エアクオリティデータのパーソナライゼーション トレンド

信頼できる適切なエアクオリティデータに対する需要が高まっています。この記事では、7つの主要な消費者パーソナライゼーションのトレンドを説明します。

大気汚染は、人々と地球の健康にますます有害な影響を及ぼしています。世界人口の 90% 以上がエアクオリティの悪い地域に住んでおり、小さな子供、妊婦、喘息や心臓病患者などの敏感なグループを中心に皆が長期的な危険にさらされています。

汚染された空気がどのように生涯にわたる有害な影響をもたらすのか、私たちはまだ理解していませんが、いくつかの初期の研究では、居住地によっては個人の寿命を 2年以上短縮してしまうことが示唆されています。 明らかなことは、大気汚染が世界的な危機であるということですが、幸いなことに、危害から逃れることは思っているよりも簡単です。

町の汚染された場所を運転中に車の窓を開けたり、午後のスモッグが多い時間帯に空気清浄機をオンにしたりするなどの措置をとることは、有害な空気の影響から安全に身を守るのには十分な行動です。もちろん、これらの予防措置をいつするべきかを知るためには、消費者は完全で信頼できるエアクオリティデータにアクセスする必要があります。

消費者が個人的な関心を持ち始めたことにより、生活習慣の改善と健康状態の改善できるようになり、優れたエアクオリティデータの需要が急増しています。ここでは、この変化する消費者の状況に対応するエアクオリティデータの 7つの主要パーソナライゼーション トレンドを紹介します。

リアルタイムデータ

大気質は非常に動的であるため、消費者は毎日または 1時間ごとにその変動を監視できる必要があります。実際に、エアクオリティデータが含まれていない場合よりも含まれている場合の方が、天気アプリを 1日に複数回開く可能性が 2.4倍高くなります。そのため、エアクオリティデータに関する消費者の関与を促進する製品またはサービスの能力は、このデータをいかにリアルタイムで配信するかで左右されます。

従来の方法では、監視ステーションで収集されたデータをエンドユーザーのデバイスに転送する際に遅延が生じることが多いため、まずはリアルタイムのエアクオリティデータを一般に提供することが課題でした。心強いことに、最近の機械学習の改善により、ソースデータを消化可能な消費者向け情報に変換する時間が大幅に短縮されました。

ハイパーローカルなデータ

昔のエアクオリティ データ プロバイダーは都市全体のデータのみを提供していました。ただし、業界の専門家が指摘しているように、エアクオリティデータはハイパーローカルであるため、近隣地域やブロックごとに変動する可能性があります。2つのエリアが互いに 400メートル未満離れている場合でも、都市の一部の汚染レベルは、都市の別の部分の汚染レベルとは完全に異なる場合もあります。

このハイパーローカルな変動を考慮することで、空気清浄機および HVAC (空調) 業界で大きな価値を生み出すことができます。たとえば、ロケーションベースのエアクオリティデータを利用するスマート空気清浄機は、周囲の汚染物質が急増していることを認識し、これに基づいて窓を自動的に閉じて、屋内の空気を浄化し始めます。

パーソナライズされたデータ

消費者は自分のライフスタイルやニーズに関連するエアクオリティデータを探しますが、個人個人みな違うため、地域のエアクオリティについて個人に通知するために万能な方法はありません。ただし、エアクオリティ データ プロバイダーは、顧客セグメントのニーズに合わせてカスタマイズすることで、製品やサービスのパーソナライゼーションを改善できます。

BreezoMeter では、高齢者、妊娠中の女性、子供と赤ちゃん、心臓病患者、肺疾患患者、運動選手を、大気汚染に特に敏感な重要なセグメントとして特定しました。また、これらのグループのいずれにも該当しない一般のメンバーも、エアクオリティデータに関して固有のニーズをまだ持っており、パーソナライズされた体験を顧客に提供したい企業は、それに応じて独自のセグメントを作成して情報と推奨事項を提供できます。

花粉データ

多くのエアクオリティ データ プロバイダーは、様々な季節性アレルギーの原因となる花粉に関するデータを収集するための取り組みを開始しています。上記の 3つの傾向すべてについて述べると、季節性アレルギーに苦しむ消費者は、症状を効果的に管理し、より多くの時間を屋外で過ごすために、リアルタイムで配信されるハイパーローカルな花粉データを必要とします。

グローバル対応のエアクオリティ指標

エアクオリティは監視するのに費用がかかるため、政府が無償提供するエアクオリティデータを収集するようになりました。残念ながら、エアクオリティに関する情報はさらに新しいことが明らかになり、政府が提供する大気質指標 (AQI) はますます不十分になりました。すべての国が同じ方法で大気を測定しているわけではないので、その結果、ほぼ同一の空気の質を持つ国でも、地域の大気汚染に関してまったく異なるデータを報告する可能性があります。

監視対象および収集されたデータの表示方法に関する国際的な合意がないため、世界対応な標準大気質指標が求められています。そのため、BreezoMeterでは、6つの主要な汚染物質すべての平均をとることにより、地球規模で汚染物質濃度を監視するグローバル対応 AQI を開発しました。

エアクオリティ ヒートマップ

エアクオリティと花粉のデータは、数字だけではありません。このデータを製品に組み込むことを希望する企業は、創造的なリソースを活用して、機能的および視覚的にアプリまたはサービスを際立たせることができます。エンドユーザーは、そのままの形で表示される生データ (Raw Data) に常に直接関連することはできませんが、最先端の視覚化により、目に見えないものを効果的に表示できます。たとえば、色を使用して汚染物質レベルを表示するヒートマップでは、ローカルおよびグローバルデータをリアルタイムで表示し、パーソナライズされた形式で大気質情報を提供することにより、消費者は簡単に利用できるようなエアクオリティおよび花粉情報を提供します。

スマートホームの自動化

気候変動と CO₂ レベルが上昇している現代では、多くの消費者は IoT デバイスが家庭内のエアクオリティを改善することを期待しています。エアクオリティデータは空気浄化システムと HVAC システムに統合されていることは既に述べましたが、他の多くのスマートホームデバイスにも追加されています。

たとえば、スマート エアクオリティ センサーは、大気中の汚染レベルの上昇を検出し、この情報をスマートフォンアプリ経由でユーザーに中継するように設計されています。これらのセンサーの市場は、信頼できるエアクオリティデータへのアクセスが向上するにつれて劇的に拡大しました。実際、業界の専門家は、この市場が 2022年までに 21% の CAGR (年平均成長率) で成長し、その時点で 600億ドルに達すると予測しています。

これらの 7つのトレンドを背景に、信頼性が高くパーソナライズされたエアクオリティデータの監視と配信は急速に改善されています。この分野のリーダーとして、BreezoMeter では、大気質や花粉データに関するあらゆる最新情報を常にお客様に提供することに熱心に取り組んでいます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2019 年 6 月 13 日

Unpacking Seven Key Trends in Air Quality Data Personalization