Aspose.Note for Java


Java で OneNote ドキュメントを処理する API

Microsoft OneNote に依存することなく、OneNote ファイルの生成、読み込み、編集、変換

Aspose.Note for Java

Aspose.Note for Java は、Microsoft OneNote を使用することなく Java アプリケーション内で OneNote ドキュメントを直接操作できる機能が豊富な OneNote API です。Aspose.Note for Java により、Microsoft OneNote ファイル形式のコンテンツの生成、読み込み、操作、エクスポートが可能です。Aspose.Note for Java の API で添付、テキスト、ハイパーリンク、テーブル、タグ、テキストのスタイルなどを管理できます。

Aspose.Note for Java の API は簡単に使用でき、短い期間で強固なソリューションを少ないコーディングで生成できます。Aspose.Note for Java は、OneNote ファイルを操作できる外部のツールやソフトウェアが不要な、スタンドアロンのコンポーネントです。


概略図

Aspose.Note for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Note for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Note for Java でサポートされるファイル形式です。


  • PDF への変換時の画像へのハイパーリンクをサポート
  • OneNote ファイルを画像に変換
  • OneNote ドキュメントをストリームに保存
  • OneNote ドキュメントから添付ファイルを取得
  • ハイパーリンクを OneNote ドキュメントに追加
  • OneNote ドキュメントのテーブルからテキストを抽出
  • OneNote ドキュメントから画像を抽出
  • OneNote ドキュメントから Outlook のタスクの詳細を取得
  • OneNote ドキュメントのページのテキストを置換

Aspose.Note for Java を使用して、ONE ファイルを開き PDF や BMP、JPEG、PNG、GIF および TIFF などの一般的な画像形式へ正確にエクスポートできます。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Document onedct= new Document(dir + "template.one");

            // 異なる形式で保存
            onedct.save(dir + "output.pdf", SaveFormat.Pdf);
            onedct.save(dir + "output.jpg", SaveFormat.Jpeg);
            onedct.save(dir + "output.tiff", SaveFormat.Tiff);
          

Aspose.Note for Java は、OneNote ドキュメントを Java デスクトップ アプリケーションや Web アプリケーションで読み込むことができるので、ドキュメント、ページ、テキスト、イメージ、テーブル、添付、タグなど、さまざまなオブジェクトのデータへのアクセスが可能です。

Aspose.Note for Java では数行のコードにより、さまざまなオプションを指定して OneNote ドキュメントを印刷できます。デフォルト設定での印刷、特定のジョブ名やページ範囲の指定などを選択できます。

            String dataDir = Utils.getSharedDataDir(AlternativeText.class) + "load/";
            Document document = new Document(dataDir + "Aspose.one");
            document.print();
          



ページトップへ