Aspose.Note for Java


OneNote ドキュメントを操作

Aspose.Note for Java は、Microsoft OneNote をインストールすることなく OneNote ドキュメントを 生成、読み取り、編集、変換できる API です。

Aspose.Note for Java

Aspose.Note for Java は、Microsoft Office OneNote をサーバーにインストールすることなく、OneNote ドキュメントを Java アプリケーションでプログラム的に操作できる機能が豊富な OneNote 向けの API です。Aspose.Note for Java の API により、添付、テキスト、ハイパーリンク、テーブル、シール、テキスト スタイルなどを操作して、Microsoft OneNote ファイル形式のコンテンツの生成、読み込み、エクスポート、操作が可能になります。

Aspose.Note for Java では、Microsoft Office オートメーションを使用することなく Microsoft OneNote ファイルを操作するプログラムを作成できます。Aspose.Note for Java の API は扱いやすく時間を節約できるので、最小限のコーディングで強固なソリューションを生成できます。


概略図

Aspose.Note for Java の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Note for Java は、JDK 1.6 またはそれ以降をサポートします。JRE がインストールされた環境で動作するのでデスクトップや Web アプリケーションで使用できます。


サポートされるファイル形式

Aspose.Note for Java は、ONE、PNG、JPEG、BMP、TIFF、GIF および PDF をサポートします。


  • OneNote ドキュメントを PDF に変換
  • OneNote ファイルを画像に変換
  • OneNote ドキュメントをストリームに保存
  • OneNote ドキュメントから添付ファイルを取得
  • ハイパーリンクを OneNote ドキュメントに追加して PDF で出力
  • OneNote ドキュメントのテーブルからテキストを抽出
  • OneNote ドキュメントから画像を抽出
  • OneNote ドキュメントから Outlook のタスクの詳細を取得
  • OneNote ドキュメントのページからテキストを置換して PDF で保存

Aspose.Note for Java を使用して、ONE ファイルを開き PDF や BMP、JPEG、PNG、GIF および TIFF などの一般的な画像形式へ正確にエクスポートできます。

Aspose.Note for Java の API は、マネージ コードで設計されているので OneNote ファイル形式を操作するために Microsoft Office や Microsoft OneNote を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft OneNote オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ