Aspose.BarCode for .NET


一次元、二次元バーコードを生成、認識

Aspose.BarCode for .NET は、.NET アプリケーション内で、BMP、EMF、GIF、JPEG、PNG、TIFF、WMF 形式のエンタープライズレベルの一次元、二次元バーコード画像を、どんな角度からでも生成、読み取り、カスタマイズ、認識できる .NET 用バーコード API です。

Aspose.BarCode for .NET

Aspose.BarCode for .NET は、さまざまな角度のさまざまなイメージから 1D および 2D バーコードを生成、読み込み、認識できるバーコード API です。マネージ コードで設計されているのでバーコードの生成、認識機能を素早く簡単に Microsoft .NET アプリケーション (WinForms、ASP.NET、WPF、.NET Compact Framework および Silverlight) に追加することができます。

Aspose.BarCode for .NET はほとんどすべてのバーコードの標準と仕様をサポートしています。BMP、EMF、GIF、JPEG、PNG、TIFF および WMF などの画像形式へのエクスポートもサポートしています。

Aspose.BarCode for .NET を使用して、背景色、バー カラー、画像品質、回転角度、X-Dimension、キャプション、カスタム定義のサイズや解像度など、バーコード イメージのさまざまな要素をコントロールできます。


概略図

Aspose.BarCode for .NET のバーコード認識と生成機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.BarCode for .NET は、.NET framework をサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.BarCode for .NET は、ほとんどの一般的な画像ファイル形式を使用できます。


  • バーコード ラベルの印刷
  • バーコード イメージの生成、ストリームや画像ファイルへの書き出し
  • ストリームや画像ファイルからバーコードを認識
  • バーコード機能を追加してアプリケーションのワークフローを強化
  • 2D バーコード内の英語以外の文字をエンコード、デコード
  • バーコードのサイズをコントロール
  • 複数ページの TIFF 画像からバーコードを読み込む
  • ドキュメント内にバーコードを埋め込んでトレーサビリティを促進
  • バーコード認識機能を使用して実作業を支援
  • バーコード認識機能をサード パーティのサービスに追加 (書籍のバーコードをスキャンして Amazon に誘導する、など)

Aspose.BarCode for .NET は、さまざまな線形、2D、郵便番号などのバーコード記号をサポートしています。Aspose.BarCode for .NET でサポートされる線形バーコードの記号には下記が含まれます。

  • EAN13 (エンコード、デコード)
  • EAN8 (エンコード、デコード)
  • UPCA (エンコード、デコード)
  • UPCE (エンコード、デコード)
  • Interleaved2of5 (エンコード、デコード)
  • Standard2of5 (エンコード、デコード)
  • MSI (エンコード、デコード)
  • Code11 (エンコード、デコード)
  • Codabar (エンコード、デコード)
  • EAN14(SCC14) (エンコード、デコード)
  • SSCC18 (エンコード、デコード)
  • ITF14 (エンコード、デコード)
  • Matrix 2 of 5 (エンコード、デコード)
  • PZN (エンコード、デコード)
  • Code128 (エンコード、デコード)
  • Code39 Extended (エンコード、デコード)
  • Code39 Standard (エンコード、デコード)
  • Code93 Extended (エンコード、デコード)
  • Code93 Standard (エンコード、デコード)
  • IATA 2 of 5 (エンコード、デコード)
  • OPC (エンコード、デコード)
  • GS1Code128 (エンコード、デコード)
  • ISBN (エンコード、デコード)
  • ISMN (エンコード、デコード)
  • ISSN (エンコード、デコード)
  • ITF6 (エンコード、デコード)
  • VIN (エンコード、デコード)
  • Pharmacode (エンコード、デコード)
  • DatabarOmniDirectional (エンコード、デコード)
  • DatabarTruncated (エンコード、デコード)
  • DatabarLimited (エンコード、デコード)
  • DatabarExpanded (エンコード、デコード)
  • DatabarStackedOmniDirectional (エンコード、デコード)
  • DatabarExpandedStacked (エンコード、デコード)
  • DatabarStacked (エンコード、デコード)
  • PatchCode (エンコード、デコード)
  • Supplement (デコード)
  • PDF417 (エンコード、デコード)
  • MacroPDF417 (エンコード、デコード)
  • MicroPDF417 (エンコード、デコード)
  • CompactPDF417 (デコード)
  • DataMatrix (エンコード、デコード)
  • Aztec (エンコード、デコード)
  • QR (エンコード、デコード)
  • MicroQR (エンコード、デコード)
  • Italian Post 25 (エンコード、デコード)
  • GS1DataMatrix (エンコード、デコード)
  • Code16K (エンコード、デコード)
  • Postnet (エンコード、デコード)
  • Planet (エンコード、デコード)
  • USPS OneCode (エンコード、デコード)
  • Australia Post (エンコード、デコード)
  • Deutsche Post Identcode (エンコード、デコード)
  • Deutsche Post Leticode (エンコード、デコード)
  • RM4SCC (エンコード、デコード)
  • SingaporePost (エンコード、デコード)
  • AustralianPosteParcel (エンコード、デコード)
  • SwissPostParcel (エンコード、デコード)

Aspose.BarCode for .NET を使用して、バーコード イメージの境界、境界の色、スタイル、余白および幅を簡単に操作でき、イメージの色、背景色、バーの色などの変更も可能です。また、バーコード イメージをさまざまな角度に回転したり、アンチエイリアス処理で高品質なバーコード イメージを生成できます。さらに、バーコード イメージの余白の調整や解像度のカスタマイズも可能です。

Aspose.BarCode for .NET では、インチやミリ単位でのサイズ指定やバーコード イメージの自動サイズ調整も可能です。Aspose.BarCode for .NET で、BMP、JPEG、GIF、PNG、TIFF、WMF などの画像形式のバーコードを生成することも可能です。

Aspose.BarCode for .NET を使用して、さまざまな種類の記号を指定したり、バーコード テキスト (バーコード イメージにエンコードされたデータ) を設定したり、フォント、背景色、前面色、配置や場所 (非表示、前面、背面) などの表示を設定したりして、バーコードをカスタマイズできます。また、バーコードのキャプション、フォント、背景色、前面色、配置や場所 (非表示、前面、背面) も容易に管理できます。

Aspose.BarCode for .NET では、チェックサムとサプリメント データもサポートします。一般的に使用されている Code128 エンコーディングを最適化します。

Aspose.BarCode for .NET は WPF framework をサポートするので、WPF アプリケーションで高品質なベクター形式のバーコードを生成できます。

Aspose.BarCode for .NET は、Windows Forms、Web Forms および WPF アプリケーション用に GUI ベースの WYSIWYG バーコード コントロールを提供しています。このコントロールにより、 コードテキスト、記号、キャプション、前面色、背景色などのほとんどすべてのプロパティを編集できます。



ページトップへ