Aspose.HTML for Java


HTML ファイルをオンザフライで操作できる Java API

CSS のスタイルを含む HTML ドキュメントの生成、読み込み、編集、PDF やラスター イメージでの出力が可能です。

Aspose.HTML for Java

Aspose.HTML for Java は、Java アプリケーション内でのさまざまな HTML 操作を可能にする高度な HTML 編集 API です。

Aspose.HTML for Java では、他のソフトウェアやツールを使用することなく HTML/XHTML ドキュメントの生成、読み込み、編集、変換が可能です。HTML の操作機能に加え、Aspose.HTML for Java には、高精度のレンダリング エンジンが提供されますので、固定レイアウトの PDF、XPS、さまざまなラスター イメージ形式などの出力も可能です。


概略図

Aspose.HTML for Java でサポートされる主な機能の概略図です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.HTML for Java は java 1.6 以降をサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.HTML for Java は、HTML と XHTML 形式をサポートします。ネイティブの HTML ファイル形式に加え、EPUB や MHTML ファイルを読み込むこともできます。


  • HTML ページの新規作成
  • 既存の HTML の読み込み
  • W3C HTML 標準規格の実装
  • 軽量かつスタンドアロンなコンポーネント
  • HTML ノードの追加、置換、削除
  • CSS スタイル情報の抽出
  • EPUB や MHTML ファイル形式の読み込み
  • HTML をラスター イメージ形式で出力
  • HTML から XPS や PDF への変換

Aspose.HTML for Java は、HTML ファイルの生成や読み込み、PDF や XPS 形式による出力が可能です。

異なるドキュメント形式による保存 (Java の場合)

            // 変換対象のファイルの読み込み
            HTMLDocument html = new HTMLDocument(dir + "template.html");

            // PDF と XPS 形式で保存
            HtmlRenderer renderer = new HtmlRenderer();
            renderer.render(new PdfDevice(new PdfRenderingOptions(), dir + "output.pdf"), html);
            renderer.render(new XpsDevice(new XpsRenderingOptions(), dir + "output.xps"), html);
          

変換処理はカスタマイズできますので、定形レイアウト形式において、出力するページ番号の指定、用紙サイズの変更、埋め込み画像の JPEG 圧縮方式などのページ設定が可能です。

Aspose.HTML for Java は、外部のソフトウェアやツールを使用することなく HTML ページから TIFF、BMP、PNG、JPEG などの一般的なラスター イメージへの変換をサポートする高精度なレンダリング エンジンが提供されています。

Aspose.HTML for Java は ePub や MHTML ファイルを読み込んで固定レイアウト形式やラスター イメージへ変換することができます。

Aspose.HTML for Java により、エレメント、ドキュメント、XPath、CSS セレクタ クエリによる HTML ドキュメントの検索、HTML ノードの挿入、削除、置換ができます。

Aspose.HTML for Java の API では、特定の HTML ノードの CSS スタイル情報の抽出や JavaScript による HTML DOM の操作が可能です。

Aspose.HTML for Java により、スクリーン サイズに依存した CSS スタイルなど、HTML の処理に影響を与えるドキュメントのサンドボックスを設定できます。

Aspose.HTML for Java では、実行マシンの環境に影響を受けない設定が可能です。



ページトップへ