Aspose.Cells for Python via .NET


Excel スプレッドシートを解析できる Python API

Python アプリケーションでスプレッドシートを生成、読み込み、書き出し、操作するだけでなく、Excel ファイルをさまざまなファイル形式に変換

Aspose.Cells for Python via .NET

Aspose.Cells for Python via .NET は、スプレッドシートを処理できる高速かつ信頼性の高い API です。さまざまなスプレッドシートを生成、操作できるだけでなく、Excel ファイルから情報を抽出することもできます。Aspose.Cells for Python via .NET の API は、さまざまな Excel ファイル形式を読み込んで、そこに含まれるワークシートを XPS、PDF、MHTML、HTML、プレーンテキスト、画像などの形式で出力できます。Aspose.Cells for Python via .NET は、Python を使用した Excel オートメーションに最適なソリューションです。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


Aspose.Cells for Python via .NET には下記の機能が含まれます。

  • Excel スプレッドシートの読み込み
  • スプレッドシートを PDF、EMF、画像形式で出力
  • ワークブックに含まれるワークシートを調整
  • ワークシートの保護や保護の解除
  • 画像の追加、グラフの生成
  • ピボット テーブルやピボット グラフの生成
  • セル単位にコメントを追加、編集
  • データの検索と置換
  • セルの分割と結合
  • 行や列のグループ化の追加や削除
  • 数値書式の設定
  • 数式の読み込み、設定
  • ページ設定
  • 用紙の向き、倍率、用紙サイズの調整
  • 条件付き書式の読み込み、書き出し

Aspose.Cells for Python via .NET のライブラリでは、Excel ファイルを PDF、XPS、HTML 形式に変換する機能が利用できます。この信頼性の高い API による変換処理は、業界標準のファイル形式間での変換処理が要求される企業にとって完璧なソリューションを提供します。

            import aspose.cells
            from aspose.cells import Workbook,SaveFormat

            # 変換対象のファイルを読み込む
            wk = Workbook("Book.xlsx");

            # XLS を PDF、XPS および HTML に変換
            wk.save("output.pdf", SaveFormat.PDF);
            wk.save("output.xps", SaveFormat.XPS);
            wk.save("houtput.html", SaveFormat.HTML);
          

Aspose.Cells for Python via .NET は、ページ設定の完全な制御によりプレビューの改ページ、拡大縮小印刷の設定、用紙の向きの設定、ウィンドウ枠の固定によるデータ視認性の制御、用紙サイズ、倍率、ヘッダーとフッター、印刷範囲の設定など、さまざまな表示オプションを操作できます。

Aspose.Cells for Python via .NET API はワークシートの幅広いデータ管理をサポートします。ランタイム時にワークシート内の任意のセルを容易に操作したり、さまざまなデータソースからのデータをワークシート上にインポートしたりできます。

Aspose.Cells for Python via .NET は、グラフ描画を完全にサポートします。標準またはカスタマイズされたグラフを追加したり、製品を介してグラフを更新できるように、動的にグラフ データを設定することもできます。



ページトップへ