DS-5 Development Studio Professional Edition

DS-5 は、システム上で最も重要なソフトウェアが効率的かつ確実に動作するためのコアとなるツールのセットを提供します。

DS-5 Development Studio は、エディタ、コンパイラ、デバッガ、およびシステム プロファイラを搭載したあらゆる Arm® ベースの SoC の組み込み式 C/C++ ソフトウェア開発向けのツール スイートです。

DS-5 の使用開始

最新情報

2018 年 6 月 29 日:DS-5 最新バージョン 5.29 リリース (新機能はこちら)


DS-5 によるシステムの立ち上げ

Arm® プロセッサ、CoreSight のインフラストラクチャ、およびデバッグ ハードウェアとともに設計された DS-5 は、デバッグ接続を要約する役に立ち、40 を超える半導体パートナーや OEM から、デバイスへ設定済みのデバッグ接続を提供します。

新しいデバイスでは、DS-5 はシステムオンチップのインフラストラクチャを自動検出し、コアおよびトレース マクロセルを特定して、デバッグ接続をより簡単に設定できます。

Streamline パフォーマンス アナライザを使用してシステムの最適化を実現し、基盤となるハードウェアをソフトウェアが最大限に活用することを保証します。

※ 動画右下にある アイコンをクリックし、[字幕] から [日本語] を選択することで、日本語字幕付きでご覧いただけます。

DS-5 の機能

DS-5 Development Studio は、Arm® ベースの SoC 向けのソフトウェア開発ツール セットで、コンパイラ、シミュレータ、デバッガ、およびパフォーマンス アナライザが含まれます。

コンパイラ

Arm® Compiler は、Arm 社により最新の LLVM フレームワークを基にプロセッサおよびアーキテクチャ プロジェクトと綿密に連携して開発され、新しいハードウェア機能を最大限に活用します。Arm® Compiler 6 は、業界標準である Arm 社の C/C++ コンパイル ツールの最も効率化な最新バージョンです。

Arm® Compiler は、Arm®v6-M から 64-bit 版 Armv8-A におけるすべての Arm® Cortex® プロセッサとアーキテクチャ向けにコード生成の最適化をサポートし、Arm® ベースのプロセッサの最高の機能を最大限に活用する効率性に特化した製品の開発を実現します。

Arm の品質保証に加え、安全認証、および長期メンテナンスを提供します。

詳細はこちら »

シミュレータ

Fixed Virtual Platforms (FVP、固定仮想プラットフォーム) は、プロセッサ、メモリ、および周辺機器を含む Arm® システムの完全なシミュレーションを提供します。対象のハードウェアがなくても、ベアメタルのコーディング、ソフトウェアの先行開発や自動テストを可能にします。これにより、実際のデバイスでソフトウェアがどのように実行されるのか確認できます。

詳細はこちら »

デバッガ

DS-5 Debugger は、Arm® プロセッサベースのターゲットおよび Fixed Virtual Platforms (FVP) ターゲット上のソフトウェア開発をサポートするグラフィカル デバッガです。同期されたソースとディスアセンブル、コール スタック、メモリ、レジスタ、式、変数、スレッド、ブレークポイント、およびトレースなどの包括的かつ直感的なビューにより、ベアメタルや Linux アプリケーションを簡単にデバッグできます。

弊社では、あらゆる Arm® プロセッサベースのハードウェア ターゲットにおける強力なソフトウェアのデバッグと最適化を実現する高性能なデバッグ トレース ユニットを備えた DSTREAM と DSTERAM-ST も販売しています。

詳細はこちら »

パフォーマンス アナライザ

Streamline パフォーマンス アナライザは、システム全体をプロファイリングし、個々のソース コードまでアプリケーションを最適化して、パフォーマンスや消費電力を視覚的に解析します。タイムライン ビュー、コールパス ビュー、関数ビュー、コード ビュー、ログ ビューなどの機能を提供します。

これまで以上の OpenCL のサポートにより、ハイエンドの Mali GPU から ARMv8 アプリケーションのプロセッサまで、システム全体でリソースのバランスが均一であることを保証し、ARMv8 アーキテクチャのスピードと Arm® Compiler 6 を最大限に活用します。

詳細はこちら »


新しい技術

DS-5 は、最先端の Arm 製品と技術をサポートしています。

最も早い段階でアーキテクト、エンジニア、およびリード パートナーと協力することで、デザイン プロセスに合ったソフトウェア ツールを提供します。大企業または小規模チームに関係なく、あらゆるプロジェクトに DS-5 を活用できます。

Armv8

Juno 開発プラットフォーム および Armv8 FVP を含む Armv8 のサポート

LLVM

DS-5 Professional および Ultimate Edition に含まれる LLVM ベースの Arm® Compiler 6

CoreSight

カスタム SoC でシステム構成を簡素化する抽象レイヤを備えた高度なデバッグとトレース

big.LITTLE

単一のコア デバイスのデバッグにおける簡易性を備えた big.LITTLE システムのデバッグとプロファイル。

コード

Eclipse 上にビルドされ、直感的にソース コードを編集、プロジェクトおよびバージョンを管理できます。

Eclipse CDT およびプロジェクト管理 »

ビルド

Arm® Compiler 5、Arm® Compiler 6、および Linaro GCC は、あらゆるプロジェクト向けのツールチェーンを提供します。

コンパイル ツールチェーンのサポート »

デバッグ

DS-5 Debugger は、ベアメタルから Linux や Android まで、Arm システムにかつてない洞察を提供します。

DS-5 Debugger および CoreSight トレース技術 »

最適化

Streamline パフォーマンス アナライザでシステムをチューニングして、プロジェクトを通してエネルギーを効率化します。

Streamline パフォーマンス アナライザ »

センサーからサーバーへ

DS-5 でデバイスをより早く市場へ。

Fixed Virtual Platform やプロファイリング ツールへのアクセスを提供することで、デバイスの開発方法を変えます。開発期間を月単位で短縮し、最初から効率的なソフトウェアを提供します。


Arm® DS-5 Development Studio のシステム要件

以下のシステムの仕様は、DS-5 Development Studio バージョン 5.28 をインストールおよび実行する際に必要です。
旧バージョンのシステム要件は、 リリースノートおよび変更履歴を参照してください。


開発環境のシステム要件

プロセッサ デュアル コア 2 GHz プロセッサ (またはそれと同等)
メモリ 4 GB の RAM*
空きハードディスク容量 ~4 GB

*大きなイメージをデバッグする際、またはシミュレーション モデルを使用する際のパフォーマンスを向上するため、4 GB 以上の RAM を推奨します。


ホスト オペレーティング システム

DS-5 は、以下のホスト オペレーティング システムおよびサービス パックでサポートされています。

Windows 10
Windows 7 Professional Service Pack 1
Windows 7 Enterprise Service Pack 1
Red Hat Enterprise Linux 7 Workstation
Red Hat Enterprise Linux 6 Workstation
Ubuntu Desktop Edition 16.04 LTS
Ubuntu Desktop Edition 14.04 LTS

注意
  • 32-bit 版のホスト プラットフォームのサポートは、DS-5 バージョン 5.27 より削除されました。
  • DS-5 Ultimate Edition は、現在 64-bit 版 x86 のホスト プラットフォームでのみサポートされています。

Arm® Compiler のツールチェーンは以下のホスト プラットフォームでサポートされています。

64-bit 版 Windows 8.1 (Arm® Compiler 5 および 6 のツールチェーンのみ)
64-bit 版 Windows Server 2012 (Arm® Compiler 5 および 6 のツールチェーンのみ)

注意
  • Arm® Compiler 6 の 32-bit 版をインストールする場合、Arm® Compiler のダウンロード ページから、 DS-5 に新たなツールチェーンとして追加してください
  • Windows オペレーション システムの場合、DS-5 と Arm® Compiler のツールチェーンで Universal C Runtime (CRT) のインストールが必要です。Universal CRT は、Windows 10 に含まれる Windows オペレーション システムのコンポーネントです。Windows 10 以前のバージョンの場合、Windows Update から入手可能です。こちらから手動でアップデートをダウンロードできます。

デバッグ

Linux アプリケーションのデバッグでは、ターゲット上に gdbserver が必要です。gdbserver バージョン 7.0 以降を推奨します。DS-5 Debugger は、 gdbserver バージョン 6.8 以前では、信頼性の高いマルチスレッドのデバッグ サポートを提供できません。

Linux アプリケーションのデバッグをサポートする DS-5 は、特定のカーネル バージョンで導入されたインフラストラクチャおよび機能に依存します。

Linux カーネルおよびベアメタル ハードウェアのデバッグ向けの追加ツール:

Arm Linux カーネルおよびベアメタルのデバッグでは、追加ツール (DS-5 では提供されません) を使用して、ターゲット システムへ接続する必要があります。

DSTREAM、DSTREAM-ST、RVI、ULINKpro、および ULINKpro D デバッグ ユニットにより、物理ターゲット ハードウェアに接続できます。

VSTREAM は、RTL シミュレータとハードウェア エミュレータへの接続を可能にします。


ファームウェア更新の管理

DSTREAM、DSTREAM-ST、RVI および VSTREAM でサポートされるファームウェアの最小バージョンは、4.32.0です。DSTREAM、DSTREAM-ST および RVI の場合、付属のデバッグ ハードウェア更新ツールを使用して、最新のファームウェアを使用していること、もしくはアップデートが必要であるか確認することを推奨します。更新されたファームウェアは、<installdir>/sw/debughw/firmware ディレクトリから入手可能です。VSTREAM 向けのファームウェアは VSTREAM ソフトウェアの一部として配布されるため、ファームウェアの旧バージョンを使用している場合、新しいバージョンをインストールして取得する必要があります。

DSTREAM-ST は、USB を介してイーサネットを使用してコンピュータに接続します。DSTREAM-ST は、ネットワーク デバイスとして自動的に検出され、Windows のデバイス マネージャーでネットワーク アダプターとして表示されるか、Linux の ifconfig ユーティリティで USB ネットワーク インターフェイスとしてリストされます。そうでない場合、コンピュータの設定を行う必要があります。こちらの DSTREAM-ST トラブルシューティング ページを参照してください。


DS-5 Edition のクイック リファレンス

DS-5 には 3 つの異なるエディションが用意されており、単一のインストールからライセンスによって管理されます。

DS-5 Community Edition は、DS-5 Debugger および Streamline への機能制限付きのアクセスを無償で提供します。機能には、ベアメタルと Linux アプリケーションのデバッグ、Armv8-A Foundation Model によるシミュレーションが含まれます。

ダウンロード »

DS-5 Professional Edition は、Armv7 までのすべての Arm® プロセッサをサポートし、Arm® Compiler だけでなく、優れたデバックとトレース機能を提供します。

DS-5 Ultimate Edition は、Armv8 などの最新の Arm® プロセッサおよび技術をサポートします。

ダウンロード »


機能 Community Professional Ultimate
IDE
DS-5 Eclipse IDE
サポートされるプロセッサ
Arm7
Arm9
Arm11
Cortex®-M (Armv6、Armv7、Armv8)
Cortex®-R (Armv7)
Cortex®-A (Armv7) シングルコアの Cortex®-A9 モデルのみ
Cortex®-A (Armv8)、Cortex®-R (Armv8) Armv8-A の基礎モデルのみ Armv8-A の基礎モデルのみ
クロス トリガーのサポート
コード生成
Arm® Compiler 6 (Cortex® プロセッサのアーキテクチャとの互換性あり)
Arm® Compiler 5 (Armv8 以前のアーキテクチャとの互換性あり)
TÜV SÜD 認定された Arm® Compiler および適合キット
Arm Assembler
Arm MicroLib ランタイム ライブラリ
Linux 向け Linaro GNU GCC Compiler
Streamline パフォーマンス アナライザ
パフォーマンス カウンタ セットに制限あり
プロセス/タスク トレース
フラット プロファイリング
階層プロファイリング
マルチコア分析
外部電力データ解析
スタック使用状況ビュー
アノテーション ログ ビュー
タイムラインのフィルタリング
ベアメタルのサポート
デバッグ
ベアメタルのデバッグ 提供されたモデルのみ
Linux gdbserver のデバッグ
マルチコア Linux カーネルの停止モードのデバッグ
マルチコア ベアメタルおよび RTOS の停止モードのデバッグ
ETM 命令とデータのトレース
PTM プログラムのトレース
トレースベースのプロファイリング
ITM/STM 計測およびシステムのトレース
グローバル トレース タイムスタンプのサポート
クロス トリガーのサポート
Fixed Virtual Platform (FVP) によるシミュレーション
Armv8-A の基礎モデル
Cortex®-A9 (シングルコア)
Cortex®-A9 (クアッドコア)、Cortex®-R4、Cortex®-M3、Cortex®-M23、Cortex®-M33
Cortex®-A5、Cortex®-A7、Cortex®-A8、Cortex®-A15、Cortex®-A17、Cortex®-A32、Cortex®-A35、Cortex®-A53、Cortex®-A55、Cortex®-A57、Cortex®-A72、Cortex®-A73、Cortex®-A75、Cortex®-R5、Cortex®-R7、Cortex®-R8、Cortex®-R52、Cortex®-M0, Cortex ®-M0plus、Cortex®-M4、Cortex®-M7
ホストされるプラットフォーム
Windows
Linux
サポート
テクニカル サポートおよびメンテナンス コミュニティ フォーラムとオンラインのチュートリアル Arm 社および販売代理店による技術サポート Arm 社および販売代理店による技術サポート

 

ライセンス体系、価格、お見積り依頼、ご購入前の技術的なお問い合わせなど、本製品に関するご質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

ページトップへ