【Officeインストール不要】DocSpace で Excel から PDF へ、PDF から Word へ変換する方法

DocSpace は、RPA で PDF ファイルからドキュメントへ、ドキュメントから PDF ファイルへ変換、PDF ファイル の圧縮や暗号化などの作業を効率化する PDF ソリューションです。コーディング不要な使いやすいインターフェイスで、だれでも簡単に数クリックで作業を完了することができます。

また、DocSpace では Microsoft Office がインストールされていない環境でも、Office ファイルを PDF 化、および PDF ファイルから Office ファイルに変換することが可能です。このブログでは実際に DocSpace を使用して、Excel から PDF へ、PDF から Word へ変換してみたいと思います。

DocSpace を起動

DocSpace は、Windows 用のデスクトップ アプリです。日本語 UI で簡単に操作ができます。

ドキュメントから PDF ファイルへ変換

変換アクションでは、異なるドキュメント形式間で変換が可能です。たとえば、Microsoft Office ファイルを PDF ファイルに変換します。

DocSpace では現在、Word、Excel、PowerPoint、HTML、画像、PCL、PostScript、XPS、テキスト、Visio から PDF への変換機能がサポートされています。

まずは基本タスクから [PDFに変換] を選択します。

では早速、Excel ファイルを PDF ファイルに変換してみましょう。

Excel→PDF をクリックすると、ファイル選択画面に移ります。ここでは、ファイルまたはフォルダの選択、保存先の選択、オプション設定が可能です。

オプション設定画面では、様々なオプションを選択できます。

対象のファイルの選択、保存先の選択、オプションの設定が完了したら、あとは[開始]ボタンをクリックするのみです!

処理が終わると、自動的に保存先のフォルダが開きます。では、処理後の PDF を確認してみましょう。

処理前の Excel ファイル

PDF へ変換後

形が崩れることもなく、日本語文も問題なく表示されていることが確認できました。

PDF ファイルからドキュメントへ変換

では次に、[PDFから変換] アクションを使ってみましょう。

DocSpace では現在、PDF からWord、Excel、PowerPoint、HTML、ビットマップ、画像のみPDF、Jpg、PCL、PDF/A、PNG、Postscript、TIFF への変換機能がサポートされています。

ここでは、PDF から Word に変換してみたいと思います。

PDF へ変換する時と同様に、この画面ではファイルまたはフォルダの選択、保存先の選択、オプション設定ができます。オプションも充実しています。

ファイルの選択、保存先の選択、オプションの設定が完了したら、開始をクリックします。

それでは変換後の Word ファイルを見てみましょう。

画像もしっかりと Word ドキュメント内に変換されています。日本語文の表示も問題はありませんでした。

まとめ

このように、あっという間の数分でドキュメント変換処理が完了してしまいました。今回は一つ一つのファイルを変換に使用しましたが、フォルダを選択して一括変換することも可能です。マニュアルいらずで誰でも今すぐ使いこなすことができるのがポイントですね。また、Microsoft Office のインストールされていない環境で使えるため、Microsoft Office バージョンを気にすることもなく、DocSpace 上で楽々ダイレクト変換できます。

DocSpace は数多くのアクションを兼ね備えており、ドキュメントや画像を PDF ファイルに変換したり、ドキュメントにスタンプしたり、OCR 処理してドキュメント化したり、データや画像を抽出したりすることもできます。また、ファイルを一つずつ処理する基本タスク以外でも、カスタム タスクで はプロセスをカスタマイズして複数の手順を一括処理が可能で、自動化タスクでは対象の場所を指定し、その場所にドロップされたファイルを処理する自動化タスクを設定することもできます。

DocSpace に興味がありますか?DocSpace では、15日間の無料トライアルを提供しています。Windows 版ダウンロードはこちらから。

DocSpace の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。