Aspose.CAD for Java


AutoCAD ファイルを変換

Aspose.CAD for Java は、AutoCAD をインストールすることなく DWG および DXF ファイルを PDF やラスター イメージに変換できる API です。

Aspose.CAD for Java

Aspose.CAD for Java は、AutoCAD の DWG や DXF ファイルを PDF、JPG、PNG、BMP、TIFF および GIF 画像形式に変換します。AutoCAD やその他のソフトウェアをインストールする必要のないネイティブの API 製品です。

また、AutoCAD ファイルの特定のレイヤーやレイアウトを変換することも可能です。高品質な PDF やラスター画像への変換が可能です。


概略図

Aspose.CAD for Java の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.CAD for Java は JDK 1.6 およびそれ以降をサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.CAD for Java は、一般的な DWG、DXF、PDF およびラスター画像をサポートします。


  • 最新の AutoCAD の DWG および DXF ファイルをサポート
  • AutoCAD ファイルを高品質な PDF に変換
  • AutoCAD ファイルを高品質なラスター画像に変換
  • 特定のレイアウトの選択と変換
  • 特定のレイヤーの選択と変換
  • ファイル変換処理のトラッキング

Aspose.CAD for Java では、サポートされる CAD ファイルを PDF 形式に変換できる機能が提供されます。変換処理はカスタマイズできますので、ページ サイズ、背景色、線の色、倍率モードなど、さまざまな設定が可能です。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Image image = Image.load(dir + "template.dwg");

            // CadRasterizationOptions のインスタンスの生成とページ サイズの設定
            CadRasterizationOptions rasterizationOptions = new CadRasterizationOptions();
            rasterizationOptions.setPageSize(new SizeF(1200, 1200));

            // PDF 形式で保存
            PdfOptions pdfOptions = new PdfOptions();
            pdfOptions.setVectorRasterizationOptions(rasterizationOptions);
            image.save(dir + "output.pdf", pdfOptions);
          

さらに Aspose.CAD for Java では、外部のソフトウェアやツールを使用することなく、CAD 画像を GIF、TIFF、BMP、PNG および JPEG など、一般的に使用されるラスター画像形式で忠実に出力できる機能も提供されます。



ページトップへ