Aspose.Drawing for .NET


.NET で 2D グラフィックスを描画できる API

ベクター画像やマルチスタイル テキストを、外部のソフトウェアを使用せずに .NET アプリケーションで出力できる GDI+ と同等の 2D 描画エンジン

Aspose.Drawing for .NET

Aspose.Drawing for .NET は、System.Drawing 互換の API によるクラスプラットフォームの 2D 描画エンジンです。Aspose.Drawing for .NET では、直線、曲線、図形だけでなく、ラスター画像上のさまざまなフォント、サイズ、スタイルのテキストの描画もサポートされます。画像は、BMP、PNG、JPEG、GIF および TIFF などの一般的なグラフィック形式での保存が可能です。Aspose.Drawing は、ピュアな .NET ライブラリでいかなる外部のネイティブ描画エンジンにも依存しません。


概略図

Aspose.Drawing for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Drawing for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Drawing for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • ビットマップの新規生成、または既存ファイルからの読み込み
  • 直線、曲線、スプライン曲線、円弧の描画
  • 四角形、多角形、楕円形などの描画
  • グラフィック パスの処理と描画
  • 異なるフォントやスタイルでテキストを出力
  • 異なる太さやスタイルのペンの利用
  • 塗りつぶしやテクスチャのブラシの利用
  • アルファ ブレンドやアンチエイリアスの直線やシェイプのサポート
  • クリップした領域の操作
  • アフィン写像の利用

Aspose.Drawing for .NET は、円弧、カーディナル スプライン、B スプライン、楕円形、閉曲線、直線、その他多数の異なるベクター画像の描画を可能にします。API を使用したわずか数行のコードで、さまざまな形式のベクター画像を描画できます。ここでは円弧を描画するコードを紹介します。

            Bitmap bitmap = new Bitmap(1000, 800, System.Drawing.Imaging.PixelFormat.Format32bppPArgb);
            Graphics graphics = Graphics.FromImage(bitmap);
            Pen pen = new Pen(Color.FromKnownColor(KnownColor.Blue), 2);
            graphics.DrawArc(pen, 0, 0, 700, 700, 0, 180);
            bitmap.Save(@"dirpath\LinesCurvesShapes\DrawArc_out.png");
          



ページトップへ