Aspose.HTML for .NET


HTML を操作する .NET API

CSS スタイルを含む HTML ドキュメントの生成、読み込み、編集、PDF やラスター画像形式への変換

Aspose.HTML for .NET

Aspose.HTML for .NET は、.NET アプリケーション内で HTML ドキュメントを生成、操作する高度な HTML 操作を可能にする API です。HTML ノードの挿入、削除、置換、CSS スタイルの抽出、トラバース、XPath または CSS セレクター クエリーで提供される NodeIterator や TreeWalker により HTML ドキュメントの検索などが可能です。さらに独自のスクリプトにより JavaScript で HTML DOM を操作できます。

Aspose.HTML for .NET は、HTML ファイルを読み込んで PDF、XPS またはラスター画像形式で出力できます。また、Aspose.HTML for .NET の API は、ドキュメントを暗号化して、出力結果のページ設定を指定できる一方で、出力ファイルを PDF ファイルに変換したり、出力ドキュメント内の JPEG 画像の圧縮率を指定することも可能です。


概略図

Aspose.HTML for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.HTML for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.HTML for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • HTML ページの新規作成
  • ファイル、ストリーム、URL からの既存の HTML の読み込み
  • W3C HTML 標準規格の実装
  • テンプレート結合を使用して html テンプレートを実装
  • さまざまなデータ ソースでテンプレートにデータをセット
  • HTML Canvas 2D を PDF 形式で出力
  • HTML ノードの追加、置換、削除
  • CSS スタイル情報の抽出
  • EPUB や MHTML ファイル形式の読み込み
  • HTML をラスター画像形式で出力
  • 複数のドキュメントを一括で出力

Aspose.HTML for .NET は、HTML ファイルの生成や読み込み、PDF や XPS 形式による出力が可能です。変換処理はカスタマイズできますので、定形レイアウト形式において、出力するページ番号の指定、用紙サイズの変更、埋め込み画像の JPEG 圧縮方式などのページ設定が可能です。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            var html = new Aspose.Html.HTMLDocument(dir + "template.html");

            // PDF と XPS 形式で保存
            using (var renderer = new Aspose.Html.Rendering.HtmlRenderer())
            {
                renderer.Render(new Aspose.Html.Rendering.Pdf.PdfDevice(dir + "output.pdf"), html);
                renderer.Render(new Aspose.Html.Rendering.Xps.XpsDevice(dir + "output.xps"), html);
            }
          

Aspose.HTML for .NET は、外部のソフトウェアやツールを使用することなく HTML ページから TIFF、BMP、PNG、JPEG などの一般的なラスター画像への変換をサポートする高精度なレンダリング エンジンが提供されています。

Aspose.HTML for .NET は ePub や MHTML ファイルを読み込んで固定レイアウト形式やラスター画像へ変換することができます。

Aspose.HTML for .NET により、エレメント、ドキュメント、XPath、CSS セレクター クエリによる HTML ドキュメントの検索、HTML ノードの挿入、削除、置換ができます。

            // HTMLDocument のインスタンスを生成し、HTML を URL から読み込む
            using (var document = new Aspose.Html.HTMLDocument("https://www.aspose.com"))
            {
                // タイプ アンカーのすべてのノードを取得
                var nodelist = document.DocumentElement.QuerySelectorAll("a");

                // すべてのノードのアンカー テキストや href の値を表示
                foreach (Aspose.Html.HTMLAnchorElement node in nodelist)
                {
                    Console.WriteLine("Text: " + node.TextContent + " Href: " + node.Href);
                }
            }
          

Aspose.HTML for .NET により、スクリーン サイズに依存した CSS スタイルなど、HTML の処理に影響を与えるドキュメントのサンドボックスを設定できます。Aspose.HTML for .NET では、実行マシンの環境に影響を受けない設定が可能です。



ページトップへ