Aspose.Cells for JasperReports


Aspose.Cells for JasperReports は、Microsoft Excel を使用することなく、レポートを Microsoft Excel ワークブックの XLS、XLSX、PDF、ODS、TXT および SpreadsheetML 形式にエクスポートできる JasperReports と JasperServer の柔軟な拡張機能です。

Aspose.Cells for JasperReports

Aspose.Cells for JasperReports は、Microsoft Excel を使用することなく、レポートを Microsoft Excel ワークブックの XLS、XLSX、PDF、ODS、TXT および SpreadsheetML 形式にエクスポートできる JasperReports と JasperServer の柔軟な拡張機能です。


概略図

Aspose.Cells for JasperReports の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Cells for JasperReports は、J2SE、JasperReports および JasperServer をサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.Cells for JasperReports では、レポートを直接 MS Excel や OpenOffice スプレッドシート (XLS、XLSX、ODS、SpreadsheetML)、テキスト、PDF 形式にエクスポートできます。


  • Microsoft Excel スプレッドシートのレポートの生成
  • Microsoft Excel スプレッドシートのレポートの印刷
  • Excel ファイルを編集可能なスプレッドシートにエクスポート。この機能により、グラフや他の情報を Microsoft Excel で簡単に編集することができます。

Aspose.Cells for JasperReports は、単一 JAR ファイルで提供されるので、JasperReports や JasperServer に容易に統合できます。Aspose.Cells for JasperReports のインストールは、JAR ファイルを指定されたフォルダーにコピーするだけです。

Aspose.Cells for JasperReports は、オリジナルのレポートを JasperReports のネイティブの機能と同様に、忠実に他のファイル形式にエクスポートできます。この正確さは、Aspose.Cells のレポート エンジンだけが可能です。

Aspose.Cells for JasperReports は Excel ファイルを編集可能なスプレッドシートにエクスポートできます。Microsoft Excel のグラフや Aspose のレンダリング エンジンによりエクスポートされたグラフは、画像ファイルと異なり編集が可能ですのでエンド ユーザーは Microsoft Excel を使って手動でグラフを操作できるようになります。

Aspose.Cells for JasperReports は、マネージ コードで設計されているので Excel ドキュメント形式を操作するために Microsoft Office や Microsoft Excel を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft Excel オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ