Aspose.3D for Python via .NET


Python で 3D ファイルを操作する API

Python アプリケーション内で 3D ファイル形式の読み込み、書き出し、操作、変換

Aspose.3D for Python via .NET

Aspose.3D for Python via .NET は、3D モデリングやレンダリング ソフトウェアに依存することなく、3D ドキュメント形式のファイルを操作できる機能豊富な Gameware および Computer-Aided-Designing (CAD) 向けの API です。Aspose.3D for Python via .NET の API は、Discreet3DS、WavefrontOBJ、FBX (ASCII、Binary)、STL (ASCII、Binary)、Universal3D、Collada、glTF、GLB、PLY、DirectX および Google Draco ファイル形式をサポートします。Aspose.3D の API を使用してこれらの 3D ドキュメント形式の生成、読み込み、変換、編集、また Substance を簡単にコントロールできます

Aspose.3D for Python via .NET の API は、ユーザーフレンドリーですので、他のサービスや既にインストール済みのモジュールの影響を受けることなく、さまざまな Python アプリケーションにコピーするだけで簡単に実装できます。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • 3D シーンの生成とサポートされる 3D ファイル形式への保存
  • 3D ドキュメントからストリームへの読み込み、保存、変換
  • ジオメトリや シーン階層の操作
  • 複数ノード間のメッシュ ジオメトリ データの共有
  • アニメーション プロパティを 3D シーン ドキュメントに追加
  • 頂点のカスタム メモリ レイアウトによる三角メッシュ処理
  • 3D シーンのターゲット カメラの追加
  • 3D シーンのオブジェクトのアニメーション
  • マテリアル毎にメッシュを分割
  • 画像形式で 3D ビューを出力
  • 3D ジオメトリ上の影のキャスト、レシーブ
  • プレーンの向きの変更
  • シリンダー生成の強化
  • Vulkan レンダラーのサポート追加
  • シェイプを押し出してジオメトリを生成
  • UV アトラス アルゴリズムのサポート
  • 標準の 3D 印刷形式 (AMF) のサポート
  • FBX のインポートとバイナリ出力のサポート
  • Draco 圧縮による glTF ファイルのエクスポートとインポート

Aspose.3D for Python via .NET では、一連の高度なアルゴリズムにより 3D ファイル形式の変換をオールインワンで処理できます。変換処理は、ファイル拡張子を変更するようにシンプルです。ソース ファイルをシーンのインスタンスに読み込んで、あとは FileFormat パラメーターに希望するファイル拡張子を指定して Save メソッドを呼び出すだけで完了です。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            from aspose.threed import Scene, FileFormat
            scn = Scene.from_file(dir + "template.fbx");

            // 異なる形式で保存
            scn.save(dir + "output.stl", FileFormat.STLASCII);
            scn.save(dir + "output.obj", FileFormat.WAVEFRONT_OBJ);
          

Aspose.3D for Python via .NET は、外部の 3D モデリングやレンダリング ソフトウェアを使用することなく、簡単に 3D シーン ドキュメントを生成できます。また、Scene クラス オブジェクトの Save メソッドを呼び出すことで、3D シーン ファイル形式 (FBX、STL、WavefrontOBJ、Distreet3DS、Universal3D および Collada) を保存できます。

メタデータは、情報リソースの記述、配置、容易な取得、使用、管理を実現する構造化された情報です。Aspose.3D for Python via .NET の API により、メタデータをシーンに定義することができます。

Aspose.3D for Python via .NET により、さまざまな 3D のジオメトリ シェイプのメッシュをビルドして、簡単にコントロール ポイントやポリゴンを定義、3D メッシュを生成、シェイプ タイプの複数のインスタンスにメッシュを割り当てることができます。また、3D シーン上の任意の位置に 3D シェイプを配置することも可能です。

メモリ消費を軽減するために、メッシュ クラスの単一インスタンスは、さまざまなノード クラスにバインドすることが可能です。多数の類似した 3D キューブが存在するシステムが必要な場合に、システムが起動する際に 1 つのメッシュ オブジェクトを生成することでメモリを節約できます。また、他のシェイプが必要になるたびに、それぞれのノード オブジェクトを作成してノードをそのメッシュに関連付けます。このように Aspose.3D for Python via .NET API でインスタンス生成を管理できます。

メッシュを三角メッシュに変換する理由は、複雑な構成のすべては三角形の集合により表現することができるためです。このグラフィック ソフトウェア パッケージとハードウェア デバイスは、三角形をより効果的に操作できます。頂点のメモリ レイアウトは GPU (Graphics Processing Unit: グラフィックス プロセッシング ユニット) をフィードする際に重要ですが、これはバッファから正しい属性を抽出するために GPU が頂点レイアウトを認識する必要があるためです。

Aspose.3D API の API は、マネージ コードで設計されているので、外部の API やソフトウェアを実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で完全なカスタム ソリューションです。



ページトップへ