ライセンス、開発環境などでよくある質問


LightningChart SDK のライセンスや開発環境についてよく寄せられる質問です。

  • LightningChart SDK でサポートされる環境については、システム要件をご確認ください。

LightningChart API を直接プログラミングする開発者全員にライセンスが必要です。詳細は、LightningChart SDK の End-User License Agreement (使用許諾契約) をご覧ください。

チャート開発者 (ライセンス保持者) は、デプロイメント キーを生成して、プロジェクトのソース コードにデプロイメント キーを割り当てることができます。チャート開発者でない場合、Visual Studio [デザイナー] でチャートを表示できません。デバッガーを接続してアプリケーションを実行する場合、低性能モード (毎秒約 1 フレーム) でチャートが表示され、nag メッセージが表示されます。Visual Studio [デザイナー] 内での開発またはデバッグ実行中に無制限の使用が必要な場合、開発者ライセンスが必要です。

または、フローティング ライセンスの取得を検討することもできます。

フローティング ライセンスの詳細は、こちらからお問い合わせください。

はい。開発されたソフトウェアとともに、LightningChart SDK のコンポーネントを無償で配布できます。

ライセンスには次の項目が含まれます。

  1. ライセンス キー
  2. アップデートおよびテクニカル サポート

新規購入時のサブスクリプション期間が過ぎた場合、ライセンスとデプロイ済みのすべてのアプリケーションは継続的に動作します。期間内に入手した最新バージョンの LightningChart SDK を使用して開発を続けることができます。

サブスクリプション期間が過ぎた場合、テクニカル サポート、アップデート、および修正プログラムの提供を受けることはできません。これらのサービスは、サブスクリプションの更新により延長できます。

サブスクリプションの期限失効後 3 か月以内であれば、更新割引価格でご購入いただけます。失効後 3 か月を過ぎた場合、新規としてご購入いただく必要がありますのでご了承ください。また、サブスクリプションを更新する場合、更新後のサブスクリプション期間は、更新前のサブスクリプション最終日から延長されます。

サブスクリプションの詳細は、価格ページをご覧ください。

特別な機能の追加を希望する場合は、お問い合わせください。

いいえ、LightningChart SDK は信号の品質に妥協しないため、そのような技は使用されません。すべてのデータは指定の系列に格納されるため、拡大すると、高精度かつ高品質なデータが実際に表示されていることが分かります。

LightningChart SDK の性能に関する詳細は、リソース ページの性能紹介をご覧ください。

最新の LightningChart SDK v.8 より、機能を別途で購入、またはいくつかの機能を組み合わせたお手頃価格のパッケージとして購入できます。製品の購入オプションは、価格ページをご確認ください。

LightningChart SDK は、努力、ベンチマーク、およびさまざまな技術の活用によって成り立っています。例えば、Arction 社では 最も効率的なエリアに対して Direct3D、カスタマイズされた Intel Math Kernel、HLSL の頂点、およびピクセル シェーダーを使用しています。

  • 作業時間とコストを大幅に削減できます。LightningChart SDK は、Arction 社によって 10 年間開発が進められてきました。
  • 数年先ではなく、年内にアプリケーションを配布できます。
  • LightningChart SDK は、個人では達成することが難しい性能を提供します。
  • 異なるレベルの GPU やプロパティを使用して、DirectX との絡み合いを防ぎます。
  • Intel Math Kernel との絡み合いを防ぎます。これらはすべて LightningChart SDK によって調整されています。

はい。LightningChart SDK は Windows のハンドル管理をサポートし、C++/CLI コードでオブジェクトを完全にコントロールできます。ユーザー マニュアルの手順をご確認ください。

アプリケーションをでデプロイする際、デプロイメント キーを設定する必要があります。デプロイメント キーの設定方法は、スタート ガイドの [ライセンスの管理] の手順を参照してください。

アプリで Arction.DirectXFiles.dll がデプロイされたことを確認してください。LightningChart SDK は、システムに正しい DirectX dll ファイルがインストールされているかを確認します。正しいファイルがインストールされていない場合、初めてファイルを使用する必要がある際に Arction.DirectXFiles.dll から読み取り、将来の使用に向けてキャッシュします。

LightningChart が作成される際、いくつかの WPF ライブラリを読み込みます。アプリケーションの DPI 認識は WPF のデフォルトであるシステム認識に自動で変更され、DPI-PX 因子は Windows 設定において定義された数値に変更されます。この影響により、以下の警告が表示されることがあります。

DPI awareness of the application has changed and thus the rendering device needs to be recreated. To prevent this form happening on LightningChartUltimate load time on WinForms application please define applications DPI awareness prior using LightningChartUltimate. See Arction support forums for more information.

上記を回避するには、アプリケーションの DPI 認識を定義し、WPF ライブラリのデフォルト設定がアプリケーションに影響を及ぼさないようにする必要があります。DPI 認識は、システム認識またはモニターごとの認識のどちらかに定義する必要はなく、Windows Forms のデフォルトである認識なしとしても定義できることにご留意ください。

DPI 認識を定義する最も簡単な方法は、アプリケーションのマニュフェスト内で dpiAware に任意の値を設定する方法です。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<asmv1:assembly manifestVersion="1.0" xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" a xmlns:asmv3="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3">
<xmlns:asmv3="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3">
<assemblyIdentity version="1.0.0.0" name="MyApplication.app"/>
  <asmv3:application>
    <asmv3:windowsSettings xmlns="http://schemas.microsoft.com/SMI/2005/WindowsSettings">
      <dpiAware>true/pm</dpiAware>
    </asmv3:windowsSettings>
  </asmv3:application>
</asmv1:assembly>
          

ページ トップへ