Aspose.OCR for Java


画像の OCR を処理する Java API

Java アプリケーションに画像ベースの光学データ認識機能を追加

Aspose.OCR for Java

Aspose.OCR for Java は、Java アプリケーション向けのスタンドアロンで拡張性の高い OCR API です。Aspose.OCR for Java により、一般的なすべての画像形式について光学式文字認識処理が可能です。文字認識を管理できるシンプルな一連のクラスとして提供されます。製品 API をアプリケーションに組み込むことで、複数のフォントや言語の文字を画像、スキャンされた回転画像、全体または一部の画像に対して、画像を認識する前に異なるノイズ除去フィルターを適用して読み込むことができます。


概略図

Aspose.OCR for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.OCR for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.OCR for Java でサポートされるファイル形式です。


  • 画像から文字を読み取る
  • 一般的な画像ファイル形式のサポート
  • 多言語をサポート
  • 一般的なフォントのテキストの読み込み
  • 一般的なフォント スタイルをサポート
  • 画像の全体または一部のスキャン
  • 回転画像のスキャン
  • 画像認識前のノイズ除去フィルター
  • 複数のホワイト リストの指定

Aspose.OCR for Java では、四角形、フォント、スタイルなどを指定して、画像の特定位置のテキストを抽出できます。わずか数行のコードで、ピクセルで指定した画像範囲からテキストを容易に認識できます。

            // インスタンスの生成
            AsposeOCR api = new AsposeOCR();

            // テキストの範囲を指定する四角形を定義
            ArrayList rectArray = new ArrayList();

            rectArray.add(new Rectangle(138, 352, 2033, 537));
            rectArray.add(new Rectangle(147, 890, 2033, 1157));
            String result = api.RecognizePage("srcImage.png", rectArray);
            System.out.println("Result with rect: " + result);
          

Aspose.OCR for Java は、Times New Roman、Arial、Verdana、Courier New、Tahoma および Calibri フォントの標準、太字、斜体スタイルだけでなく、さまざまな言語の文字もサポートしています。

Aspose.OCR for C++ は、画像のスキュー角を計算できます。画像のパスを入力するとスキュー角が出力されます。

            // インスタンスの生成
            AsposeOCR api = new AsposeOCR();

            // スキューの取得
            double angle = api.CalcSkewImage("sourceImage.png");
            System.out.println("Skew text is:" + angle + " degrees.");
          



ページトップへ