Aspose.BarCode for Reporting Services


SSRS でバーコードを出力

Microsoft SQL Server Reporting Services 内で一次元、二次元バーコードを出力

Aspose.BarCode for Reporting Services

Aspose.BarCode for Reporting Services は、Microsoft SQL Server 2000、2005、2008、2012 および 2014 Reporting Services 内の一次元および二次元バーコードを出力できる包括的な .NET ソリューションです。これらのバーコード ラベルは BMP、JPEG、GIF および PNG 形式で出力できます。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • AustraliaPost
  • Aztec
  • BooklandEAN
  • Codabar
  • Code11
  • Code16K
  • Code128
  • Code39Extended
  • Code39Standard
  • Code93Extended
  • Standard2of5
  • Code93Standard
  • DataBar
  • DataMatrix
  • DeutschePostIdentcode
  • DotCode
  • EAN128
  • EAN13
  • EAN14
  • EAN8
  • GS1 Datamatrix
  • IATA2of5
  • UPCA
  • Interleaved2of5
  • ItalianPost25
  • ITF14
  • Leitcode
  • MacroPdf417
  • Matrix2of5
  • MaxiCode
  • MSI
  • OneCode
  • OPC
  • UPCE
  • PatchCode
  • Pdf417
  • Planet
  • Postnet
  • PZN
  • QR
  • RM4SCC
  • RM4SCC
  • SSCC18
  • UpcaGs1DatabarCoupon
  • VIN
  • Code16K

Aspose.BarCode for Reporting Services で生成されたバーコードはさまざまな方法でサイズ、前景色、背景色、コード テキストの位置、角度、文字 (色、位置、サイズ) などのカスタマイズが可能です。多くのアプリケーションの要求に応える理想的なバーコード出力機能が提供されます。

Aspose.BarCode for Reporting Services は、Aspose.BarCode for Reporting Services コンポーネントを Visual Studio のツールボックスに追加し、プロジェクトにドラッグするだけで、既存または新規のプロジェクトに統合できます。

バーコード ラベルのレイアウトは、Visual Studio のバーコード デザイナー ツールを使用して簡単に変更できます。またデザイン時にバーコード イメージのプレビューや調整も可能です。さまざまな設定をカスタマイズしてバーコード イメージの外観を調整し、既存のレポート デザインに適合させることができます。



ページトップへ