よくある質問とその回答 (FAQ)

ここでは、ActivePDF 製品の購入時によくある質問にお答えしています。どの製品を選択して良いか分からない。製品が希望する要件に合うか分からない。そんな時は、 弊社営業部までお気軽にご相談ください。


  COM オブジェクトで、既存のプログラムから PDF を生成できますか?

Microsoft Office 文書などから PDF を作成する機能が必要な場合は、ActivePDF DocConverter をおすすめします。 新規に PDF を作成したり、既存の PDF を編集する機能が必要な場合は、ActivePDF Toolkit をおすすめします。


  サーバー上で、Microsoft Office 文書を PDF へ変換できますか?

ActivePDF DocConverter を使用すると Office 文書を指定フォルダ (監視フォルダ) にドラッグ&ドロップするだけで、PDF への変換が可能になります。


  既存の PDF に透かしを入れたり、複数のファイルを結合できますか?

ActivePDF Toolkit で可能です。


  既存の PDF に閲覧者による印刷不可、編集不可などのセキュリティを追加できますか?

ActivePDF Toolkit で可能です。


  Office 文書から PDF を作成する際に、閲覧者による印刷不可、編集不可などセキュリティを追加できますか

ActivePDF Server および DocConverter では、出力する PDF へセキュリティを追加することができます。


  データベースのデータを PDF に埋め込むことはできますか?

ActivePDF Toolkit で可能です。


  ActivePDF Server を使用するには、サーバーへ Microsoft Office のインストールが必要ですか?

はい。ActivePDF Server を使用して、Microsoft Office 製品のファイルを PDF に変換する場合、ActivePDF Server をインストールするシステムに Microsoft Office がインストールされている必要があります。本製品は、変換元のドキュメントを表示するための実際のアプリケーションのパーサーを使用して変換を行う為です。


  ActivePDF DocConverter を使用するには、サーバーへ Microsoft Office のインストールが必要ですか?

はい。ActivePDF DocConverter を使用して、Microsoft Office 製品のファイルを PDF に変換する場合、ActivePDF DocConverter をインストールするシステムに Microsoft Office がインストールされている必要があります。本製品は、Microsoft Office のエクスポート機能を使用して変換を行う為です。


  ActivePDF Server、DocConverter、Toolkit の購入を検討しています。

上記 3 製品が含まれた ActivePDF Portfolio をおすすめします。Portfolio には、ActivePDF Server、DocConverter、WebGrabber、Toolkit が含まれています。


  ActivePDF 製品は 64bit OS に対応していますか?

はい。ActivePDF Server 2009 以降、DocConverter 2009 以降、WebGrabbe 2009 以降、Toolkit 2011 以降のバージョンは、64bit OS に対応しています。


  ActivePDF 製品は Citrix 環境に対応していますか?

大変申し訳ございませんが、現在リリースされている ActivePDF 製品は、Citrix、メタフレーム環境での動作を正式にサポートしておりません。


  ActivePDF Server と DocConverter の違いはなんですか?

ActivePDF Server および DocConverter ともに、さまざまな文書を PDF へ変換することが可能です。ActivePDF Server では、変換の対象となる文書を開いて、印刷を行う処理のプログラム コードを独自に作成頂く必要があります。DocConverter では、Microsoft Office 文書など 280 以上のファイル形式をサポートするプログラムが予め用意されているため、DocConverter がサポートしているファイル形式であれば、1 つのメソッドをコールするだけで PDF へ変換することができるため、変換の対象となるファイル形式ごとにプログラムを作成する必要はありません。

より柔軟性のあるプログラムが必要な場合は、ActivePDF Server、より簡単なプログラムが必要な場合は、DocConverter をお薦めします。


  PDF ファイルをウェブ ブラウザから表示できる製品はありますか?

サーバーでホスティングする ActivePDF Reaer Plus を利用することで、標準的なウェブブラウザから PDF を表示でき、また直接コメント、フォームフィールド、しおりなどを追加することが可能です。ウェブブラウザから PDF を表示できるため、iPad やスマートフォンなどのモバイル デバイスからも PDF の表示・編集が可能です。Adobe Reader や Flash、ActiveX コントロールのようなクライアント サイドのソフトウェアは不要です。


  ネットワーク PDF ドライバーはありますか?

ActivePDF Meridian は、ネットワーク プリンタとして PDF への変換機能を提供しています。ActivePDF Meridian をサーバーにインストールし、クライアント マシンに ActivePDF Meridian のプリンタ ドライバ をインストールすれば、クライアント マシンのアプリケーションから対象のファイルを PDF へ変換することが可能です。


  ActivePDF 社製品のサポートする PDF バージョンを教えてください。

各製品のサポートする PDF バージョンは、ActivePDF 社のナレッジベースをご確認ください。

  ActivePDF Support for PDF Versions, PDF/A, and Encryption (英語)


  現在製品サポートが有効な製品を教えてください。

現在製品サポートが有効な製品については、ActivePDF 社の「End of Life Policy」のページをご確認ください。

  ActivePDF End of Life Policy (英語)


  クラウドを利用して、PDF の変換サービス、編集サービスを検討しています。必要なライセンスを教えてください。

有償・無償を問わず、本製品を使用したサービスをライセンス保持者以外の第三者に提供する場合、SaaS ライセンスが必要となります。詳細は 弊社営業部までお問い合わせください。


  サーバー ライセンスとは CPU 数に関係ありますか?

ActivePDF 製品のライセンスは、CPU 数には関係ありません。


  1 台のサーバー内で複数の仮想 OS での利用を考えています。ライセンスはいくつ必要ですか?

仮想 OS に本製品をインストールされる場合は、仮想 OS 毎にライセンスが必要となります。例えば、1 台のサーバー内の 3 つの仮想 OS 環境で製品を使用する場合は、3 ライセンスが必要となります。


  スタンバイ用のシステムにもライセンスが必要ですか?

はい。ActivePDF 製品は、インストールする台数分のライセンスが必要で、待機用として、スタンバイ状態にある場合でもライセンスが必要になります。


  開発ライセンスはありますか?

はい。ActivePDF の製品には開発ライセンスが用意されています。複数の開発者でアプリケーションを開発する場合などにご利用ください。開発ライセンスの購入には、製品ライセンスが必要になります。各製品の開発ライセンスの価格については、 弊社営業部までお問い合わせください。


  製品ライセンスのみ購入しようと思います。メンテナンス&サポートプランは必要ですか?

製品ライセンスのみの購入は可能ですが、メンテナンス&サポート プランを購入いただいた場合、期間内のバージョンアップとメールベースでのテクニカル サポート サービスをご利用いただけます。マシンの移行時にライセンスの解除ができない場合の強制解除も提供範囲となります。

万が一、ライセンス解除時に問題があり、ライセンスが解除できない場合は、メンテナンス&サポートプランが有効であれば、開発元でライセンスの強制解除が行われます。メンテナンス&サポートプランが有効で無い場合は、解除ができませんので、ぜひ、メンテナンス&サポート プラン付をご検討ください。


  メンテナンスには何が含まれていますか?

メンテナンスには、1 年間の無償アップグレード、およびテクニカル サポートが含まれております。メンテナンスの期間が切れてしまうと、これらのサービスを受けるには、製品の新規価格でのご購入が必要になります。

※ 製品のアクティベーションおよびアクティベーション解除 (ディアクティベーション) に関するサポートにも有効な年間メンテナンス&サポートプランが必要です。

また、弊社より製品をご購入いただいたお客様に限り、メンテナンスの有効期間内は、日本語でのテクニカル サポートを提供しております。


  2 年目以降のメンテナンスの更新は必須ですか?

メンテナンスの更新は任意となりますが、開発元では更新を強く推奨しております。一度、メンテナンスが失効してしまうと、更新を行う事ができませんのでご注意ください。メンテナンス更新に関するお問い合わせは、 弊社営業部までお問い合わせください。


  複数のライセンスがあります。全てのライセンスに対してメンテナンスの更新が必要ですか?

メンテナンスの更新は任意ですが、複数のライセンスを保持している場合にメンテナンスを更新する際には、保持している全てのライセンスに対してメンテナンスの更新が必要となります。全てのライセンスに対して、更新いただけない場合は、メンテナンスに含まれるサービスをご提供できない場合がございます。


  自社で開発したアプリケーションに ActivePDF の機能を追加して販売することはできますか?

OEM のライセンスをご用意しております。詳細は 弊社営業部までお問い合わせください。


  旧バージョンを購入することはできますか?

誠に申し訳ございませんが、旧バージョンの販売は新バージョンの発売と同時に終息となります。最新版をご購入ください。


  製品ライセンスの登録に必要なインターネット接続がありません。

製品ライセンスの登録はオンライン、Web ベース、または Eメールで可能です。また、インターネット接続の無いマシン用のアクティベーション キーを自動で発行することもできます。


  製品を別の PC へ移行する際の手順を教えてください。

製品登録の済んだ製品を別の PC へ移行する場合、製品登録済みの PC から登録を解除する必要があります。ライセンスの移行方法は『License Manager 使用ガイド』をご参照ください。製品のアクティベーション関する詳細は こちらのページをご参照ください。


  製品のアクティベーション / アクティベーション解除に失敗してしまいます。

製品のアクティベーション方法およびアクティベーションの解除方法については、『License Manager 使用ガイド』をご参照ください。製品のアクティベーション関する詳細は こちらのページをご参照ください。

製品のアクティベーションまたはアクティベーションの解除に失敗してしまう場合は、開発元へライセンス サーバーでの手動解除の依頼を行う必要があります。依頼を行うには有効なメンテナンスが必要になります。また、この作業にはご依頼いただいてから数日かかる場合があります。予めご了承ください。


  旧バージョンのシリアル番号を新しいバージョンで使用できますか?

製品のバージョンによりシリアル番号のフォーマットが異なります。新バージョンでは、旧バージョンのシリアル番号は使用できません。製品バージョンとシリアル番号のフォーマットについては こちらのページをご参照ください。


  バージョン 2009 は、過去のバージョンとの互換性はありますか?

新しいバージョンの ActivePDF DocConverter および WebGrabber では、ActivePDF Server のインストールが不要となり、単体での動作が可能となりました。新しいバージョンでは、Server のメソッド、プロパティを DocConverter および WebGrabber での対応するメソッド、プロパティへ変更する必要があります。詳細については、各製品の移行ガイドをご参照ください。

  日本語環境での既知の問題について教えてください。

ActivePDF 製品の日本語環境での既知の問題については、 こちらをご参照ください。

ページトップへ