Aspose.Imaging for .NET


画像を操作できる .NET API

画像エディターを使用することなく画像を生成、操作、出力、変換できる .NET アプリケーションを開発できます。

Aspose.Imaging for .NET

Aspose.Imaging for .NET は、.NET アプリケーション内で画像の生成、編集、出力、変換を可能にする、高度な画像処理 API です。他のアプリケーションから独立して動作し、Adobe PhotoShop® やその他の画像エディターをインストールすることなく Adobe PhotoShop のネイティブ ファイル形式の画像を保存することができます。

Aspose.Imaging for .NET は、一般的に使用される画像形式だけでなく、DjVu、DICOM、WebP および DNG などの特別なファイル形式も処理できる柔軟性や安定性に優れた強力な API です。さらに .NET と Silverlight の画像形式と画像処理機能のネイティブ サポートを拡張できます。


概略図

Aspose.Imaging for .NET の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Imaging for .NET は .NET framework をサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.Imaging for .NET は、さまざまな画像ファイル形式をサポートします。


  • 新規に画像を生成
  • 既存の画像の読み込みと編集
  • 画像をさまざまな形式にエクスポート
  • 画像のクロップ、リサイズ、反転
  • 画像への透かしの追加
  • マルチ ページ TIFF 画像からフレームを抽出
  • ピクセルを操作して画像を出力
  • Graphics や GraphicsPath を使用して画像を出力
  • 線、曲線、四角形、その他の幾何学シェイプの描画
  • シェイプを単色、グラデーション、テクスチャで塗りつぶし
  • フォント オプションを指定したテキストの出力
  • 既存の画像データを読み込んで画像を出力

豊富な画像処理ルーチンに加え、Aspose.Imaging for .NET では画像変換のためのオールインワン ソリューションとして高度なアルゴリズムが提供されます。これらのアルゴリズムは特別なクラスに含まれているので容易に使用でき、高い信頼性とパフォーマンスにより PSD、WMF、EMF、DjVu、DICOM、DNG および WebP 形式のラスター画像に確実にエクスポートできます。

Aspose.Imaging for .NET のライブラリを使用することにより、まるでファイル拡張子を変更するようにシンプルに画像形式の変換を行えます。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            using (var image = Aspose.Imaging.Image.Load(dir + "template.jpg"))
            {
                // 異なる形式で保存
                image.Save(dir + "output.webp", new Aspose.Imaging.ImageOptions.WebPOptions());
                image.Save(dir + "output.psd ", new Aspose.Imaging.ImageOptions.PsdOptions());
                image.Save(dir + "output.tiff", new Aspose.Imaging.ImageOptions.TiffOptions(TiffExpectedFormat.Default));
            }
          

Aspose.Imaging for .NET では、主要な機能の他に高度な描画機能もサポートされます。ピクセル情報を操作したり Graphics や Paths などの高度な機能を使用して画像への描画が可能になります。

Aspose.Imaging for .NET の API により、線、曲線、四角形、その他の幾何学シェイプの描画、シェイプを単色、グラデーション、テクスチャで塗りつぶし、フォント オプションを指定したテキストの出力や、既存の画像データを読み込んで画像を出力するなど、さまざまな処理を簡単に行えます。

Aspose.Imaging for .NET は、データが欠損して破損した画像のリカバリ機能を含めた TIFF ファイル形式の拡張サポートを提供します。このデータ リカバリ機能により、不正なデータ レイアウトや破損したデータ ストライプを持つ TIFF ファイルを読み込むことが可能です。データ リカバリでは、破損したデータを他の色に置き換えるので、リカバリ後の画像はエラーを引き起こすことなく、それ以降の処理を行うことができるようになります。

            // LoadOptions のインスタンスを生成
            var loadOptions = new Aspose.Imaging.LoadOptions();

            // 破損箇所のリカバリ モードと色を設定
            loadOptions.DataRecoveryMode = Aspose.Imaging.DataRecoveryMode.ConsistentRecover;
            loadOptions.DataBackgroundColor = Aspose.Imaging.Color.Red;

            // 破損した TIFF の読み込み
            using (var image = Aspose.Imaging.Image.Load(dir + "template.tiff", loadOptions))
            {
                // 後続処理へ
            }
          



ページトップへ