Aspose.Email for iOS via Xamarin


メール ドキュメントを操作できる Xamarin iOS API

MSG、EML、EMLX、MHT などのメール形式の生成、読み込み、編集、変換処理を Xamarin フレームワークで開発された iOS アプリケーションで実現できます。

Aspose.Email for iOS via Xamarin

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、Xamarin フレームワークで開発された iOS アプリのための完全なメール API セットです。iOS アプリ内で容易にメール メッセージ (MSG、EML、EMLX、MHT などの Outlook ファイル形式) の作成、読み込み、操作が可能です。Xamarin iOS の開発者は、この API を使用することで、MSG 形式で保存可能な Outlook PST の読み込み、出力を簡単に行えます。

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、Personal Storage Files (PST) や Offline Storage Files (OST) の管理機能がメールの送受信機能とともに提供される強力なツールです。このメール メッセージ API により、Mapi プロパティにアクセスできるので、メールのコンテンツの変更、メッセージ オブジェクトの添付ファイルの操作 (追加、抽出、削除) などを完全にコントロールできます。


概略図

Aspose.Email for iOS via Xamarin の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、iOS アプリケーション開発向けの Xamarin プラットフォーム環境で使用できます。



サポートされるファイル形式

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、下記のファイル形式の処理をサポートします。また TIFF や XPS へのエクスポートも可能です。


  • 主要なメッセージ形式の処理
  • PST や OST などの Outlook ストレージ ファイルの管理
  • Thunderbird ストレージ ファイルの管理
  • メール ヘッダー (送信者、受信者、件名) や本文の指定
  • メール送信の SMTP クライアントの統合
  • POP3 および IMAP クライアントを使用したメール受信
  • Exchange Server (WebDav および EWS) との通信
  • カレンダー オブジェクトの操作

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、EML、MSG、MHTML などの主要なメッセージ形式の処理をサポートしています。この統合された API により、件名、送信者、受信者、本文、添付ファイルなどのメール メッセージのコンテンツの生成、読み込み、編集、更新を容易に行えます。加えて、サポートされるファイル形式間でのメッセージの変換やネストされた添付メール メッセージの読み込みもサポートされます。

  • Outlook PST ファイルをディスクから読み込み、そのフォルダーの全ての情報を取得
  • PST ファイル内のあらゆるフォルダーから件名、送信者、添付ファイルなどのすべてのメッセージ情報を取得
  • PST ファイルからメッセージを抽出し、MSG 形式でディクスに保存
  • PST ファイルから連絡先情報を読み込んで、MSG 形式でディスクに保存
  • OST ファイル形式の読み込み、操作をサポート

Aspose.Email の API により SMTP、POP3 および IMAP プロトコルを使用したメールの生成、送信、受信が可能になります。POP3 サーバーにユーザー名とパスワード、または APOP 認証によりログインし、メールボックスのサイズやメッセージ数の確認、メッセージのヘッダーまたは全体の受信、サーバーからのメッセージ削除、基本的な POP3 コマンドの使用などのメール処理が可能になります。

Aspose.Email for iOS via Xamarin は IMAP プロトコルの認証、フォルダーの生成、削除、選択、検索、メッセージの取得、削除、保存、メッセージのフラグの変更、その他の IMAP コマンドをサポートします。

Aspose.Email for iOS via Xamarin は、Microsoft Exchange Server からのメール アクセスをサポートします。受信箱、下書きなどのフォルダーのメッセージを一覧表示したり、メッセージのダウンロード、EML、MDG または MHT 形式での保存が可能です。メールや招待状は Exchange Server を使用して送信できます。WebDav や Exchange Web Services (Exchange Server 2007 またはそれ以降) は Exchange Server への接続に使用できます。また、Exchange Web Service (EWS) の ユニファイド メッセージングもサポートします。

Aspose.Email に含まれる iCalendar API により、Outlook Calendar オブジェクトを生成したり、MSG や ICS などのさまざまな形式で保存することができます。生成、保存だけでなく、メッセージ送信プロトコルを介して、会議出席依頼の送信、受信、更新、キャンセルも可能です。



ページトップへ