Aspose.Finance for Python via .NET


財務諸表ドキュメントを解析できる Python ライブラリ

財務処理管理、財務分析、財務諸表ソフトウェアで使用される XBRL や iXBRL 形式のファイル生成、読み込み、検証

Aspose.Finance for Python via .NET

Aspose.Finance for Python via .NET は、財務諸表形式のファイルを処理できる柔軟なライブラリです。Aspose.Finance for Python via .NET の API は、eXtensible Business Reporting Language (XBRL や iXBRL) 形式のファイルを容易に生成、読み込み、検証できるだけでなく、さまざまな形式の OFX リクエスト、レスポンス ファイルも生成できます。XBRL に対応したソフトウェアを簡単に開発したり、既存の電子財務報告書システム内で XBRL のレポートを生成できる機能を追加したりできます。Aspose.Finance for Python via .NET は、拡張性が高く使用も簡単で、他のソフトウェアから独立したスタンドアロンの API です。


主な機能


サポートされる環境


サポートされるファイル形式


  • XBRL インスタンスを一から生成
  • XBRL や iXBRL の読み込み
  • XBRL や iXBRL の書式の検証
  • XBRL から iXBRL への変換
  • XBRL から XLSX への変換
  • OFX リクエスト ファイルの生成
  • OFX レスポンス ファイルの生成

Aspose.Finance for Python via .NET は、XBRL 文書の生成をサポートしています。次のわずか数行のコードで新規の XBRL インスタンス文書を生成できます。

            xbrlDoc = XbrlDocument()
            xbrlInstances = xbrlDoc.xbrl_instances
            xbrlInstance = xbrlInstances[xbrlInstances.add()]
            schemaRefs = xbrlInstance.schema_refs
            schemaRefs.add(os.path.join(sourceDir, "schema.xsd"), "example", "http://example.com/xbrl/taxonomy")
            xbrlDoc.save(os.path.join(outputDir, "dochavingItem.xbrl"))
          

Inline eXtensible Business Reporting Language (iXBRL) インスタンス文書の読み込みもサポートされています。

            document = InlineXbrlDocument(iXbrlFilePath + @"account_first.html")

            inlineFacts = document.facts
            contexts = document.contexts
            units = document.units
          



ページトップへ