Aspose.CAD for JasperReports


CAD や BIM ファイルを変換できる JasperReports API

レポートをベクターや CAD イメージとしてエクスポートできる JasperReports の拡張機能

Aspose.CAD for JasperReports

Aspose.CAD for JasperReports は、JasperReports のレポートを別の CAD ファイルや、FBX、DXF、OBJ、DWFX、DWF などの BIM イメージ ファイル、その他の WebP、BMP、GIF、JPEG、PNG、TIFF 形式だけでなく PDF、SVG、WMF などにエクスポートできる、JasperReports サーバー専用の拡張ライブラリです。すべてのレポート機能は、高精度な出力ができるよう設計されています。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


Aspose.CAD for JasperReports では、マルチページやバッチ エクスポートとして、レポートをエクスポートすることができます。マルチページ エクスポートでは、GIF、DICOM、TIFF、WebP、PDF、PSD 形式がサポートされます。バッチ モードでは、それぞれのレポート ページは別々のファイルとして保存できます。その他に、DXF、DWF、DWFX、FBX、OBJ、PDF、WMF、SVG、EMF、BMP、JPG、JPEG、DICOM、JP2、JPEG2000、PNG ファイル形式の出力がサポートされます。

Aspose.CAD for JasperReports は、ビルトインの JasperReports レポート デザイナーにより、オリジナルのレポート デザインを高精度な画像形式にエクスポートすることができます。すべてのレポート機能は、元のドキュメントと可能な限り高レベルで精密な画像ドキュメントに変換されます。

以下は、JasperReport を SVG にエクスポートするコード例です。

            ASSvgExporter svgExporter = new ASSvgExporter();
            ASSvgExportConfigurationImpl svgExportConfiguration = new ASSvgExportConfigurationImpl();
            svgExportConfiguration.setEmbedFonts(true);
            svgExportConfiguration.setCompress(true);

            svgExporter.setConfiguration(svgExportConfiguration);

            exporterInput = new ASExportInputImpl(jasperPrint);
            svgExporter.setExporterInput(exporterInput);

            exporterOutput = new ASExporterOutputImpl("shapesExample.svg");
            svgExporter.setExporterOutput(exporterOutput);

            svgExporter.exportReport();
          



ページトップへ