ImageGear for Java PDF

Java アプリに PDF 機能を追加する SDK

製品概要

Java アプリケーションから PDF ページの作成、追加、操作、保存することができます。

Java 開発者は、Java ソリューションを開発するために、PDF の詳細を理解する必要がなく、数千行のコードをテストする必要もなく、Java ベースのアプリケーションに PDF 機能を追加できます。

この SDK は、ImageGear for Java の補完製品です。

アプリケーションに PDF 作成機能を追加するために ImageGear for Java PDF を使用する理由

画像ファイルのサポートと画像処理をする ImageGear for Java と直接統合できます。

  • PDF サポートを追加するときの工数を短縮します。
  • 画像のサイズ、解像度を操作する機能。
  • 画像を正しく処理:
    • 任意のアスペクト比 (例. fax 画像)
    • 異なる色空間 (例. RGB だけでなく、CMYK JPG、CMYK TIFF 画像の読み込み)
    • アルファ レイヤーおよび透過性 (例. PNG)
主な機能: PDF 作成、追加、操作、保存
対応する開発環境: Java
x86-64
JRE 1.6.0.23 またはそれ以降
Linux (64ビット)

仕様

開発環境

Linux (64-bit):

  • x86-64 アーキテクチャー
  • Java ランタイム環境: Oracle JavaSE 1.6.0.23 またはそれ以降 (License manager および Server License Utility の実行に必要です)

サンプルコード

ImageGear for Java PDF には、以下のサンプルコードが付属しています:

  • RenderSample : PDF ドキュメントを開いて画像に描画
  • OpenSaveSample : PDF ドキュメントを開いて保存
  • AddImageSample : PDF ドキュメントの 1ページに 画像を追加
  • ImageToPDFSample : 画像から PDF ドキュメントを作成
  • IGJavaInteroperabilitySample : ImageGear for Java と ImageGear for Java PDF ライブラリを統合。このサンプルを実行するには、ImageGera for Java のインストールが必要です。

オンライン ヘルプ

機能

ImageGear for Java PDF の開発ライセンス (SDK) には、迅速に PDF 機能を Java アプリケーションに追加することを可能にするサンプルのセットと詳細なドキュメントが付属しています。機能追加され、リリースされた時に、この SDK の機能リストは、定期的に更新されます。

作成

画像から新しい PDF を作成します。空白の PDF を作成するか、既存の PDF を開きます。スキャンされたドキュメント ページを PDF に簡単に変換します。


描画

単一ページまたは複数ページの PDF を画像に描画します。例えば、Web ブラウザーを介して PDF を閲覧することができるアプリケーションを作成します。


画像の追加と操作

画像を任意の PDF ページに追加します。画像のサイズと解像度を操作します。任意のアスペクト比で画像 (例、fax 画像) を正しく処理します。異なる色空間の画像を正しく処理します(例、RGB だけでなく、CMYK JPG、CMYK TIFF 画像)。アルファ レイヤーと透過性を正しく処理します(例、PNG)。ImageGear for Java PDF は、画像ファイルのサポートと画像処理を提供する ImageGear for Java に直接統合できます。


保存

新規または修正した PDF を標準準拠の PDF ファイルに保存します。