Aspose.3D for Java


Java で 3D ドキュメントを操作する API

3D モデリングやレンダリング ソフトウェアに依存することなく、3D ドキュメントの生成、操作、さまざまな形式で保存

Aspose.3D for Java

Aspose.3D for Java は、3D ファイルを操作できる、Gameware や Computer-Aided-Designing (CAD) 向けのスタンドアロンの API です。Aspose.3D for Java の API は、一般的な 3D ファイル形式をすべてサポートするので、アプリケーション内で 3D ファイルを容易に生成、読み込み、変換、編集できます。さらに Aspose.3D for Java の API により、さまざまなゲームデジタル視覚化された高品質なシーンのモデルや生成、仮想現実体験での利用、3D シーン ファイルへアニメーション プロパティを追加、3D トランスフォーメーションを使用して要素をフォーマット、などが可能です。


概略図

Aspose.3D for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.3D for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.3D for Java でサポートされるファイル形式です。


  • 3D シーンの生成とサポートされる 3D ファイル形式への保存
  • 3D ドキュメントからストリームへの読み込み、保存、変換
  • ジオメトリや シーン階層の操作
  • 複数ノード間のメッシュ ジオメトリ データの共有
  • アニメーション プロパティを 3D シーン ドキュメントに追加
  • 頂点のカスタム メモリ レイアウトによる三角メッシュ処理
  • 3D シーンのターゲット カメラの追加
  • 3D シーンのオブジェクトのアニメーション
  • マテリアル毎にメッシュを分割
  • アップ ノーマルを指定してプレーンの向きを変更

Aspose.3d for Java では、一連の高度なアルゴリズムにより 3D ファイル形式の変換をオールインワンで処理できます。変換処理は、ファイル拡張子を変更するようにシンプルです。ソース ファイルをシーンのインスタンスに読み込んで、あとは FileFormat パラメーターに希望するファイル拡張子を指定して Save メソッドを呼び出すだけで完了です。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Scene scene = new Scene(dir + "template.fbx");

            // 異なる形式で保存
            scene.save(dir + "output.stl", FileFormat.STLASCII);
            scene.save(dir + "output.obj", FileFormat.WAVEFRONTOBJ);
          

Aspose.3D for Java により、さまざまな 3D ジオメトリック シェイプのメッシュを構築する際に、コントロール ポイントやポリゴンを簡潔に定義し 3D メッシュを生成できます。Aspose.3D for Java の API により、一つのメッシュをシェイプ タイプの複数のインスタンスに指定したり、3D シーン上の任意の場所に 3D シェイプを配置できます。

Aspose.3D for Java では、ノーマル (法線) およびジオメトリックな UV の管理が可能です。メッシュは、空間内の位置や形状にある各頂点やオリジナルのサーフェスの垂直面ベクトルなどのキーとなるプロパティをストアします。シェイドの数はノーマルにとって重要です。ノーマルは単位ベクトルです。ほとんどのメッシュ形式では、別々の "折り返しのない" メッシュの 2D の描写で、どの 2 次元のテクスチャ マップの部位がメッシュの異なるポリゴンに適用されるかを示す、いくつかの UV 座標のフォームをサポートしています。

Aspose.3D for Java により、3D シーン ドキュメントを新規に生成し、シーン クラス オブジェクトの Open、Save メソッドを呼び出すことで、製品でサポートされる 3D ファイル形式 (FBX、STL、WavefrontOBJ、Distreet3DS、Universal3D および Collada) に簡単に保存できます。

            // Scene オブジェクトの初期化
            Scene scene = new Scene();

            // Box モデルの生成
            scene.getRootNode().createChildNode("box", new Box());

            // Cylinder モデルの生成
            scene.getRootNode().createChildNode("cylinder", new Cylinder());

            // FBX 形式で描画を保存
            scene.save(dir + "output.fbx", FileFormat.FBX7500ASCII);
          

Aspose.3D for Java は、ノードの階層を構築できます。ノードは、シーンの基本的な構造ブロックです。ノードの階層は、シーンの論理的な構造を定義し、ジオメトリ、光源、カメラをノードに追加することで視覚コンテンツを提供します。

メモリ消費を軽減するために、メッシュ クラスの単一インスタンスは、さまざまなノード クラスにバインドすることが可能です。多数の類似した 3D キューブが存在するシステムが必要な場合に、システムが起動する際に 1 つのメッシュ オブジェクトを生成することでメモリを節約できます。また、他のシェイプが必要になるたびに、それぞれのノード オブジェクトを作成してノードをそのメッシュに関連付けます。このように Aspose.3D for Java API でインスタンス生成を管理できます。

Aspose.3D for Java の API は、さまざまなカーブにプロパティのコンポーネントを割り当てられる CurveMapping を介した キー フレーム アニメーションをサポートしています。さらに、Aspose.3D for Java は 3D ファイルのターゲット カメラを設定できるので特定のノードに面したカメラが必要な場合のアニメーションに活用できます。

Aspose.3D for Java は、サーバーやクライアントで同等のパフォーマンスが出るように設計されています。単一 Java アセンブリで提供されるので、単純に参照を追加するだけで、あらゆる Java アプリケーションに実装できます。Aspose.3D for Java を使用する際に、他のサービスやモジュールなどを心配する必要はありません。

Aspose.3D API の API は、マネージ コードで設計されているので、外部の API やソフトウェアを実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で完全なカスタム ソリューションです。



ページトップへ