Aspose.Email for Java


メール ドキュメントを操作できる Java API

Microsoft Outlook をインストールすることなく MSG、EML、EMLX および MHT 形式などのメール形式を生成、操作、変換できるハイ パフォーマンスなアプリケーションを開発できます。

Aspose.Email for Java

Aspose.Email for Java は、Java アプリケーション内で MSG、EML および MHT 形式のメッセージの生成、操作および変換を可能にするメール処理 API セットです。

Aspose.Email for Java の API は、メッセージのコンテンツ、ヘッダー、添付ファイルおよび Mapi プロパティの操作だけでなく、さまざまな一般的なプロトコルを介したメッセージの送受信機能も提供されます。


概略図

Aspose.Email for Java の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Email for Java を使用できるプラットフォームです。


サポートされるファイル形式

Aspose.Email for Java は、一般的なメッセージおよびメッセージ格納ファイルをサポートします。


  • メッセージの生成、操作
  • メッセージ形式間の変換
  • メッセージ ヘッダーの詳細を抽出
  • 添付の抽出、操作
  • HTML 形式のメッセージの生成
  • 下書きモードでのメッセージの生成 (MSG 形式のみ)
  • 入れ子のメッセージの添付
  • 複数の受信者の取得
  • MAPI プロパティへのアクセス

Aspose.Email は、サポートされるファイル形式を簡単に変換できるインターフェースが提供されます。必要なのは、Aspose.Email オブジェクトにソース ファイルを読み込み、保存するためのメソッドを呼び出すだけです。簡単そのものです。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            MailMessage message;
            message = MailMessage.load(dir + "template.msg");

            // 異なる形式で保存
            message.save(dir + "output.eml", SaveOptions.getDefaultEml());
            message.save(dir + "output.html", SaveOptions.getDefaultHtml());
            message.save(dir + "output.mhtml", SaveOptions.getDefaultMhtml());
          

Aspose.Email for Java では、Outlook の格納ファイルを管理できます。PST および OST ファイルをディスクやストリームから読み込んで、メッセージ アーカイブからフォルダーやサブ フォルダーの情報を取得、件名、送信者、宛先、などの特定情報の取得やメッセージのディスクまたはストリームへの保存などが可能です。

Aspose.Email では、iCalendar API により Outlook Calendar オブジェクトを生成および保存できます。さまざまな形式で Calendar オブジェクトを抽出し、MSG または ICS ファイルで保存できるだけでなく、メッセージ送信プロトコルを通して、会議の送信、受信、更新、キャンセルも可能です。

Aspose.Email for Java により、メール サーバーに接続して SSL を介した POP3、IMAP および SMTP プロトコルを通してメールの送受信が可能です。

Aspose.Email for Java の API は、マネージ コードで設計されているのでメールを操作するために Microsoft Office や Microsoft Outlook を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft Outlook オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ