Aspose.Cells for Java


Excel スプレッドシートを操作する Java API

Microsoft Excel に依存しない Java アプリケーションでスプレッドシートを完全に操作

Aspose.Cells for Java

Aspose.Cells for Java は、Microsoft Excel に依存することなくスプレッドシートの読み込み、書き出し、操作を Java アプリケーション内で可能にする Excel スプレッドシート処理 API です。

Aspose.Cells for Java は、豊富な機能を持った拡張性の高いコンポーネントで、他のベンダー製品のような単純なデータ エクスポートだけでなく、多くの機能が提供されています。Aspose.Cells for Java により、データのエクスポート、スプレッドシートの詳細レベルでの書式設定、画像のインポートやエクスポート、グラフやピボット テーブルの生成、複雑な計算式の適用と演算、Excel データのストリーミング、さまざまな形式での保存などが可能です。


概略図

Aspose.Cells for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Cells for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Cells for Java でサポートされるファイル形式です。


Aspose.Cells for Java で提供される機能

  • Excel ファイルとストリーム間での読み込み、書き出し
  • 出力結果をクライアント ブラウザーに送信
  • ODS ファイル形式の読み込み、書き出し
  • Array、ArrayList および Recordset からのデータをインポート
  • 画像やグラフのインポート
  • API による画像やグラフの生成
  • デザイナー スプレッドシートから数式をインポート
  • ページ設定
  • スプレッドシートを物理プリンターで印刷
  • カスタムのドキュメント プロパティを PDF ファイルにエクスポート
  • XML パスを List Object や Table から取得
  • ランタイム時に長いシート名を切り捨て
  • ランタイム時に無効な文字を置換
  • クエリー テーブルの結果のセル範囲を取得
  • TextBox 内の一部のテキストに文字揃えを適用
  • アクセシビリティ用にコンテンツをコピー
  • ピボット テーブルのリボンを無効化
  • 詳細オプションによる行、列の貼付け


さらに Aspose.Cells for Java では、製品独自のさまざまな機能もサポートします。

  • CSV、TSV および HTML 形式のサポート
  • Smart Marker によるスプレッドシートへのデータ投入
  • コメントの生成、編集
  • オートフィルターと改ページの設定
  • 複雑な数式の設定と演算
  • 条件付き書式ルールの生成、編集
  • Microsoft Excel XP 用の保護オプションの設定
  • セル範囲の名前の生成と編集
  • ピボット テーブルの生成、操作、更新
  • HTML またはストリームとして保存
  • スパークラインの生成、出力
  • グラフの生成、操作、出力
  • 数式演算エンジン
  • ワークシートを SVG 形式にエクスポート
  • 軽量モードによる、膨大なスプレッドシートの読み込み、書き出し
  • Excel から PDF への変換時に画像をリサンプル
  • 依存関係のトレース
  • シナリオの生成と編集
  • テンプレート ファイル内の VBA コードやマクロの編集
  • ODS ファイルを ODF 1.1 および 1.2 仕様で保存
  • メモリ オプション使用時におけるサイズの大きなファイル操作のメモリ最適化

Aspose.Cells for Java は、スプレッドシートを PDF および XPS、HTML 形式に忠実に変換できます。変換処理はシンプルで信頼性が高いため、一般的な標準ファイル形式のドキュメントのやり取りが必要となる企業にとって Aspose.Cells は最高の選択肢になります。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Workbook workbook = new Workbook(dir + "template.xls");

            // 異なる形式で保存
            workbook.save(dir + "output.pdf", SaveFormat.PDF);
            workbook.save(dir + "output.xps", SaveFormat.XPS);
            workbook.save(dir + "output.html", SaveFormat.HTML);
          

Aspose.Cells for Java により、スプレッドシートにさまざまな視覚効果を柔軟かつ自在に適用できます。製品の API により、ワークシート、行、列、セルの書式設定やさまざまなフォントと属性、セルのスタイル、数値形式mリッチテキスト、条件付き書式のルールを設定できます。

同様に、グラフや画像による視覚的な効果は、スプレッドシートの表現力を高めることができます。Aspose.Cells for Java では包括的な一連の API により標準形式、カスタム形式のさまざまなグラフの生成、操作が可能です。さらに、セルへのコメント、画像、OLE オブジェクト、シェイプ、コントロールなど、異なる種類の描画オブジェクトの追加も可能です。

Aspose.Cells for .NET の強力な数式演算エンジンは、ほとんどすべての標準および高度な Microsoft Excel 数式と関数をサポートしています。ビルトイン、アドイン、R1C1 参照スタイルなどの数式の読み込み、設定、演算が可能です。

Aspose.Cells for Java では、グラフを画像や PDF 形式に変換、ワークシートを画像に変換、ワークシートの印刷、スプレッドシートを PDF 形式に変換、などの機能が提供されます。この柔軟性の高い処理では、スプレッドシートを PDF に変換する際に画像をリサンプルしたり、ワークシートやグラフを画像形式で出力する際に解像度を指定することも可能です。

            // グラフを含んだスプレッドシートを読み込む
            Workbook book = new Workbook(dir + "template.xlsx");

            // 1 番目のワークシートのグラフを取得
            Chart chart = book.getWorksheets().get(0).getCharts().get(0);

            // グラフを PNG 形式で出力
            chart.toImage(dir + "output.png", ImageFormat.getPng());

            // グラフを PDF 形式で出力
            chart.toPdf(dir + "output.pdf");
          

Aspose.Cells for Java は、さまざまな方法で行や列を操作できます。指定されたサイズによる行高や列幅の調整、セルのコンテンツに合わせた自動調整、挿入や削除、表示非表示設定に加え、行、列のグループ化や解除を容易に行うことができます。

膨大なデータのスプレッドシートの集計は非常に困難です。そんなときにピボット テーブルは、データをすばやく集計して必要な情報を取得するために有効です。Aspose.Cells for Java では、ピボット テーブルやピボット グラフをプログラム的に生成できます。ピボット テーブルのソース データを動的に変更、更新できます。さらに、Aspose.Cells for Java で提供される Smart Marker 機能により、データ ソースに応じたワークシートへのデータ投入により視覚効果の高いレポートを生成できます。

Aspose.Cells for Java には、JSP Web アプリケーションに組み込み可能で Chrome、FireFox、Internet Explorer、Opara など昨今の web ブラウザーに互換した UI コントロールが付属します。エンドユーザーはこのコントロールにより Excel ファイルの読み込み、編集、保存を Web アプリケーションのフロントエンドで処理できます。



ページトップへ