ニュートロジーナはアンチポリューション スキンケア キャンペーンにより、ユーザーエンゲージメント向上に成功

毎日、世界中の 10人のうち 9人が呼吸する空気中に含まれる微小な汚染物質を吸い込んでいます。健康全般に計り知れない有害な影響を及ぼすだけでなく、有害な大気汚染への暴露は、私たちの体の中で最も大きな器官である皮膚にも影響を与えます。

学術研究では、大気汚染への暴露とアトピー性皮膚炎との間には、皮膚の老化の促進や湿疹の発生に加えて、明確な関連性があることが明らかにされています。さらに、ドイツの研究では、これらの関連性が 6歳までに明らかになることがわかっています。

アンチポリューション スキンケア製品の巨大な潜在的市場を考えると、なぜこの問題に取り組んでいるスキンケア ブランドは非常に少ないのでしょうか?

アンチポリューション スキンケアの必要性

ニュートロジーナは、大気汚染のスキンケア製品の保護に対するアンメットニーズを認識し、それについて何かをすることを決定しました。彼らはこの問題に対処するために、特に都市部のスキンケア製品を開発しましたが、今、彼らは製品の価値と必要性を視聴者に伝えるという課題に直面しています。

大気汚染は、私たちが直面する目に見えない脅威です。残念ながら、私たちの目に見えないので、いつ、なぜ自分自身を守る必要があるのかを知ることも難しくなっています。これらのメッセージを効果的に伝えるために、ニュートロジーナはクリエイティブになる必要があることを認識していました。

スマートなターゲット化された汚染防止キャンペーン: ハイパーローカル大気質データ

大気汚染のような複雑なものを伝えるという課題に加え、ニュートロジーナの地域マーケティング チームは、厳しい予算の中で 4 年間の製品売上の減少を逆転させるという課題にも直面していました。

ニュートロジーナは、BreezoMeter と受賞歴のある動画エージェンシー Spirable に、Facebook、Instagram、YouTube 用の 200 種類以上の動画を作成することを依頼し、ユーザーの興味、正確な場所、リアルタイムの大気汚染レベルに基づいて個々のユーザーに固有のメッセージを提供しました。目標は、空気の質を誰もが理解できるようなパーソナライズされたリアリティに変換することでした。

結果

このターゲットを絞ったキャンペーンの成功は、関係者全員に衝撃を与えました。キャンペーンのエンゲージメントは 2倍になり、ニュートロジーナはメディア支出の削減にもかかわらず、売上の減少を完全に逆転させました。

ニュートロジーナがパーソナライズされたハイパーローカルな大気質データを統合することで、どのように恩恵を受けたかについての詳細なユースケースはこちらからダウンロードできます。

また、こちらのユースケースの日本語版もご用意しておりますので、ご希望の場合はお問い合わせください。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 5 月 20 日
Neutrogena Doubles Engagement with Anti Pollution Skincare Campaign – Case Study