Aspose.Email for Java


Java でメールを処理できる Outlook と Thunderbird の API

外部のソフトウェアに依存することなく Outlook や Thunderbird のメールを生成、送信、解析。SMTP、POP3、IMAP プロトコル経由でメールを送受信。

Aspose.Email for Java

Aspose.Email for Java は、Java アプリケーションでの MSG、EML、MHT などのメッセージ形式の生成、操作、変換を可能にするメール処理 API です。Aspose.Email for Java の API により、メッセージのコンテンツ、ヘッダー、添付ファイルおよび Mapi プロパティの操作だけでなく、さまざまな一般的なプロトコルを介したメッセージの送受信機能も可能です。

Aspose.Email for Java は、Personal Storage Files (PST) や Offline Storage Files (OST) などのストレージ ファイルを管理できるので、アプリケーションの要件に応じて、メッセージの一覧出力、抽出、追加、削除なども可能です。


概略図

Aspose.Email for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Email for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Email for Java でサポートされるファイル形式です。


  • メッセージの生成、操作
  • メッセージ形式間の変換
  • メッセージ ヘッダーの詳細を抽出
  • 添付の抽出、操作
  • HTML 形式のメッセージの生成
  • 下書きモードでのメッセージの生成 (MSG 形式のみ)
  • 入れ子のメッセージの添付
  • 複数の受信者の取得
  • MAPI プロパティへのアクセス

Aspose.Email for Java では、サポートされるファイル形式を簡単に変換できるインターフェースが提供されます。必要なのは、Aspose.Email オブジェクトにソース ファイルを読み込み、保存するためのメソッドを呼び出すだけです。簡単そのものです。

Aspose.Email for Java の API により、メッセージの生成や出力、ファイルや画像の添付だけでなく、SMTP 経由でメールを送信することもできます。また、ユーザー名とパスワードを使用して POP3 サーバーにログインする機能も提供されます。Aspose.Email for Java の APOP 認証機能により、メッセージ全体またはヘッダーのみを取得したり、メールボックスやメッセージ数の表示、サーバーに残ったメッセージの削除などが可能です。また、IMAP プロトコルにより、認証、フォルダーの生成、選択、消去、参照、メッセージの取得や保存、メッセージ フラグの変更なども可能です。

            // SmtpClient オブジェクトの初期化
            SmtpClient client = new SmtpClient("smtp.gmail.com", 587, "username", "password");

            // サーバーのセキュリティ オプションの設定
            client.setSecurityOptions(SecurityOptions.Auto);

            // 新規メッセージの生成
            MailMessage msg = new MailMessage("senderid@gmail.com", "recieverid@gmail.com", "First Message from Java", "Body");
            System.out.println("Sending message..");

            // メッセージの送信
            client.send(msg);
          

Aspose.Email では、iCalendar API により Outlook Calendar オブジェクトを生成および保存できます。さまざまな形式で Calendar オブジェクトを抽出し、MSG または ICS ファイルで保存できるだけでなく、メッセージ送信プロトコルを通して、会議の送信、受信、更新、キャンセルも可能です。

Microsoft Outlook PST および OST ファイルをディスクやストリームから読み込んで、メッセージ アーカイブからフォルダーやサブ フォルダーの情報を取得、件名、送信者、宛先、などの特定情報の取得やメッセージのディスクまたはストリームへの保存などが可能です。

Aspose.Email for Java は、既存の PST を解析する以外にも、任意のフォルダーに PST ファイルを新規に生成することもできます。

            // PersonalStorage のインスタンスを生成
            PersonalStorage pst = PersonalStorage.create(dir + "archive.pst", 0);

            // PST のルートにフォルダーを生成
            pst.getRootFolder().addSubFolder("Inbox");

            // 新規フォルダーにメッセージを追加
            pst.getRootFolder().getSubFolder("Inbox").addMessage(MapiMessage.fromFile(dir + "template.msg"));
          

Aspose.Email for Java は、世界的に使用されている VCF や VCard といった連絡先カードの格納や交換などの操作ができます。Outlook だけでなく Thunderbird の VCard も Java アプリ内で処理できます。Aspose.Email for Java を使用して、VCard や VCF ファイルをメール内で送信したり、VCF をメッセージに添付したり、それらをメールから抽出したりできます。さらに、VCard (VCF) ファイルを交換することも可能です。Aspose.Email for Java により、連絡先カードを編集、生成、削除できます。連絡先カードを操作できる機能をアプリケーションに追加できます。

Aspose.Email for Java の API は、マネージ コードで設計されているのでメールを操作するために Microsoft Office や Microsoft Outlook を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft Outlook オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ