パーソナライズされた環境データで生活を改善

ウェアラブル テクノロジー、スマートホーム セキュリティシステム、および接続デバイスの需要は非常に大きくなり、企業の 38% が既に IoT テクノロジーを使用しています。調査によると、2025年までに 640億を超える IoT デバイスが流通し、業界全体では 2026年までに年間 3兆ドルを超えると予測されています。

この成長を踏まえて、より多くの業界リーダーが、パーソナライズされた環境データがビジネス戦略にどのように影響するかを検討しています。

パーソナライズされたデータを消費者の手に

パーソナライゼーションは、おまけではなく、消費者の期待です。特に消費者は、接続されたデバイスを使用するときにパーソナライズされたエクスペリエンスを期待します。これは、独自のユーザー プロファイルと組み合わせたリアルタイムデータにより、より多くの情報に基づいたライフスタイルの選択が可能になるためです。

2018年、L’Oréal (ロレアル) は、ユーザーの親指に貼り付けられる小型のバッテリー不要の電子センサーUV Sense を発表しました。UV Sense は、着用者の周囲の UV レベルを分析し、個々の UV 露出をリアルタイムで測定し、最大 3か月の環境データを保存します。ユーザーがこのデータの重要性に気付いた後、ユーザーは日差しを避けて日焼け止めをより持続して塗るなど、より協調的な努力をするようになりました。

同様に、より多くの化粧品および美容ブランドが、より良いスキンケアと健康に関する推奨事項を顧客に提供するためのツールとして、パーソナライズされたエアクオリティデータに注目しています。

また、Neutrogena (ニュートロジーナ) は最近、リアルタイムの大気質レベルについて視聴者を教育することにより、スキンケアの個人的な利益をよりよく伝えるために、パーソナライズされた大気汚染データの力を強調しました。

パーソナライズされた環境データは、ユーザーの習慣や意思決定に影響を与えるというテーマに関して特に強力であることが証明されています。Nielsen の調査によると、顧客の 73% が環境への影響を減らすために習慣を変更することを望んでいます。

パーソナライズされた環境データが市場に革命をもたらす方法

以下では、パーソナライズされた環境データが市場、企業の通常ビジネス、個人の日常生活に新しい価値を生み出す方法をご紹介します。

スマートシティ

ますます、都市計画者はパーソナライズされた環境データに目を向け、スマートシティに対するビジョンを実現しています。市民の健康を確保することに関心のある人は、大気環境の測定値と高度な分析を展開して、環境に配慮したスペースを構築し、交通の流れを管理できるようにします。

Réinventons nos places」という、日本語では「私たちの広場を作り直そう」と呼ばれるキャンペーンでは、フランスのパリ住民に汚染への接触について教育することを目的とした市全体のイニシアチブを開始しました。このキャンペーンは、データから得られた健康と安全のインサイトに基づいて都市計画と開発を知らせることを目標に開始されました。

不動産

大気汚染データは、2019年に住宅または商業用不動産を購入する際の重要な考慮事項の一つとなりました。建設現場からの排気ガス、工場の煙、ほこりは、特定の地域のエアクオリティに長期的な影響を与え、アレルギーを引き起こす、または呼吸器の健康に影響を及ぼす可能性があります。そのため、過去の大気質情報などの環境データを不動産レポートに統合する企業が増えています。

スマートホーム

家庭のスマートテクノロジーは、セキュリティおよび照明システムを超えて進化しています。今日、スマートHVAC システムは、空気中の過剰な水分を制御し、周囲の気温と品質レベルを調整します。2025年までに 283億ドルの評価額に達する見込みのスマート HVAC 市場は、スマートテクノロジーを使用して自宅をパーソナライズする新しい方法を消費者に提供します。

パーソナライズされたデータを備えた小型の在宅デバイスは、包括的なシステムと連携して機能します。たとえば、Dyson や BlueAir などの企業は、外のエアクオリティが悪い場合に空気清浄機デバイスにアラートを提供し、ユーザーにデバイスのスイッチを入れるよう促します。この機能は、デバイスがユーザーの健康をどのように改善するかを具体的にリマインドさせます。

ヘルスケア

消費者が自分の健康を管理する上でますます積極的な役割を担うようになり、テレヘルスやデジタルウェルネス アプリケーションなどの新しいアクセス手段を選択するようになりました。ヘルスケアおよびヘルスケア関連ビジネスは、革新的なデジタルソリューションで課題に立ち向かわなければなりません。エアクオリティが低く、花粉のレベルが高いときにユーザーに知らせるパーソナライズされたデータ駆動型のソリューションは、消費者が治療量を追跡し、独自の医療ニーズに対するインサイトを得るのにますます役立ちます。

一例として、アレルギー免疫療法のリーダーであるALKは、ライブ花粉データを利用して、ユーザーに特定のデータをより良く伝え、アレルギー症状の管理を改善しています。

オートモーティブ

IoTに接続された車は、道路のルールを変えています。多くの現代の電気自動車は、センサーを使用してミッション コントロールと通信し、リアルタイムでデータを分析し、そのデータを路上でも路外でも使用できます。また、スマートカーは、コンポーネントの故障を予測し、オイル交換の時期になると先手を打ってドライバーに警告します。さらに、人間の介入を最小限に抑えて安全に道路をナビゲートできます。

今、運転中のドライバーと乗客をよりよく保護する方法に変わりつつあります。旅行中に多くの人の健康と安全を改善するリアルタイムのエアクオリティデータの可能性は非常に大きく、自動車産業に新しい価値を生み出す強力な触媒となるでしょう。

これからの自動車は、環境に配慮するだけでなく、たとえば、ライブ環境データを使用してドライバーにその場所のエアクオリティの低下や火災の危険を警告し、窓を閉じて、車内の空気清浄システムをオンにしたりします。

エネルギー

エネルギー部門も、新しいビッグデータ機能に対応して日々変化しています。Con Edison は、2017年から従来のメーターをスマートメーターに置き換えています。2022年までにこれらのユニットを 500万以上の家庭に設置する予定です。

顧客は、正確で詳細なパーソナライズされたデータを見ることで、エネルギー消費に関してより賢明な決定を下すことができます。高い公共料金の請求書にショックを受けたユーザーは、特定の要因 (ガス、電気、水、または熱) を特定し、それに応じて習慣を調整できるようになりました。これは小さなステップのように思えるかもしれませんが、これらのようなデータ駆動型のインサイトは、長期的なエネルギー節約を推進するはずです。

農業および食糧供給

食品メーカーは 2050年までに 100億人の人々を養うと予想されており、農業および食品飲料業界が取り組むべきさまざまな新たな課題を提示しています。パーソナライズされたデータが、将来の飲食需要に新しいソリューションを提供することがますます明らかになってきています

環境ビッグデータによって駆動される IoT デバイスは、農家が日々の活動を最適化するのに役立ちます。 過去の気象条件のデータ分析により、来年の傾向と予測が確立され、植栽、施肥、収穫の時期の決定が通知されます。

農業と食料生産でビッグデータを使用すると、コストと時間の節約を超えた多くの利点が追加されます。 実際、ビッグデータを備えたテクノロジーを 1種類だけ使用する農民は、収穫量を 16% 増やし、水の使用量を半分に削減し、将来的には生産量を 2倍にする可能性があることが示されています。

環境データとパーソナライゼーションの未来

これらの例は、市場全体と今日私たちがよく知っている多くの社会的規範に新しい価値を生み出す環境データの力の一部です。

技術の需要と進歩の高まりを踏まえると、ブランドが情報を活用してパーソナライズされた顧客体験を実用的なインサイトとして提供する方法は、2020年にはブランドを差別化する上での重要点になります。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2019 年 11 月 21 日

Personalized Environmental Data is Changing the Way We Live