Aspose.Cells for Node.js via Java


Excel スプレッドシートを操作する Node.js API

Microsoft Excel なしで Excel スプレッドシートを動的に生成、操作、変換

Aspose.Cells for Node.js via Java

Aspose.Cells for Node.js via Java は Node.js を使用して Excel スプレッドシートを操作できる拡張性の高い多機能な API です。Aspose.Cells for Node.js via Java では、Excel ファイル形式の変換、ワークシートの詳細レベルでの書式設定、グラフの生成と出力、信頼性の高い数式演算エンジンなどが提供されます。

Aspose.Cells for Node.js via Java は、XLS、XLSX、ODS、SpreadsheetML、CSV、TSC および HTML などの一般的なほとんどのスプレッドシート形式をサポートします。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


Aspose.Cells for Node.js via Java には下記の機能が含まれます。

  • ピボット テーブル、グラフ、スパークライン、条件付き書式の生成
  • 既存のグラフの再描画、グラフを画像や PDF に変換
  • コメントやハイパーリンクの生成、操作
  • 複雑な数式の設定や API を介した計算結果の算出
  • ワークブック、ワークシート、セル、列または行の保護
  • 名前付き範囲の生成と操作
  • Smart Markers を介したワークシートへのデータ投入
  • API を介してピボット テーブルを生成、更新
  • ワークシートを PDF、XPS、SVG 形式に変換

Aspose.Cells for Node.js via Java は、Microsoft Excel に非常に忠実な出力結果を得られるように設計された独自のレンダリング エンジンを使用します。Aspose.Cells for Node.js via Java により、スプレッドシート全体や特定のシート、グラフを複数の画像や固定レイアウトに変換できます。

Aspose.Cells for Node.js via Java により、ページ設定をはじめ、改ページ、印刷の向き、拡大縮小印刷、用紙サイズ、ヘッダー/フッター、ワークシートの表示倍率指定など、さまざまな Excel ワークシートの表示オプションを操作できます。また、ウィンドウの固定や印刷範囲などを指定することでデータの可視化を制御することもできます。

Aspose.Cells for Node.js via Java では、ワークシートのパスワード保護/解除、コンテンツ/オブジェクト/シナリオの保護、行/列/ワークシートの表示可否などを含むさまざまなセキュリティ機能が提供されます。

Aspose.Cells for Node.js via Java は、さまざまな方法で行や列を操作できます。指定されたサイズによる行高や列幅の調整、セルのコンテンツに合わせた自動調整、挿入や削除、表示非表示設定に加え、行、列のグループ化や解除を容易に行うことができます。

Aspose.Cells for Node.js via Java の高度な書式設定機能により、データの表示方法を完全にコントロールできます。書式をワークシート、行、列、セルに適用できます。また、リッチ テキストを単一セルに追加して、異なる罫線、背景のパターンやフォントを適用できます。条件付き書式をセルに適用することも可能です。

Aspose.Cells for Node.js via Java はグラフを完全にサポートします。製品 API を使用してカスタマイズされたグラフを簡単に追加し、動的にデータをグラフに設定、更新できます。さらに Aspose.Cells for Node.js via Java はグラフを画像や PDF に変換することも可能です。



ページトップへ