Aspose.OCR for Java


画像を OCR、OMR 処理

Aspose.OCR for Java は、画像から文字を読み取り、スキャン画像から光学データを抽出できる Java API です。

Aspose.OCR for Java

Aspose.OCR for Java は、Java ベースのアプリケーションに OCR や OMR 機能を追加できる、光学式文字認識 API です。異なるフォントやスタイルのテキストを画像から抽出することができるので、OCR ソリューションを一から開発する時間と労力を節約できます。

Aspose.OCR for Java API は、OCR 処理で必要なものがすべて提供されるので、他のツールやアプリケーションを必要としません。


概略図

Aspose.OCR for Java の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.OCR for Java は、さまざまなプラットフォームで使用できます。


サポートされるファイル形式

Aspose.OCR for Java は、JPG、BMP、TIFF、GIF および PNG などの一般的なラスター画像形式をサポートします。


  • 画像から文字を読み取る
  • JPG、PNG、GIF、BMP および TIFF 画像ファイル形式の OCR と OMR をサポート
  • 英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語をサポート
  • Arial、Times New Roman、Courier New、Verdana、Tahoma および Calibri などの一般的なフォントの読み込みをサポート
  • 標準、太字、斜体などのフォント スタイルをサポート
  • 画像の全体または一部のスキャン
  • 回転画像のスキャン
  • 画像認識前のノイズ除去フィルターの適用
  • スキャン画像から光学式マーク要素の抽出
  • チェックボックス、選択ボックス、グリッド、バーコード、OCR などのさまざまな光学式マーク要素をサポート

Aspose.OCR for Java では、OMR 機能を利用して、スキャンしたフォームから光学式マーク要素を抽出できる、OMR 機能が提供されます。Aspose.OCR for Java の OMR クラスは、チェックボックス、選択ボックス、グリッド、バーコード、OCR 要素の認識をサポートします。

Aspose.OCR for Java を使用することで、テキストや関連するフォント、スタイル、テキストの位置などを画像の特定部分から抽出できます。この機能により、ドキュメントをスキャンする際の OCR 処理を迅速に行うことができます。

Aspose.OCR for Java は、Arial、Times New Roman、Courier New、Verdana、Tahoma および Calibri フォントの標準、太字、斜体スタイルをサポートしています。

Aspose.OCR for Java は、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語をサポートしています。他の言語についても今後のリリースでサポートしていく予定です。



ページトップへ