MICR Xpress


画像から MICR を簡単に読み取る

画像から MICR を簡単に読み取り、小切手やその他の文書の処理とクリアを容易にします

製品概要

小切手およびその他の文書で見つかった MICR コンテンツをデコードします。

Accusoft の堅牢な MICR テクノロジーにより、開発者は画像内の MICR E-13B 文字を認識し、14 ISO 標準MICR E-13B フォント文字を認識し、小切手やその他の文書にある MICR コンテンツをデコードできます。 SDKを使用すると、ゾーンの定義、認識、画像のクリーンアップ、高度な 2 値化、および信頼値を返すことが可能になります。

MICR、または磁気インク文字認識は、銀行業界、IRS、および大企業が小切手の処理と整理を容易にするために使用する文字認識技術です。 MICR 行は小切手の下部にあり、通常、ドキュメント タイプ インジケータ、銀行コード、銀行口座番号、小切手番号、金額、および制御インジケータが含まれています。

 

 

主な機能: MICR 認識
対応する開発環境: Windows
(.NET および ActiveX32)

仕様

テクニカルな仕様は、開発者にフレームワーク オプション、互換性のあるプログラミング環境、サンプルコード、利用可能な現行のビルド バージョンの情報を提供します。

オペレーティング システム

MICR Xpress (.NET)

オペレレーティング システム

MICR Xpress は下記のオペレーティング システム上で実行します。

  • Windows 2000
  • Windows XP, XP Professional
  • Windows Vista
  • Windows Server 2000
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • Windows 7

MICR Xpress は、64ビット、32ビットおよび AnyCPU でコンパイルされた実行可能ファイルで実行されます。

開発環境

MICR Xpress は、下記の環境をサポートします。

  • Microsoft .NET Framework 2.0, 3.0, 3.5
  • Microsoft Visual Studio 2005
  • Microsoft Visual Studio 2008

 

MICR Xpress (ActiveX)

オペレーティング システム

MICR Xpress は下記の 32ビット オペレーティング システム上で動作します。

  • Windows 2000
  • Windows XP, XP Professional
  • Windows Vista
  • Windows Server 2000
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • Windows 7

32 ビットおよび 64 ビットプロセッサー上の 32 ビット Windows バージョンで動作します。 64 ビット XP、Vista、Windows 2000 Server、2003 Server、Windows Server 2008、および Windows 7 上で実行される32ビット実行可能ファイルで実行されます。

サポートされる開発環境

MICR Xpress は、下記の環境をサポートします。

  • Visual Studio 6
  • Visual Studio 2005
  • Visual Studio 2008


オンラインヘルプ

 MICR Xpress (.NET)

 MICR Xpress (ActiveX)

機能

MICR Xpress の機能の完全なリストは、リリース時に定期的に更新されます。

MICR Xpress 機能

解析

  • MICR コンテンツを検索するために画像のゾーンを設定します。
  • MICR 行をフィールドに解析します。
  • ASC X9, Inc. によって定義されたフィールドに解析します。

信頼値

  • 信頼値を持つ代替文字を返します。
  • 構成可能な最小許容信頼度をサポート。
  • 構成可能な拒否文字をサポート

多彩な機能

  • 白黒、グレースケール、カラー画像をサポート。
  • デスキュー、デスペックル、境界線の切り取り、回転。