Aspose.Cells for Reporting Services


レポートを Excel ファイルに変換できる Reporting Services の拡張機能

RDL や RDLC レポートを容易に Excel スプレッドシートにエクスポート

Aspose.Cells for Reporting Services

Aspose.Cells for Reporting Services は、Microsoft Excel を使用することなく、SSRS アプリケーション内で Excel スプレッドシートの読み込み、書き出し、操作機能を SQL Server Reporting Services に埋め込むことができるレンダリング拡張機能です。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • Export MarkDown 形式ファイルのエクスポート
  • Tablix グループの改ページのサポート
  • 複数タブの生成
  • ピボット テーブル フィールドの折りたたみや展開
  • マイナス演算処理のサポート
  • MS Excel の印刷書式の呼び出し
  • MS Excel のグラフをサポート
  • Excel シートのページ余白の調整

Aspose.Cells.Report.Designer を使用して Microsoft Excel 内でレポートをデザイン、出力できます。Microsoft Excel をレポート テンプレートとして使用できるシンプルで使用しやすいデザイン ツールです。ピボット テーブル、インタラクティブなグラフ、数式など Microsoft Excel で提供される強力な機能を利用できます。

Aspose.Cells for Reporting Services では、XLS、XLSX、XLSM、SpreadsheetML、CSV、タブ区切り、HTML などの一般的な Excel ファイル形式をサポートします。また、Aspose.Cells for Reporting Services は、ODS (OpenDocument Spreadsheet) ファイル形式もサポートします。

さらに Aspose.Cells for Reporting Services には、Excel ドキュメントをエクスポートする機能があるので、エンドユーザーは出力結果のスプレッドシートを必要に応じて Microsoft Excel で編集することができます。

Aspose.Cells for Reporting Services は、Reporting Services のビルトインのレポート デザイナーによる出力を、忠実に Microsoft Excel スプレッドシートにエクスポートできます。すべてのレポート機能は、元のレポートを高精度で Microsoft Excel スプレッドシートに変換されます。

Aspose.Cells for Reporting Services は、グループ化された行やフッターを含むテーブルをサポートします。行やフッターのグループ化は、他のレポート アイテムと同様にデザイン時に設定できます。また、Aspose.Cells for Reporting Services ではレポート データ ソースとしてパラメーターやグローバル変数もサポートします。多くのユーザーが使い慣れている Microsoft クエリーを使用することで、データ ソースやクエリーを生成することができます。

さらに Aspose.Cells for Reporting Services は、あらかじめ Report Server で生成されたレポート固有のデータ ソースや共有データ ソースもサポートします。加えてユーザーは、デザイン時にレポート固有のデータ ソースを使用でき、レポート生成時に共有データ ソースをレポート データ ソースとして指定できます。

Aspose.Cells for Reporting Services は、マネージ コードで設計されているので Excel ドキュメント形式を操作するために Microsoft Office や Microsoft Excel を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft Excel オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ