Aspose.Diagram for Python via Java


Python で Visio ファイルを操作する API

VSDX、VDX、VSX、VTX などの Microsoft Visio 形式のファイルを Python の API で生成、読み込み、書き出し、エクスポート

Aspose.Diagram for Python via Java

Aspose.Diagram for Python via Java は、Microsoft Visio ドキュメントを操作するソリューションです。ネイティブの Visio 形式の読み込み、書き出し、保護、エクスポート、印刷だけでなく、一般的に使用される画像形式や固定レイアウト形式もサポートします。既存のファイルを読み込んで、図面内の要素を操作し、画像または PDF や XPS などの固定レイアウトなど、要件にあった形式にエクスポートできます。

Aspose.Diagram for Python via Java は、スタンドアロンの API ですので、Microsoft Visio やその他のソフトウェアをインストールする必要がありません。さらに、図面の新規作成、複数の Visio 形式の読み書き、Visio オブジェクトの数式などのプロパティへのアクセスや読み込み、図面を異なる形式にエクスポート、Visio 図面を正確に印刷、などの処理を簡単に実現できます。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • Visio 図面を新規に作成
  • さまざまな Visio 形式の読み込み
  • 異なるオブジェクトのプロパティの読み込み
  • さまざまな Visio 形式での書き出し
  • ドキュメント プロパティの操作
  • 図面を正確に印刷
  • 図面やシェイプの保護または保護の解除
  • 図面を異なる形式にエクスポート

Aspose.Diagram for Python は、シンプルで簡単に使用できます。基礎となるファイル形式の知識がなくとも、わずか数行のコードで VSDX ファイルを新規に生成することが可能です。

            diagram = Diagram()
            diagram.save("output.vsdx", SaveFileFormat.VSDX)
          

Aspose.Diagram for Python の API は、Microsoft Visio のネイティブ形式の読み込みだけでなく、ドキュメント、ページ、マスター、シェイプ、スタイルシート、コネクタなどの Visio 図面のデータにアクセスすることができます。これらのオブジェクトは Aspose.Diagram for Python via Java の API で操作でき、操作後はさまざまなファイル形式でディスクに書き出すことが可能です。

Visio ファイルを簡単に読み込んで、それらを PNG、TIFF、JPEG、BMP、SVG および EMF などの一般的な画像形式にエクスポートできます。Aspose.Diagram for Python via Java のライブラリでは、Visio ファイルを PDF や XPS 形式に正確にエクスポートすることも可能です。

            diagram = Diagram("test.vsdx")

            // 図面を PNG 形式で保存
            options = ImageSaveOptions(SaveFileFormat.PNG)

            // ページのインデックスの指定により、1 ページ目だけを保存
            options.setPageIndex(0)

            // 処理結果の画像ファイルを保存
            diagram.save("output.png", options)
          



ページトップへ