Aspose.GIS for .NET


GIS データ形式を操作する .NET API

ESRI Shapefile、GeoJSON、TopoJSON、Google Earth および ESRI Geodatabase ファイルを生成、読み込み、編集、変換

Aspose.GIS for .NET

Aspose.GIS for .NET により、ベクターベースの地理空間データ形式の地図情報へのアクセスや操作が可能になります。Aspose.GIS for .NET の API は、Shapefile、GeoJSON、FIleGDB、KML や OSM XML などの一般的な GIS ファイル形式の読み込み、書き出し、変換をサポートするだけでなく、サポートされるファイル形式の地図を SVG として出力することも可能です。さらに、地図の外観をカスタマイズしたり、特定のスタイルを適用することもできます。

Aspose.GIS for .NET は、容易性、パフォーマンス性、利便性、携帯性を考慮して設計されています。.NET Framework、.NET Core および Xamarin プラットフォームで利用できる API により、クロスプラットフォーム アプリケーションを容易にビルドできます。


概略図

Aspose.GIS for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.GIS for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.GIS for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • GIS ファイル形式間の変換
  • 既存の GIS ファイルの読み込み
  • Shapefile、GeoJSON および KML 形式によるデータ書き出し
  • ESRI ファイル Geodatabase FIleGDB の生成と書き出し
  • KML、GPX、GML および FIleGDB 形式の読み込み
  • 軽量かつスタンドアロンのコンポーネント
  • GeoJSON ファイルから Shapefile へ属性を調整して変換
  • GeoJSON から TopoJSON への変換
  • TopoJSON 間の機能の読み書き
  • ジオメトリの整合チェック
  • インターセクションやユニオンなどの空間データの関連をジオメトリ間で比較
  • ジオメトリ間の差分や対称差分の比較
  • ジオメトリ間のエリア、長さ、距離の検索
  • ジオメトリの重心、凸包の計算
  • 地図を SVG で描画

Aspose.GIS for .NET は、一般的なデータ形式の処理が可能で、GIS データのシンプルなオブジェクト モデルを提供します。出力形式に依存しない共通コードで、ファイル内のデータの読み込みや保存が可能です。

            using (var layer = VectorLayer.Open(dir + "myDataFile.shp", Drivers.Shapefile))
            {
              foreach (var feature in layer)
              {
                Console.WriteLine(feature.Geometry.AsText()); // WKT としてジオメトリを出力
                Console.WriteLine(feature.GetValue("CITY_NAME")); // 属性値を出力
                Console.WriteLine(feature.GetValue("UPDATE_DAT"));
              }
            }
          

Aspose.GIS for .NET では、数行のコードにより、サポートされる Geo 形式間の変換を可能にします。

            VectorLayer.Convert(dir + "example.shp", Drivers.Shapefile, dir + "output.json", Drivers.GeoJson);
          

必要に応じて、変換処理中に、データ属性スキーマの調整や特定のジオメトリを直接再投影することも可能です。

以下はサポートされる変換形式の例です。

  • Shapefile から KML へ
  • Shapefile から ファイル ジオデータベース
  • GeoJSON から Shapefile
  • KML からファイル ジオデータベース
  • KML から Shapefile
  • KML から GeoJSON
  • GPX からファイル ジオデータベース
  • GPX から GeoJSON
  • GPX から KML
  • GPX から TopoJSON
  • MapInfo Interchange から GeoJSON
  • MapInfo Interchange から Shapefile
  • MapInfo TAB から KML
  • OSM から Shapefile
  • GML から File Geodatabase
GIS ファイルからラスター画像形式への変換は、Aspose.Imaging 製品でサポートされます。

データは参照できなければ意味がありません。Aspose.GIS for .NET のライブラリは、GIS データをベクター画像やラスター画像に簡単かつ素早くエクスポートでき、複雑な可視化のシナリオに対応して豊富な記号情報を提供します。

            using (var map = new Map(800, 600))
            {
              var layer = VectorLayer.Open(dir + "map.json", Drivers.TopoJson);
              var style = new SimpleFill { FillColor = Color.Azure, StrokeWidth = 1.5 };
              map.Add(layer, style);
              map.Render(dir + "mymap.svg", Renderers.Svg);
            }
          

Aspose.GIS for .NET により、地理空間座標、ジオメトリ、レイヤーなどを他の座標システムに変換できます。地理空間情報や測地情報がサポートされます。

SRID による座標参照システムを参照したり、WKT からインポートしたり、コード内でカスタムのパラメーターを直接設定したりできます。

Aspose.GIS for .NET には、DE-9IM モデルをベースとした一連の "spatial predicate" が含まれており、オブジェクト間のトポロジの関係を評価できます。以下は例になります。

  • 2 つのオブジェクトがオーバーラップしているかどうかの判定
  • 一方のオブジェクトが他方のオブジェクトと交差しているかどうかの判定
  • ジオメトリ間の最短距離の検索
  • オブジェクトのジオメトリが自分自身と交差しているかどうかの確認
  • ジオメトリの範囲を算出

Aspose.GIS for .NET は、以下のジオメトリの処理が可能です。

  • ジオメトリ周囲のポリゴン余白を生成
  • ジオメトリの中心の検索
  • ジオメトリの凸包の検索
  • 境界の算出
  • カーブの線形化



ページトップへ