Aspose.BarCode for Python via Java


Python 向けのバーコード ライブラリ

Python アプリケーション内で、一次元、二次元および郵便番号バーコードを読み取り、生成

Aspose.BarCode for Python via Java

Aspose.BarCode for Python via Java は、Python-Java ブリッジを使用した Python アプリケーション用の API として、バーコード生成や読み取り機能を提供します。バーコードの生成、読み取り機能をアプリケーションに簡単に追加できます。Aspose.BarCode for Python via Java では、JPG、PNG、GIF、BMP などの画像形式でバーコード イメージを生成できます。さらに、バーコード イメージの境界、境界の色、回転、解像度の変更など、多くの機能が提供されます。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • さまざまな形式のバーコードを生成
  • バーコードの X、Y 次元の管理
  • 画像のサイズをカスタマイズ
  • CODABAR のスタート、ストップ キャラクターの設定
  • コード テキストの外観を制御
  • バーコード キャプションの管理
  • バーコードのコード テキストの設定
  • バーコードの種類の指定
  • 単一画像内の複数のバーコードを認識
  • 特定のバーコードの認識
  • 画像からすべての一次元バーコードを認識
  • バーコードの認識品質を百分率で取得
  • 画像からバーコードのリージョン情報を取得
  • 特定リージョンのバーコードの読み取り
  • 要件に応じてバーコードの認識モードを切り替え

Aspose.BarCode for Python via Java では、DataMatrix、Aztec、Pdf417、多量または複数のコード テキストの値のためのマルチ MacroPdf417 バーコードなどのさまざまな形式のバーコードを生成できます。QR コードを生成するコードは次のとおりです。

            # バーコード オブジェクトのインスタンス化
            generator = Generation.BarcodeGenerator(Generation.EncodeTypes.QR, "123456789")

            # PNG 形式で保存
            generator.save("QR.png", "PNG")
          



ページトップへ