Barcode Xpress を使用して、タッチレスの製品識別と支払いを加速

バーコードは、製品の識別と追跡の基盤であり続け、運用上の洞察とエンドユーザー エクスペリエンスの両方を向上させます。 食料品店での一般的なアプリケーションから、倉庫、法律事務所、さらには高等学校以降のより高度な教育段階で、バーコードはデジタル環境と物理環境の間のユビキタス ブリッジです。

フォーブス誌が指摘しているように、新たなパンデミックの圧力により、QR コードというおなじみのコードフレームワークが復活しました。現在、小売店やレストランでは、タッチレスの製品識別と支払いを可能にするために使用されていますが、この急速なコードのルネッサンスは、コードが長期的な運用上の成功の鍵となるドライバーであり続けていることを思い知らされます。しかし、すべてのバーコードリーダーツールが同じように作られているわけではありません。破損や変形したバーコードを扱うのに苦労するものもあれば、スキャンするコードの種類や性質が制限されているものもあり、多くのフル機能を備えたソリューションは、インストール、統合、使いやすさの面で大きな複雑さを伴います。

Barcode Xpress は、両方の長所を提供します。 開発者が知っておくべきことは次のとおりです。

Barcode Xpress とは?

Accusoft の Barcode Xpress を使用すると、ユーザーは 1 つのソフトウェア開発キット (SDK) で、30 を超える異なるバーコードの読み取り、書き込み、および検出を簡単に行うことができます。 Barcode Xpress は以下をサポートします:

  • 1D バーコード – Add-2、Add-5、Code 39、GS1、UCC、JAN を含む
  • 2D バーコード – Aztec、Data Matrix、PDF417、QR コードなど
  • Postal コード – 米国 PLANET および PostNet から RoyalMail および
    AustraliaPost4-State Code までの郵便コードに対応
  • Patch コード – Patch 1、2、3、4 (トグル)、6、Transfer を含む

Barcode Xpress は、検出されたコードの信頼値も報告し、サポートされているバーコードをミリ秒単位で任意の方向に読み取り、印刷不良、損傷、またはスキャン不良のバーコード画像をインテリジェントに処理できます。 この SDK は、次の 6 つの開発環境でも利用できます。

  • .NET
  • .NET Core
  • ActiveX
  • Java
  • Linux
  • Node.js

基本的なバーコード要件

Barcode Xpress のデプロイメント環境では、次の x64 Windows バージョンのいずれかを利用する必要があります。

  • Windows 8.1
  • Windows 10 バージョン 1607 以降
  • Windows Server 2008 R2 SP1 以降
  • Windows Server 2012、2016、または 2019

SDK は、次のような x64 Linux オペレーティング システムにもデプロイできます。

  • Ubuntu 18.04 または 16.04
  • CentOS 8 または 7
  • Debian 9 または 10

Barcode Xpress 開発環境に関しては、要件には、Microsoft .NET Core 2.1 以降、ライセンス マネージャーおよびサーバー ライセンス ユーティリティ用の Java ランタイム環境 1.8 以降、および Visual Studio 2017 以降 (オプション) が含まれます。

インストールのしやすさ

インストールを合理化するために、Barcode Xpress .NET Core は、NuGet パッケージを介して、または Accusoft が提供する zip ファイルを使用して展開できます。 どちらの場合も、開発者は SDK を使用するために有効なライセンスが必要です。 詳細なライセンス タイプは、こちらで確認してください。

評価ライセンスを使用すると、タイムアウトと透かしの制限付きで Barcode Xpress 機能を探索できます。 ツールキット ライセンスは、ポップアップ、タイムアウト、透かしを削除して詳細な開発を可能にしますが、アプリケーションを配布するにはランタイムライセンスが必要です。

NuGet のナビゲート

Barcode Xpressを展開する最も簡単な方法は、VisualStudio の Microsoft 開発プラットフォーム用の NuGet パッケージ マネージャーを使用することです。 Accusoft のすべての NuGet パッケージは、nuget.org にあります。 ここで NuGet Barcode Xpress.NET パッケージを見つけられます。

NuGet パッケージをインストールするには、次の手順に従います。

  1. VisualStudio で NuGet Package Manager を開きます。
  2. 新しく開いたウィンドウで、[パッケージソース] が nuget.org に設定されていることを確認し、Barcode Xpress パッケージを選択します。
  3. 選択してインストールした後、Referencesフォルダーで新しく追加されたアセンブリを探します。
  4. [namespace] を使用してこれらの NuGet ライブラリを参照するCS/VB ファイルに追加します。

更なるヘルプが必要ですか? 公式の NuGet チュートリアルをご覧ください。

コマンドラインの作成

Barcode Xpress で最初のプロジェクトに取り組む準備はできましたか? これは、Visual Studio を使用して 1D バーコードを分析する完全な C# アプリケーションを構築するためのステップバイステップガイドです。

  1. NETCore で新しいコンソール アプリ プロジェクトを作成します。

  2. Barcode Xpress SDK を追加します。

  3. プロジェクトに必要な Microsoft dll を追加します。 この場合、nuget.org で System.Drawing.Common を探すか、開発環境に参照として既に存在する場合はローカルに追加します。

  4. 生成された Program.cs:Program.cs に using ステートメントを追加します。
  5. Accusoft.BarcodeXpressSDK.BarcodeXpress とSystem.Drawing.BitmapProgram.cs の必要なインスタンスを作成します。
  6. このビットマップを Barcode Xpress に渡し、返された resultsProgram.cs にアクセスします。
  7. 最後に、Dispose() methodProgram.cs を使用してコードをクリーンアップします。

継続的な改善

Barcode Xpressは、15年以上も前から Accusoft SDK のラインナップの一部として提供されています。 しかし、Barcode Xpress のプリンシパル エンジニアである John Reynolds は、最近、機能を改善するためにコードを調べました。 彼のホワイトペーパー「Barcode Xpress での速度のレガシーコードのリファクタリング」で、バーコードを特定の方向に繰り返しスキャンすると、白黒のカウント長が同じ方向に流れることを発見しました。

その結果、各座標のマスクとデータ ポインターを継続的に計算するのは面倒ですが、画像全体でマスクの実行中の集計を維持するなど、潜在的なショートカットも可能になります。 詳細に適用すると、このコードおよびその他のコードのレガシーコードの変更により、画像に応じて 1D バーコード分析時間が 5% から 60% に改善されました。

Barcode Xpress は、実装とカスタマイズが簡単な包括的なコード認識を提供し、継続的な改善により、SDK の導入を合理化し、運用速度を向上させ、さまざまな市場のソフトウェア エンジニアに力を与えます。 Barcode Xpress の利点をご覧ください。 無料評価版をダウンロードするか、オンライン デモを今すぐお試しください。

Accusoft Barcode Xpress 製品詳細は、こちら。

参照ブログ記事:  「Get Up and Running Faster with Barcode Xpress

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする