AutoML(自動化された機械学習)ってなに?すぐにスタートできるデータ活用

AutoML (Automated Machine Learning、日本語訳: 自動化された機械学習) を使用することで、機械学習のための高度なモデル構築を自動化できるため、本来はデータ サイエンスの専門知識やプログラミング スキルが必要な工程を機械に任せ、誰でも簡単に機械学習を扱えるようになります。

データ分析の作業の流れ

ビジネスでデータ分析を活用するまでには様々な工程があります。データ サイエンティストには手持ちのデータを分析に使える形式に整えるデータ準備、モデルの構築、運用といった、高い専門性と時間や手間のかかる作業が求められます。

AutoML でデータ準備とモデル作成を自動化

これらの作業を自動化するのが、AutoML (自動化された機械学習) 機能です。データ サイエンティストに依存していた工程を自動化できることで、リソースが不足した組織でも効率的なデータ分析を可能にします。

分析したいデータを読み込み、AutoML のアイコンをドラッグアンドドロップで設定すれば、データ準備からモデル作成を自動で実行し、いくつかのアルゴリズムを検証、精度比較したうえで、最適なモデルを出力します。発生した作業と処理の履歴がきちんと残るので、後から修正も可能です。

数千、数万行のビッグデータにも対応しており、2 万行くらいのデータであれば数十秒であっという間に完了します!

AutoML がデータ サイエンティスト& DX 人材不足をサポート

どの業界においても DX 人材、データ サイエンティスト育成は急務とされています。データ サイエンティストの採用費、難易度は高くなっており、人材不足やスキル不足を補うツールとして AutoML は有効です。数時間ほどで使い方を把握できるので、新たに人材を採用、もしくは育成を考えている組織はぜひお試しください。もちろん、データ活用を本格的に行う方も時短ツールとしてぜひご活用ください。

参考:データ サイエンティスト不在でもビッグデータを活用したい!

Altair 製品では高度な機械学習と人工知能を備えたソリューションである Altair Knowledge Studio や先進的なセルフサービス型データ プレパレーション ソリューションである Mornach を提供しています。詳細はこちらから。

*本記事は、アルテアエンジニアリング株式会社のブログ投稿文を抜粋・転載したものです。