Aspose.BarCode for Node.js via Java


Node.js のためのバーコード生成、読み取り API

さまざまな画像からの一次元、二次元および郵便番号バーコードを認識、生成

Aspose.BarCode for Node.js via Java

Aspose.BarCode for Node.js via Java は、容易にカスタマイズできるバーコード スキャン機能や生成機能が提供される API です。Nodejs-Java ブリッジによる統合が可能です。シンプルなバーコード デコーダー API ですので、一般的な一次元および二次元バーコードをさまざまな角度や位置の画像から復号化できます。画像の特定の位置を指定して簡単にバーコードをスキャンできます。Aspose.BarCode for Node.js via Java は、JPG、PNG、GIF、BMP などの画像形式でバーコード イメージを生成できるだけでなく、バーコード イメージの境界線、スタイル、色、余白の操作、画像の回転、解像度の変更など、多くの機能が提供されます。


概略図

Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされるファイル形式です。


  • さまざまなバーコードの指定
  • コードのテキストとスタイルの設定
  • バーコードのキャプションの管理
  • バーの高さの設定
  • 二次元バーコードの X、Y 次元の調整
  • 異なるバーコード タイプの認識
  • 複数のバーコード タイプの生成
  • 特定の領域を指定してバーコードをスキャン
  • バーコード イメージの境界線のスタイルを操作
  • バーコード イメージを任意の角度に回転
  • バーコード イメージの余白を管理
  • 解像度のカスタマイズ

Aspose.BarCode for Node.js via Java は、さまざまなニューメリック、アルファ ニューメリック、二次元バーコードのエンコードとデコードの両方をサポートしています。

以下は、Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされるニューメリック バーコードです。

  • EAN13
  • EAN8
  • UPCA
  • UPCE
  • ISBN
  • ISMN
  • ISSN
  • Interleaved2of5
  • Standard2of5
  • MSI
  • Code11
  • Codabar
  • Postnet
  • Planet
  • EAN14(SCC14)
  • SSCC18
  • ITF14
  • IATA 2 of 5
  • DatabarOmniDirectional
  • DatabarStackedOmniDirectional
  • DatabarExpandedStacked
  • DatabarStacked
  • DatabarLimited
  • DatabarTruncated

以下は、Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされるアルファ ニューメリック バーコードです。

  • GS1Code128
  • Code128
  • Code39 Extended
  • Code39 Standard
  • Code93 Extended
  • Code93 Standard
  • Australia Post
  • Italian Post 25
  • Matrix 2 of 5
  • DatabarExpanded
  • PatchCode

以下は、Aspose.BarCode for Node.js via Java でサポートされる二次元バーコードです。

  • PDF417
  • DataMatrix
  • Aztec
  • QR
  • MicroQR
  • GS1DataMatrix
  • Code16K
  • CompactPDF417
  • Swiss QR (QR Bill)



ページトップへ