Barcode Xpress
バーコード認識ツールキット

 

画像ファイル内の 1次元/2次元バーコードを高速に検出/認識

製品概要

Barcode Xpress は、Code 39、Code 128、UPC、EAN (JAN) などの 1次元バーコードに加え、DataMatrix、QR コード、PDF417、Aztec などの 2次元バーコードをサポートします。プロフェッショナル仕様、大規模、自動アプリケーション向けに設計されています。Barcode Xpress は、ページ内の任意の場所にあるバーコードを検出し、解読、値を返し、認識の信頼精度をレポートします。

Barcode Xpress v12.0 リリース (2017年 2月 6日) 最新の評価版でお試しください。

◆ Barcode Xpress v12.0 の新機能、強化点の詳細は、こちら。

Linux 版 (C/C++ または Node.js) の発売 (2015年 8月 13日) により、Barcode Xpress は、現在、 Windows、Android、iOS、Linux オペレーティング システムに対応し、.NET/WPF、JAVA、C/C++、Objective-C をサポートします。

主な機能: 優れた、高速なバーコード読み取りと作成
インデックスおよびアーカイブに最適
対応する開発環境:

.NET 32/64ビット
ActiveX 32/64 ビット
Java
Java ME
Linux (C/C++)
Linux 64ビット(Node.js)
Android / iOS (Mobile)


開発ツールキット評価版の無料ダウンロード

JAN、QRコードなどのバーコード (JPG,GIF,TIF,BMP,PNG 他) を実際に読み込んで動作を確認できます。

サンプルのアプリケーション プロジェクトが含まれるので、Visual Studio の環境でビルドし、すぐに動作確認ができます。

  • Barcode Xpress を使用することでバーコード認識の精度を心配する必要がなくなります。アプリケーションにわずか数行のコードを追加するだけで、精度の高い 1次元または 2次元バーコードの認識機能を組み込むことができます。
  • Barcode Xpress は、1,000 ページ/分までスキャンし、各ページで複数のバーコードを検出し認識できます。
  • 36種類以上の 1次元および 2次元バーコードを検出、読み込み、作成が可能です。
  • バーコードの用途は、自動インデックシング、フォーム処理、在庫トラッキング、バッチ分離など、無限です。バーコードの利用方法に関わらず、Barcode Xpress は、それらのすべてを処理します。

オンライン デモでサンプル画像または、お客様ご自身のサンプル画像 (TIFF、JPG、BMP、PNG、GIF など) を読み込み、画像内のバーコードを認識できるかどうかを今すぐ確認できます。

Barcode Xpress は、スキャナー、複合機、FAX から取り込んだ画像を取り扱う配送システム、医用ドキュメント画像処理、自動インデックス システムを構築するための最適な開発ツールキットです。


Barcode Xpress を利用したアプリケーション例

自動インデックス ユーティリティ

バーコードでお客様の識別 ID を印刷した用紙をお客様に送付します。
戻ってきた用紙をスキャンし、バーコードとその他の情報をそのお客様の識別 ID でデータベースに取り込みます。

医療用自動インデックス

バーコードを直接患者の診療用紙 (カルテ) に追加し、あるいは印刷済みラベルシールを貼り、それをスキャンします。情報は自動インデックスされ、バーコードを利用したドキュメント リポジトリの患者ファイルに追加されます。

在庫トラッキング

バーコード ラベルの納品チケットまたは在庫アイテムを使用して、組み立てられた最終製品の在庫管理のトラッキングをする。これで在庫の数え間違えによる製品の不足や遅れがなくなります。


評価版には、Visual Studio 2010/2012/2013 ですぐにビルドできるサンプル プロジェクトが含まれています。


仕様

開発環境

.NET
Visual Studio 2010, 2012, 2013, 2015 および .NET 2.0, 3.0, 4.0。
C#, VB.NET用のサンプル

C/C++
C/C++ for 64-bit Linux

Node.js
for 64-bit Linux Node.js v4.0.0 またはそれ以降

ActiveX / COM
VB6, Visual C++ 用サンプル

Java
UNIX/Linux での Java 5.0/6 および 1.3/1.4

Java ME
Mobile Edition for CLDC および MIDP

含まれるコンポーネント

.NET および ActiveX Barcode Xpress 開発ツールキットには以下が含まれます:

  • Barcode Xpress v12
  • ImagXpress Standard v13
  • ThumbnailXpress v6
  • TwainPRO v9

注意:

Barcode Xpress .NET版は、32bit/64bit 対応ですが、ActiveX 版は、32 bit 版と 64 bit 版が別製品になります。32 bit および 64 bit環境で動作する場合は、ActiveX 32 bit版をご購入ください。ActiveX 64 bit 版は、64 bit 環境でのみ動作します。

 

必要システム

オペレーティング システム

Barcode Xpress は、32-bit または 64-bit Microsoft Windows オペレーティング システム上で動作します:   

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7    
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2

注意: 古いバージョンの Windows (例えば、Windows 95, Windows 98、Windows XP)上でも動作する可能性がありますが、サポートしておりません。

スレッディング

Accusoft は、このコンポーネントを使用するアプリケーションが、互いに干渉しない同じプロセスで実行されている複数のコントロールを使用できる場合に、スレッドセーフとみなします。コントロールを作成するスレッドは、そのコントロールを所有し、それと対話できる唯一のスレッドです。

 

オンライン ヘルプ

開発元のドキュメント ページから入手できます。

.NET ヘルプ ファイル
ActiveX ヘルプ ファイル

Linux ヘルプ ファイル

FAQ

.NET版とActiveX版:

QRコードの作成
4つのモード(数字、英数字、バイナリ、漢字)のすべてで、QRコード作成をサポートします。モード選択は最良の圧縮を提供するために自動的です。

GS1 Databar 認識
Barcode Xpress は、次の GS1 DataBar の変形を認識可能です:

  • GS1 DataBar Omnidirectional
  • GS1 DataBar Stacked
  • GS1 DataBar Stacked mnidirectional
  • GS1 DataBar Truncated
  • GS1 DataBar Limited
  • GS1 DataBar Expanded
  • GS1 DataBar Expanded Stacked

2次元バーコード

* 1D/2D エディションでのみ利用可能です。

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java Java ME
Aztec R    
DataMatrix R/W R R
Micro QR Code   R R
PDF417 R/W R R
QR Code R/W R R

1次元バーコード

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java Java ME
Add-2 および Add-5 R R
Airline 2 of 5 R
BCD Matrix R
Codabar (NW-7) R/W R
Code 11 R
Code 128 (A,B,C) R/W R R
Code 2 of 5 R
Code 32 R R
Code 39 R/W R
Code 39 Extended R/W
Code 93 R/W R
Code 93 Extended R/W
DataLogic 2 of 5 R
EAN 128 (GS1-128, UCC) R/W
EAN-13 (JAN-13) R/W R R
EAN-8 (JAN-8) R/W R
GS-1 Databar (RSS, RSS-14) R R R
Industrial 2 of 5 R/W
Interleaved 2 of 5 R/W R
Invert 2 of 5 R
ITF-14 / SCC-14 R R
Matrix 2 of 5 R
Patch Codes R/W R
Telepen R
UCC 128 R
UPC-A, UPC-E R/W R

Postal バーコード

* 1D/2D エディションでのみ利用可能です。

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java Java ME
Australia Post 4-State Code R R
Intelligent Mail (OneCode) R R
Royal Mail (RM4SCC) R R
Planet R
PostNet R R

機能

■ Barcode Xpress v12.0 の新機能は、こちらを参照ください

認識機能

  • 1次元および 2次元バーコードの検出、読み込み、書き込み
  • ページ内の任意の場所、任意の角度のバーコードをミリ秒単位で識別し、認識します
  • ほとんどの他のエンジンでできないバーコードも正確に解析
  • 検出したバーコードの信頼性値をレポート

画像サポート

  • 24 ビット カラー画像
  • 8 ビット グレースケール画像
  • 1 ビット白黒画像

サポートするバーコードのタイプ

  • 1次元バーコード

    その他、JANコードなど多数

  • 2次元バーコード

    その他、QRコードなど
  • Postal コード

    米国郵便コードなど
  • Patch コード

エディションの違い

利用するバーコードの種類、処理速度に応じた4つのエディションを用意しています:

  • 1D Standard - 1次元バーコードの読み込み/書き込み、40ページ/分までの速度制限; デスクトップまたは適度な量のアプリケーション向き
  • 1D Professional - 1次元バーコードの読み込み/書き込み、速度制限なし; プロセッサー性能を引き出せます; ハイエンド、処理量が多いアプリケーション向き
  • 1D/2D Standard - 1次元および 2次元バーコードの読み込み/書き込み、40ページ/分までの速度制限; デスクトップまたは適度な量のアプリケーション向き
  • 1D/2D Professional - 1次元および 2次元バーコードの読み込み/書き込み、速度制限なし; プロセッサー性能を引き出せます; ハイエンド、処理量が多いアプリケーション向き

ご注意:

評価版のアクティベート方法、エディションの変更方法は、こちら。処理量が多いアプリケーションでの利用を検討されている場合、Standard エディションの速度制限が許容される範囲かどうか、実際に評価版でご確認ください。

Barcode Xpress .NET版は、32bit/64bit 対応ですが、ActiveX 版は、32 bit 版と 64 bit 版が別製品になります。32 bit および 64 bit環境で動作する場合は、ActiveX 32 bit版をご購入ください。ActiveX 64 bit 版は、64 bit 環境でのみ動作します。


Barcode Xpress の新機能

 

Barcode Xpress v12.0 の新機能 (2017.2.6 リリース)

  • Code 128、Code 93、Data Matrix、QR Code、および GS1 DataBar バーコードにおいて、精度およびパフォーマンスが向上しました。
    (新しい革新的なアルゴリズムにより、QRコードの精度が大幅に向上)

  • パッケージング プロセスを簡素化する NuGet パッケージ を提供します。NuGet パッケージは、.NET Framework を使用する Visual Studio プロジェクトでライブラリーおよびツールの追加、削除、更新を簡単にします。

  • Visual Studio 2015 サポート

 


Barcode Xpress バージョン履歴

Barcode Xpress v11.0 の新機能 (2016.2.6 リリース)

  • 各種 1D バーコードのグレースケール (8bpp) 検出
  • サポートする 2D バーコード用に行、カラム情報をレポート
  • 2D バーコード用にエラー修正レベルをレポート

終了する API プロパティ:

- Result class - BarcodeData プロパティは終了しました。代わりに BarcodeDataAsByte プロパティを使用してください。
- BarcodeXpress class - ErrorLevel プロパティは終了しました。代わりに DebugErrorLevel プロパティを使用してください。
- OrientationInfo Enumeration - AllOrientations は終了しました。代わりに HorizontalVertical を使用してください。

v11.0 での改良点および修正点

- 1次元バーコードの読み取り時の精度が向上しました。
- PDF417 バーコードの読み取り精度と速度が速くなりました。
- QR コードの精度が向上しました。
- DataMatrix バーコードの精度が向上しました。
- MaximumBarcodes を 1 に設定したときの問題が修正されました。
- QR コードの ModeTransitions enum 不一致が修正されました。


Barcode Xpress v10.1 の新機能 (2015.6.12 リリース)

次のバーコードの精度およびパフォーマンスが向上しました。

  • PDF417
  • QR コード
  • Datamatrix
  • Aztec

Code93 バーコードのエラー修正が向上しました。

その他、不具合が修正されました。


Barcode Xpress v10.0 の新機能 (2014.9.18 リリース)

速度の改良

  • QR、Data Matrix、PDF417 バーコードの読み取り速度が速くなりました。

精度の向上

  • ID カードで使用される PDF417 コードの精度が大幅に向上しました。
  • QR コード、Data Matrix および 1次元バーコードの精度が向上しました。

QR コードのアップデート

  • 漢字フォントの存在、あるいはエンコードがバイナリまたは英数字かどうかなどの QR コードでのエンコード情報の識別と解釈の機能

最小サイズ機能

  • patch code を読み取るとき、失敗を防ぐため最小サイズ機能を追加

デモ・サンプル

オンライン デモ

[デモを試す!]ボタンをクリックして、お客様の実際の画像をアップロードし、Barcode Xpress の動作を見ることができます。

ブラウザ内でバーコードを読み込みます!
このオンライン デモは、Barcode Xpress .NET とImageGear コンポーネントを画像のアップロードと結果の表示のためバックエンドで利用しています。デモは、.TIF、.JPG、.BMP、.PNG、.GIFを開き、IE、Firefox、Chrome をサポートしています。

デモの操作方法:
Step 1 でサンプル画像を選択または画像をアップロード。
Step 2 で認識するバーコードの種類を選択。
Step 3 の[recognize barcodes(バーコードを認識)]ボタンをクリック。
認識結果が右側のウィンドウに表示されます。1つの画像内の複数のバーコードを一度に検出できます。

この .NET デモは、ActiveX エディションの認識率と同じです。

  • 画像の表示と異なる画像形式への保存。
  • スタンプ、図形、線、ハイライトなどのアノテーションをあなたの画像に追加。
  • カラー調整、エンハンスメント、特殊効果などのさまざまな画像処理操作を実施。
  • スキャンしたドキュメント画像のデスキュー(傾き補正)、斑点除去、境界線除去などのクリーンアップと補正。
  • ハイスピード ISIS および TWAIN スキャンの実行。

Java サンプル アプリケーション

サンプルのアプリケーションでお客様のバーコードをテストできます。

Java 1.3/1.4 ( download .ZIP , 413 KB)

.jpg, .gif および .png 画像から読み取ります。 (デモの制限があります。SDK を使用すると、.tif と .bmp を追加できます。)

Java 1.5+ ( download .ZIP , 417 KB)

.jpg, .gif および .png 画像から読み取ります。 (デモの制限があります。SDK を使用すると、.tif を追加できます。)

Java ME ( download .ZIP , 278 KB)

CLDC/MIDP MIDLet* と Blackberry CLDC アプリケーションの両方を含みます。
*MIDlet BarJmeDemo のデモは、Java ME File Connection Optional Package (JSR 75) が必要です。

サンプル コード

SDK に含まれるオンラインヘルプ (Webからもヘルプは入手可能です) は、いくつかの共通タスク用のコードを表示します。Barcode Xpress を簡単に利用する方法を紹介します。

Active X

.NET

これらのサンプルはすべて SDK をダウンロードしたときに提供されます。(C#, C++, および VB.NET 用の VS2005, VS2008, VS2010 の .sln ファイルを含む)

Active X

  • VB6: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法
  • Visual C++: バーコードの読み込み方法
.NET
  • C#: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法
  • VB.NET: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法

ビデオ チュートリアル

ImageGear Barcode アプリケーション
(2分 12秒)


アプリケーションでバーコードの読み取りを簡単に開始できる方法をご覧になれます。 この短いチュートリアルでは、ImageGear でドキュメント表示用アプリケーションをビルドし、バーコード読み取りを追加します。

ホワイトペーパー

さらにアイデアまたはコード スニペットを探していますか?

How to Build a Powerful Document Imaging Workflow
製品に関するお問合せは、弊社営業までお問合せください。