Aspose.BarCode for Java


Java でバーコードを処理する API

Java ベースのアプリケーション内で、JPG、TIFF、PNG、BMP、GIF および EXIF 形式から一次元線形、二次元および郵便番号バーコード形式の生成、カスタマイズ、認識

Aspose.BarCode for Java

Aspose.BarCode for Java は、Java アプリケーション向けの、強固で信頼性の高いバーコード生成、認識コンポーネントです。Aspose.BarCode for Java の API は、ほとんどすべてのバーコードの標準と仕様をサポートし、さまざまな角度で一次元および二次元バーコードを画像から読み込むことができます。

Aspose.BarCode for Java の API は、柔軟性の高い画像処理オプションにより、さまざまな画像形式のバーコード ラベルを出力できます。さらに Aspose.BarCode for Java の API では、バーコードの印刷だけでなく、複数の記号のエンコードやデコードも可能です。


概略図

Aspose.BarCode for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.BarCode for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.BarCode for Java でサポートされるファイル形式です。


  • 種類の異なる記号の指定
  • チェックサムとサプリメント データをサポート
  • バーコード イメージのカスタマイズ
  • 二次元バーコードの X、Y 次元をサポート
  • Code128 エンコードの高度な最適化
  • サポートされる記号の Wide to Narrow Ratio をサポート
  • バーコードのキャプション、フォント スタイルのカスタマイズ
  • バーコード テキストと外観の調整
  • 画像からのバーコード読み込み
  • 生成された画像レイアウトの一般的なリファクタリング
  • タイムアウトによる処理中断を追加
  • MaxiCode および DotCode レンダリングの追加

Aspose.BarCode for Java を使用して、バーコード イメージの境界、境界の色、スタイル、余白および幅を簡単に操作でき、イメージの背景色、バーの色などの変更も可能です。また、バーコード イメージをさまざまな角度に回転したり、アンチエイリアス処理で高品質なバーコード イメージを生成できます。さらに、バーコード イメージの余白の調整や解像度のカスタマイズも可能です。

            // コード テキストとエンコード形式の設定
            BarCodeGenerator generator = new BarCodeGenerator(EncodeTypes.CODE_128, "1234567");

            // ラベルの書式設定
            generator.getCodeTextStyle().setLocation(CodeLocation.Above);
            generator.getCodeTextStyle().setColor(Color.red);
            generator.setBackColor(Color.GREEN);
            generator.save("BarCodeSample.jpg", BarCodeImageFormat.Jpeg);
          

Aspose.BarCode for Java では、画像からバーコードを読み込むことが可能です。主なバーコード認識機能が提供される BarCodeReader クラスでは、BMP、PNG、TIFF、JPEG、GIF などの一般的な画像形式をサポートします。このバーコード認識処理ではさまざまな設定が可能なので、画像の特定位置を指定したバーコード ラベルの発見や、手動の認識設定を適用してスキャンを最適化したり、画像にバイナリのフィルターを適用したりできます。

            // バーコード リーダーの画像と想定されるバーコード形式で初期化
            BarCodeReader reader = new BarCodeReader(dir + "barcode.png", DecodeType.ALL_SUPPORTED_TYPES);

            // バーコードの読み込み
            while (reader.read()) {
              // バーコード形式とテキストを印刷
              System.out.println("Type: " + reader.getCodeType() + " Text: " + reader.getCodeText());
            }
          

Aspose.BarCode for Java は、さまざまな線形一次元、二次元、郵便番号などのバーコード記号のエンコードとデコードの両方をサポートします。

  • EAN13
  • EAN8
  • UPCA
  • UPCE
  • Interleaved2of5
  • Standard2of5
  • MSI
  • Code11
  • Codabar
  • EAN14(SCC14)
  • SSCC18
  • ITF14
  • Matrix 2 of 5
  • PZN
  • Code128
  • Code39 Extended
  • Code39 Standard
  • Code93 Extended
  • Code93 Standard
  • IATA 2 of 5
  • OPC
  • GS1Code128
  • ISBN
  • ISMN
  • ISSN
  • ITF6
  • VIN
  • Pharmacode
  • DatabarOmniDirectional
  • DatabarTruncated
  • DatabarLimited
  • DatabarExpanded
  • PatchCode (デコードのみ)
  • Supplement (デコードのみ)
  • PDF417
  • MacroPDF417
  • DataMatrix
  • Aztec (エンコードのみ)
  • QR
  • Italian Post 25
  • GS1DataMatrix
  • Postnet
  • Planet
  • USPS OneCode
  • Australia Post
  • Deutsche Post Identcode
  • Deutsche Post Leticode
  • RM4SCC
  • SingaporePost
  • AustralianPosteParcel
  • SwissPostParcel



ページトップへ