Aspose.GIS for .NET


GIS データ形式を操作する .NET API

ESRI Shapefile、GeoJSON、TopoJSON、Google Earth および ESRI Geodatabase ファイルを生成、読み込み、編集、変換

Aspose.GIS for .NET

Aspose.GIS for .NET により、ベクターベースの地理空間データ形式の地図情報へのアクセスや操作が可能になります。Aspose.GIS for .NET の API は、Shapefile、GeoJSON、FIleGDB、KML や OSM XML などの一般的な GIS ファイル形式の読み込み、書き出し、変換をサポートするだけでなく、サポートされるファイル形式の地図を SVG として出力することも可能です。さらに、地図の外観をカスタマイズしたり、特定のスタイルを適用することもできます。

Aspose.GIS for .NET は、容易性、パフォーマンス性、利便性、携帯性を考慮して設計されています。.NET Framework、.NET Core および Xamarin プラットフォームで利用できる API により、クロスプラットフォーム アプリケーションを容易にビルドできます。


概略図

Aspose.GIS for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.GIS for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.GIS for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • GIS ファイル形式間の変換
  • 既存の GIS ファイルの読み込み
  • Shapefile、GeoJSON および KML 形式によるデータ書き出し
  • ESRI ファイル Geodatabase FIleGDB の生成と書き出し
  • KML、GPX、GML および FIleGDB 形式の読み込み
  • 軽量かつスタンドアロンのコンポーネント
  • GeoJSON ファイルから Shapefile へ属性を調整して変換
  • GeoJSON から TopoJSON への変換
  • TopoJSON 間の機能の読み書き
  • ジオメトリの整合チェック
  • インターセクションやユニオンなどの空間データの関連をジオメトリ間で比較
  • ジオメトリ間の差分や対称差分の比較
  • ジオメトリ間のエリア、長さ、距離の検索
  • ジオメトリの重心、凸包の計算
  • 地図を SVG で描画

Aspose.GIS for .NET では、数行のコードにより、サポートされる Geo 形式間の変換を可能にします。そのため、ESRI シェープファイルから GeoJSON 形式、またはその逆の変換も可能です。

            // Shapefile の読み込みと変換
            VectorLayer.Convert(dir + "template.shp", Drivers.Shapefile, dir + "output.json", Drivers.GeoJson);
          

Aspose.GIS for .NET は、GIS ファイル形式を読み込んで操作、変換できるだけでなく、新規に GIS ファイルを生成することも可能です。.NET 開発者は、この API を使用して Point、MultiPoint、Line、MultiLine、Polygon などの基本的な幾何学図形を生成できるので、より複雑な機能の実装に利用できます。

Aspose.GIS for .NET は、サポートされる GIS ファイル形式の幾何学図形やフィーチャ属性を、それらの形式を意識することなく管理できます。ESRI シェープファイルや GeoJSON のフィーチャ属性の共通表現により、それらの形式ごとに異なるコードを管理する必要はありません。

Aspose.GIS for .NET は Spatial Reference System (SRS: 空間参照系) をサポートします。Well-known Text (WKT) から SRS を生成できるだけでなく、SRS を WKT にエクスポートすることも可能です。さらに、SRS 間の比較やアプリケーションで必要とされるカスタム パラメーターから SRS を生成することも可能です。



ページトップへ