します。以下の図のとおり、一目瞭然ですね。

JRebel の使用方法も非常に簡単です。JRebel をお使いの Eclipse、IntelliJ、Netbeans、JDeveloper などの総合開発環境 (IDE) のプラグインとして導入し、Java アプリケーションのクラス構成に加えたコードやリソースの変更をワークスペース上で保存、ブラウザーをリフレッシュ (再読み込み) するだけで即座に変更結果を確認できます。

Rogue Wave 製品の理解に役立つ情報をエクセルソフト web サイトにて紹介しております。

また、XRebel と JRebel の 14 日間無償体験版は、ダウンロード リンクをご案内するための Email を入力するだけで今すぐお申込みいただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする