環境データで製品エンゲージメントを高めるには

製品エンゲージメントが向上する画期的な方法を見つけることは、常に製品マネージャーの頭にありますが、実際にインスピレーションの源として環境を考慮したことのある人はどれくらいいるでしょうか。

あらゆる業界の製品ユースケース

世界中の誰もが、大気汚染などの環境問題から何らかの影響を受けていることを考えると、適切な製品戦略があれば、環境情報を活用して製品のエンゲージメントを高めることができます。ここでは、さまざまな業界の革新的なブランドが、環境情報を活用して製品のエンゲージメントを高めることが可能なクリエイティブな方法をご紹介します。

スマートホーム: インターネット接続された空気清浄機と換気製品

スマートホーム企業や室内空気清浄機メーカーは、室内外の空気の質を並べて表示することで製品の有効性を示し、お客様が個人のニーズや実際の環境に応じて、家庭やオフィスなどのあらゆる場所で最適な空気の流れを維持できるようにしています。また、最新の環境情報を提供することで、家の外でも消費者に適切な情報を提供することができ、「家電製品」から「ライフスタイル ブランド」への転換を図ることができます。

このように企業ブランドを位置付けることで、室内空調関連の企業は、空気清浄機をはじめとする家電製品の売上を伸ばしながら、アップセルの機会を生かし、顧客のブランド認知度を保ちつつ、日常的に高いレベルの製品エンゲージメントに貢献しています。

脆弱なグループにとってのデジタルヘルスの価値

myhealth のような製薬会社やヘルスケア プロバイダーは、患者向けアプリに環境データを使用して、年間を通して利用者にブランド名を意識させながら、総合的なデジタルヘルス サービスに明確な付加価値を提供しています。

環境データによって、ヘルスケアブランドは、症状とリアルタイムの花粉や汚染レベルに基づいた治療方法の提案するため、アプリ利用者に、日々のアレルギー反応やその他の症状をフィードバックすることを促すことで、治療方法をパーソナライズすることを可能にします。

美容トリートメントの最適化

業界最大手の化粧品ブランドの中には、環境に基づいたよりスマートなスキンケア ソリューションを開発したり、パーソナライズされた大気環境の情報をアプリに組み込み、ユーザーのスキンケア習慣の改善を支援することで、ユーザーとの強力な製品エンゲージメントを構築することに成功しています。

これらのアプリは、日々の活動情報や大気汚染、花粉などの汚染物質への接触量を計算した上で、さまざまなスキンクリームや最適な塗布時間や期間などをパーソナライズして提案することで、消費者のニーズに応えています。Dermalogica、Neutrogena、L’Oréal のスキンケア製品体験についてはこちらをご覧ください。

精通した製品マーケターのためのクリエイティブ キャンペーン

スマートな広告主は、入札、ターゲティング、広告メッセージングに情報を提供するために、ターゲティングの追加レイヤーとして環境コンテキストを利用することが増えています。具体的には、消費者が住む特定の場所で大気質が悪かったり、花粉が多かったりすると、その地域で製品広告キャンペーンを行い、ターゲットオーディエンスを教育したり、オーディエンスが経験している問題の解決策を提案したりします。

ロケーションベースで 1時間ごとに更新される環境情報は、クリエイティブな製品マーケターに、際立った印象的なキャンペーンを提供するための新しいオプションも提供します。その例として、ダイナミックに更新されるダウンロード可能な大気質ウィジェット、環境によってトリガーされるメール マーケティングやソーシャルポスト、数ヶ月、時には数年に渡って人々に環境について語ってもらう街頭 PR キャンペーンがあります。McCann London は、大気質データと自動的に咳をするテディベアを組み合わせて、英国の首都の大気汚染の問題に注意を向けました。

ハイキングとサイクリングのためのよりクリーンなルート計画

スマートモビリティやフィットネスブランドは、アプリのユーザーが大気汚染を回避したり、屋外でのエクササイズに最適な場所や時間を見つけられるように、リアルタイムで地域に密着した大気質データを取り入れています。例えば、Cowboy では、アプリの利用者のエンゲージメントを高め、ユーザー体験を向上させるために、最短ルートとクリーンなルートのどちらかを選択できるようにしています。よりクリーンな自転車ルートが気になるユーザーには、リアルタイムの大気質ヒートマップと、さまざまな汚染レベルに関する情報を活用することで、単なるナビゲーションやルート計画を超えた真の付加価値を生み出しています。

また、人気のハイキングアプリ AllTrails は、Pro サブスクリプションの一部として大気質と花粉の情報を提供しており、愛用者は移動中に最も健康的なルートを選ぶことができます。

自動車オーナーが喜ぶクリーンな車内

車外と車内の大気質モニタリングを組み合わせることで、脆弱なグループや都市部に住む人々の健康に対する関心の高まりに応えることができます。

自動車メーカーにとって、リアルタイムで予測可能な大気質データは、よりクリーンなルート計画機能や車内の汚染防止に役立ちます。このユースケースでは、ドライバーが汚染されていないルートを選択できるようにするとともに、提供された情報を利用して、特定の感度や屋外環境に基づいて、より健康的な判断を下せるようにすることを目的としています。また、大気質データを利用して、安全な AQ (エアクオリティ) レベルを超えたときにドライバーに警告し、さらに窓やエアコン、ろ過システムを自動的に作動させて、安全な車内環境を維持することに興味を持っている自動車メーカーもいます。

まとめ

製品マネージャーは、実証された価値、エンゲージメント プロンプト、ユーザー ターゲットの情報を組み合わせることで、消費者が新しい行動パターンを採用し、より健康的な意思決定をすることを支援し、その結果、ブランド認知度、販売機会、顧客満足度を高め、維持することができます。

デジタル競争が続く中、製品とユーザーとのエンゲージメントを成功させるためには、創造性が大きな利点となります。環境情報は、幅広い分野で消費者に関連性があるため、使用例は想像力次第で無限に広がります。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2021 BreezoMeter
2021 年 3 月 1 日
How to Increase Product Engagement with Environmental Data (for any Industry)