環境データを活用したマネタイズ戦略

パーソナライズされた健康志向のツールを求める消費者が増加する中、より健康的なライフスタイルや日々の意思決定のために、環境データやインサイトは、企業が従来の収入源を拡大しながら差別化を図るための新しい機会を生み出しています。

環境インサイトに基づく新しいサブスクリプションの提供

フォーブスは、80% の消費者がパーソナライズされた体験を提供するブランドから購入する可能性が高いと報告しています。既存の製品やサービス (パッケージ) に位置情報とタイムリーな環境インサイトを追加することで、ブランドは新しいレベルのパーソナライゼーションを導入し、既存の収益源を加速させ、新しい収益源を生み出すことができます。

サブスクリプション モデルの例

ベーシック パッケージ

ミディアム パッケージ

プレミアム パッケージ

環境に関するインサイトなし

大気汚染警報、花粉予報、山火事情報などをリアルタイムで提供し、環境情報を充実化。実用的な推奨事項と個人的なモニタリングを提供。

ユーザーの現在地の環境変化をリアルタイムで予測し、自動化とリモート管理をコネクテッド製品に構築。

ユースケースの実例: 健康、アレルギー、保険アプリ

大気質や花粉情報をパーソナライズすることで、製薬会社や医療保険会社は、喘息、COPD、季節性アレルギーなどの患者に対して個別のリスク指標を開発し、個人の環境の動的な変化に基づいて実行可能な推奨事項を提供することができます。

アレルギー患者の場合、アレルギー用アプリは基本プランの一部としてハイレベルな毎日の予測を提供できるかもしれません。さらにプレミアム ユーザーには、花粉や大気汚染に実際にさらされた量と予測される量、および健康リスクのレベルに基づいて、警告アラートを表示することもできます。

ユースケースの実例: 空気清浄機とスマートホーム

2025年までに 102億 7000万ドルの市場拡大が予測される中、空気清浄機ブランドは、パーソナライズされた環境インサイトを活用して、新しい「サービスとしての空気品質」を導入し、単発購入の「デバイス」から定期的な「ライフスタイル」サービスへと移行することができます。

室内空気環境のグローバル リーダーである Airthings は、屋外環境データ (花粉や空気質) と接続された室内機器からのデータを組み合わせて、個人の真の建物内の環境に固有の空気質分析とインサイトを生み出す、購読ベースのクラウド プラットフォームを構築しています。

Airthings は、デバイスを年間契約で貸し出し、定期的な校正サービスを提供することで、単品購入の商品を年間収益源とするビジネスにも転換しています。

ユースケースの実例: 旅行とルート プランニング

スポーツやウェルネス事業者は、環境に関するインサイトを利用して、より健康的な旅行の選択肢や、ユーザーの環境の実際の変化 (特に山火事、花粉、大気質の悪い地域に関連) に基づいたルート変更の提案を提供する定額パッケージを提供することができます。

膨大なトレイル マップのデータベースを持つアウトドア アクティビティ アプリ「AllTrails」は、環境データを活用して機能を強化した有料プロ会員オプションを提供しており、トレイルマップを色分けされた大気質と花粉指数でオーバーレイすることにより、ルート計画段階でリスクをコンテキスト化しています。

リピート購入行動の促進、消費者直結型チャネルの構築

パーソナライズされた環境インサイトにより、これまでワンタイム トランザクション主導だったビジネスが、デバイスのオン/オフだけでなく、多収入源を創出することが可能になります。これにより、多段階のプレミアム サブスクリプションに基づく新たな定期収益モデルが可能になります。

コーヒーメーカーのサブスクリプション サービス モデルと同様に、室内空気清浄機ブランドは「メンテナンス」パッケージを開発し、システムの真の環境による暴露を監視して、清掃や適時のフィルター交換サービス、新しいユニットの購入の先取り通知、あるいは有料の自動再供給サービスなどを提供することができます。

また、定期的な服薬・補充時期の通知や自動補充サービスにより、患者のリピート購買を促し、ブランドに対する長期的なロイヤリティを高めることも可能です。

専門家は、このような消費者への直接アプローチによって、ヘルスケア市場に数十億ドルのビジネス チャンスが生まれると予測しています

広告ベースの新たな収益機会の創出 (オウンド型デジタル体験)

環境に関するヒートマップ ビジュアライゼーションをデジタル プラットフォームに統合することで、メディアや製品ブランドは、訪問者をリピーターにする魅力的なオンライン体験を開発することが可能になります。

天気予報と同じように定期的に更新される大気質、火災、花粉などの情報は、ユーザーを説得し、毎日チェックインする習慣を身につけさせます。これは、ユーザーの維持とブランド構築に有効であり、広告ベースの収益を長期的に劇的に増加させることができます。

WeatherBug のようなオンライン大気質・気象情報プロバイダーにとって、エンゲージメントとトラフィックの増加は、まさにこの方法で広告収入を得るためのより多くの機会を創出するものなのです。

日本の大手 OTC 医薬品メーカーである大正製薬は、パーソナライズされた花粉のインサイトを利用して、季節性アレルギーの患者がどこにいても現在と将来の花粉状況を把握できるような、新しいデジタル体験を Web プラットフォームで開始しました。

アップセルおよびクロスセルの可能性を向上

過去の環境に関するインサイトは、個人や特定の場所の暴露歴に基づいて、オファーの内容を調整することが可能になります。これは、追加商品や保護レベルの必要性を示すために利用できます。

健康保険や損害保険プロバイダーは、個人のリスクをより明確に把握することができ、影響の大きい地域における保護パッケージの必要性を強調することができます。

また、個人の暴露情報は、住所に基づいてカスタマイズされた空調の推奨事項を提供することにより、室内環境ブランドにとってアップセルの機会を生み出します。これは建物だけでなく、自動車業界のブランドにも適用され、車内保護の改善やよりクリーンなルート計画機能を提供できるようになりました。

環境に基づくコンテキスト依存型広告

製品ブランドは、異常気象や高汚染の発生時に製品の関連性を示すことができます。消費者は問題を感じながら解決策を探すので、このターゲット アプローチは無駄な広告費を削減し、売上を増加させます。

例えば、ティッシュの人気ブランドであるクリネックスは、アレルギーの季節の前と後にマーケティングを強化する必要があることを認知しています。

また、世界的な大手スキンケア企業のニュートロジーナは、環境に関するインサイトを活用し、地域の大気汚染の影響をその時々に最も影響を受ける人々に示すターゲット広告キャンペーンによって、4年間の売上減少を 11% 増しの成長に転換させることに成功した例もあります。

結論: 人々は健康と幸福を優先するパーソナライズされた体験に、より多くの投資をします。

顧客エンゲージメントの改善により、クロスセルの売上は 22%、アップセルの売上は 38% 増加できます。パーソナル ヘルスとカスタム製品体験がバイヤーの最優先事項になるにつれ、製品およびイノベーションを専門とする企業は、これらの新しい消費者の優先事項に対処し、収益を改善するために、自社のビジネスがどのように環境インサイトを活用できるかを検討する必要があります。

ミッション主導で健康志向の製品デザインの背後にある心理学についてもっと知りたい方は、空気清浄機メーカーである Onelife 社と共同で開催した、このテーマに関する専用ウェビナーを是非ご覧ください。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 1 月 16 日

Building a Successful Monetization Strategy with Environmental Data